野村克也氏 天将星 ID野球は知恵の星から

 

野村克也氏 1935年6月29日生まれ


「天将星」が存在する宿命


最大のエネルギーを有する星であり、現実面での苦労によって開花する宿命です。


幼少期に父親を亡くし、生活は極貧だったとのこと。


こういった苦労が「天将星」にとって、自身の精神面の支えとなります。


更に「天将星」の持つ、諦めの悪さ・粘り強さが


長い現役生活を送ることに繋がったと見ます。




★ 実際の鑑定で「天将星」が存在する宿命の者が

子どもの頃に現実面での苦労が足りないまま大人になると

精神的な不安を抱えるといったケースが非常に多いです。

但し、幼少期において「天将星」を消化することになる事例があります。

この場合を除きます。

 

 



ID野球について


宿命から表れる星が、どの場所に表れるかによって


その星の発揮の仕方が違ってきます。


「知恵の星」が存在し、頭の位置に表れています。


頭は考える場所にあたるため「知恵の星」が頭の位置に表れることで


無理なく知恵を発揮しやすくなります。



ですから野村氏にとって「頭を使った野球」というのは

ごく自然な発想だったと思います。





星がぶつかり合っている宿命


星同士が激しくぶつかり合っている姿です。


この姿は、変化を恐れず壊して再生することを意味します。


チームの再構築や、選手再生という形で現われていました。





ノムさんのぼやき



こちらもやはり「知恵の星」から放たれる語彙力と


「天将星」の持つ強さやオーラが、言葉の端端に織り込まれていた感がありました。


老齢になってからも、眼光の鋭さは十分に伺えたかと。


これらも「天将星」の持つ特質です。






天国へと旅立った運気からは


2020年は息子克則さんの「天中殺」でした。


克則さんの「天中殺」を案じて、旅立たれたと解釈します。


(天中殺とは不安定な運気)


ご冥福をお祈りします。

野村監督のチクっとくるようなボヤキが好きでした…



★ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。



鑑定の御案内

龍メイnote

結婚における重要な事項

ココナラ占いサイト

 


個人鑑定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です