沢尻エリカ容疑者

沢尻エリカ容疑者 1986年4月8日生


星が激突している宿命


表れている星同士が互いにぶつかり合っている状態です。


ぶつかり合いの数としては、多い方です。


こういった宿命は、自ずと心の葛藤の激しさを抱えることになります。


心の葛藤をバネにして、仕事などで消化出来ればいいのですが


それが出来ないと、違う形で消化しようとします。


更に宿命からは、スリリングな行為に走る傾向アリと出ています。


そのことで自身のバランスを保とうとするのです。





仕事の星は「忌神の星」


今の状況を占う際に、全体的な運気の流れを見ます。


22歳から始まって10年間続く運気からは、「仕事を示す星」が回っています。


32歳から始まって10年間続く運気も「仕事を示す星」が回っています。

(2019年11月現在33歳)


10年間ごとに回ってくる運気を大運といいます。


「仕事の星」は「守護神」の反対の星→「忌神の星」となっています。


仕事での苦労が足りないと、「忌神」の作用は強く現われます。


つまり、運勢の大きなダメージです。




10年以上前から薬物を使用していた、とのことですが


おそらく22歳の大運に入る前後あたりからではないかと。


しかしながら、沢尻エリカ容疑者と同じ生年月日の者が皆


こういった運気が回ることで、似た状況になるのではありません。


この理由は、最後の項目に。





今の全体的な運気の流れから


全体的な運気の流れ=大運からは次のことが表れています。


大運で回っている星と「自分を示す星」が激しくぶつかり合っている状態。

(日干支の壬午と、大運で回る星の戊子は 天剋地冲の関係)


激しいぶつかり合い(天剋地冲)とは、最大の衝撃や破壊を意味します。




今年の運気の流れから~占術的な説明アリ~


今年の運気から見た人体図=人才人体図では


主星は調舒星 他は車騎星と牽牛星のみとなって表れています。

(車騎星と牽牛星が主星の周りを取り囲んでいる姿)


主星とは「自分を示す星」

車騎星と牽牛星は「仕事を示す星」「プライドを示す星」


このことが意味するのは


自分の周り全てを仕事に包囲される→仕事への意識が全く途切れることがない状態。


仕事の檻から自分が出るに出れない状況が作り出され


更に、高いプライドの壁が立ちはだかっている。


相当な力を以て自分自身のカラを打ち破るしかないのだか・・・



しかし、沢尻エリカ容疑者の宿命及び今の運気の状態からは


打破出来ないところにまで来ていました。


その理由は以下に。





「守護神の星」から見えてくる宿命としてのむつかしさ


宿命全体として見たときに、「守護神の星」が弱い宿命です。


守護神があって無いような状態となっています。


そこへ来て22歳から20年間「忌神の星」が回っています。


こういった宿命の者が、人々が憧れるような仕事に就き


華やかな階段を登り進めていくとき、無理が生じてきます。


本人の持つ宿命と運気の持つむつかしさが


自らシンデレラの階段を踏み外すことに・・・





月ごとの運気から


2019年11月は「守護神の星」が回っています。


「守護神」とは有り難い星です。


「守護神」が回ることで、本人がこれ以上ダメージを受けないよう


事が発覚することで、ドラッグから遠ざけます。




◆占術に関する質問は、コメントからはお受けしておりません◆


電話占いロバミミ http://roba3.com/expert/id159

宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

NPO法人 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN(キャピン) http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei




個人鑑定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です