多部未華子さん むつかしい運気での結婚(デビューは天中殺)


多部未華子さん 1989年1月25日生まれ


宿命からの特徴


落ち着いた雰囲気は、宿命からも表れている感があります。


この星は、愛情・経験・信用・積み重ね・財などという意味合いがあり


「魅力本能の星」といいます。


人の気持ちを自分に引き寄せる力が備わっている星です。


人気商売に適している星です。


宿命からは、3つの「魅力本能の星」が表れています。


このために宿命としては偏りを持つことになる→


本人の生き方や考え方も普通一般的でなくなる傾向があります。


(むしろその方が宿命は活かされます)



「魅力本能の星」は、現実性を示す星です。


(星には精神性を示す星と、現実性を示す星があります)


3つの「魅力本能の星」が存在することから


かなり現実的な思考が強くなることは避けられません。


先ほど申した「天中殺」デビューであることからは


現実的思考であることが、運勢の足を引っ張る可能性が非常に高いと見ます。


「自分を示す星」が大きく展開している姿となっています。


(貫地谷しほりさんの特徴と似ている宿命です。)


このことからは、自分自身も大きく伸びる可能性と


女優としての存在感へと繋がる可能性アリ、と捉えます。


更には、自分の実力以上の力を発揮出来る可能性も。

 

 

 




デビューした2002年は「天中殺」
(貫地谷しほりさんと同じ)


「天中殺」とは、不安定な運気ですから

このことも勘違いモードに拍車を掛けることになりやすいです。

(芸能人で特に活躍している人は「天中殺」が絡むことが本当に多い)

このことを自分の実力と思ってしまうと、運勢の下降が始まります。

例:仕事を選り好みする・待遇面にこだわるなど


鑑定の御案内



当時の「天中殺」から表れている星


「母親を示す星」が表れています。


母親の運勢がダメージを受けることで、自分の運勢が保たれると見ます。


「天中殺」で成果を出すことは、そのことと引き換えになるモノを求めてきます。






結婚について


宿命から表れている「パートナーを示す星」からは


男らしいハッキリした性格・仕事熱心


夫としての役割をキチンと果たしてくれる人と、表れています。


実際にこういったパートナーであることは


多部未華子さんの宿命からの姿であり


運勢にとってプラスになると見ます。




今年の運気から見た結婚は

結婚生活において、苦労を伴うことが表れています。

言い換えると、ちょっとした努力では結婚生活を支えられないこと

仕事と結婚の両立は、かなり厳しいと占います。

 

 

鑑定の御案内



結婚は、1日所属事務所を通じて、ファクスで発表したとのことですが

10月1日の暦は辛未→「天中殺の日」です。

(多部未華子さんは午未天中殺の宿命)


しかも「パートナーを示す星」が回っていますから、夫中殺の日です。


夫が中殺されるとは


夫と縁が薄くなること・自分から夫に頼れないことを意味します。


「天中殺」で事を興すと


「天中殺」の作用が後々までも付いて回ることや


自分からよろしくない運気を選んで結婚する、といったことになりやすいです




★ 星のこぼれ話 ★

自分の過去の行動を運気の流れと照らし合わせてみると


重要なメッセージが表れていることがあります。


自分では何気なく決めたこと


決めた年・月・日に、深い意味が隠れていることも・・・


ロバミミ電話占い

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス 

天中殺鑑定 

大運天中殺鑑定

 NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 

 

 


個人鑑定はこちら