リーチマイケル選手 戦いの裏に秘めた思い

リーチマイケル選手  1988年10月7日生


スポーツ選手という観点から、「車騎星」を見ていきます。


宿命からは二つの「車騎星」が表れています。


車騎星とは「攻撃本能の星」です。




スポーツにおいて車騎星は


考えるよりもまず行動・負けず嫌い・プライドが高い


強い使命感・チームに迷惑を掛けることを嫌う


といった質を発揮します。


しかし、リーチマイケル選手の場合は


ただ勝ちに向かって突き進むのではなく


常に「見られている」という意識も持ち合わせており


このことが相手への敬意・スマートな行動となって現れます。





9月22日放送 情熱大陸で、母国ニュージーランドへ帰省した際に


日本のユニフォームを着ていた姿は、正に彼の美意識であると同時に


ラグビー日本代表という意識が常に根底にあるスタイルと感じました。





更に別の星からは


人や物事に対して時間を掛ける・経験や努力を積み重ねていく


経験を活かす能力が高い・現実的な思考が強い


優しさ・人あたりの良さ・落ち着いた雰囲気


相手から信用を得やすい・サービス精神旺盛


といった質を持つことが表れています。





宿命からは、「名誉を示す星」が存在します。


こういった宿命の場合、実際に名誉を与えらえた時に


名誉を理解しやすいです。


自分がキャプテンであることに対し、深い理解が出来ると捉えます。


このことが、より重責を感じることに繋がってきます。






情熱大陸では、モンゴルの青年をスカウトしている場面がありましたが


ラグビーを次世代に継承したい


ラグビー通じて、自分の考えや感じていることを伝えたいという思い表れています。






宿命中殺が存在することについて


「宿命中殺」の作用からは、両親との縁が薄いことが表れています。


ニュージーランドから日本に留学したことによって


「宿命中殺」は活かされたと捉えます。






妻 知美さんの言葉から


「試合が近くなると離れて生活することになり


彼には、娘が会いたがっていることや、問題が起きても伝えない。


彼に負荷をかけないようにしている。」とコメントしていました。



このことは「算命学」が考える内助の功です。


イクメンが当たり前のように言われますが


「算命学」ではそのように考えません。


夫にベストな状態で仕事に臨んでもらいたいのならば


妻は、仕事に集中出来る環境を整えてあげることです。


(ウチは共働きだからそんなこと言っていられない、という場合は別)






日本国籍 取得は「天中殺」


 
「天中殺」で日本国籍を取得したことは


リーチマイケル選手が日本人として生きていこうという


深い思いがあったと捉えます。


そして、その陰の支えとなるのは


母親の存在であることが表れています。




ココナラ電話占い https://coconala.com/pservices/503254

ベイス  https://ryumeisanmei.thebase.in

宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

「大運天中殺」が回るかどうかを鑑定します https://coconala.com/services/729026

「天中殺」鑑定 https://coconala.com/services/700897

相性鑑定  https://coconala.com/services/500796

NPO法人 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN(キャピン) http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei





個人鑑定はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です