丸山穂高氏 名誉を示す星なし 天将星あり 天中殺で議員に


丸山穂高氏 1984年1月10日生


宿命からは「名誉を示す星」が存在しない


このことがよろしくないのではありません。


「名誉を示す星」が存在しない場合、実際に名誉や地位を得ると

自分の立場を理解出来ていない行動を取ることがあります。


宿命にない星を活かしていくことは、大変なことなのです。


「名誉を示す星」が存在しない宿命の者は

地位や名誉に対する理解を、自身でより深めることが必要となります。




「天将星」の宿命であること

「天将星」とは、字の通り将軍・トップ・リーダーを意味する星です。


星の持つエネルギーとしては、最大のエネルギーを有する星です。


「天将星」が存在することで、自分の思うように事を進めたい思いが強くなります。


今回の騒動で、丸山穂高氏は「私が辞めるわけにはいかない」とのこと。


その意思の強さや、執着心の強さという点からは

「天将星」の宿命から鑑みると、よく解かります。


「天将星」は、事態が大事になりやすい特徴があります。


「天将星」を持つことと、次に述べた「天中殺」の運気との絡みが

丸山穂高氏が起こした事態をより大きくさせているとも捉えます。




現職に就いたのは「天中殺」の運気

「算命学」では、仕事に就いた時の運気を重要視します。


「天中殺」とは、不安定な運気です。


「天中殺」で就いた仕事であることから

その仕事をさせてもらっているという謙虚な姿勢が求められます。


自分の実力でその仕事に就いたなどと調子に乗っていると、途端に足元を掬われます。




先月と今月は月運でも「天中殺」の運気

1年間のうち2か月間は、誰しも「天中殺」の月が回ってきます。


丸山穂高氏は、4月と5月が「天中殺」の月です。


今回の「天中殺」の月運からは、「仕事を示す星」が回っています。


「仕事を示す星」とは、「名誉を示す星」でもあります。


これは非常に分かりやすい例で

今の仕事に就いたのが「天中殺」であり、今回の騒動も「天中殺」の月であることは


「すんなり辞めた方がいい」と、運気の状態が示唆していると見ます。


辞めると言っても、辞め方が大事です。


現実を受け入れ、流れに逆らわない方が良い辞め方となります。


絶対辞めない・諦めないと言い、周りを固められしぶしぶ辞めることは

自分で自分の運勢を汚すことになると捉えます。


「天中殺」の運気で自分から手を挙げて始めるというのは

無欲でいないと、いづれ無理が生じてきます。


だからこそ「天中殺」は、むつかしいのです。


「天中殺」の運気が絡んでいることと「天将星」を持つことからは

本人が調子に乗ってしまうと、手が付けられない状態となります。





運を下げない生き方とは

運は上げることよりも、下げないことの方が大切


算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄



ベイス宿命鑑定  https://ryumeisanmei.thebase.in

ココナラ宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

「大運天中殺」が回るかどうかを鑑定します https://coconala.com/services/729026

電話鑑定  https://coconala.com/pservices/503254

NPO 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO 動物愛護を考える茨城県 CAPIN http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei





個人鑑定はこちら 宿命鑑定5000円~




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です