ゴーン容疑者 現在「天中殺」「天将星」

カルロス・ゴーン容疑者 1954年3月9日生

宿命からは、確かにコストキラーと言われるだけの星が表れています。

 

占術的な説明になりますが、「自分を示す星」と「自分を示す星とは正反対の星」が表れています。

 

このために、頭の中には赤という考え方と、これとは正反対の黒という考え方が同時に存在することになります。

 

つまり、常に自分の中に相反する考え方を持つ人であり、このことが改革・改善といったことを成し遂げる力になると捉えるからです。

 

正に、不安定な状況に強い宿命です。

 

 

宿命からは「財を示す星」が表れています。

 

更に、この星は「人生の目的の星」ともなっています。

 

お金儲けが人生の目的→そのように捉えていい宿命です。

 

 

「星の持つエネルギー」が非常に強い宿命です。

 

このエネルギーの強い星を「天将星」といいます。

 

トップや経営者に適していますが、ワンマン振りを発揮するととどまる所を知らないままに・・・

 

思い上がりが強くなってしまうと、周囲は全く手が付けられない状態になります。

 

正に「裸の王様」といった感じでしょうか。

 

また、何か事が起こった場合には、大掛かりなことになるという特徴があります。

 

とてもエネルギッシュな性格と言えば響きは良いですが、気の強さは天下一品であることからは、特に自分にとって都合のよろしくないことは、容易に口を割りません。

(余談ですが、自分のパートナーや気になる人が「天将星」を持っている場合、或る意味で注視された方がいいと思います。)

 

 

今年と来年の運気は「天中殺」です。

 

「天中殺」は不安定な運気ですから、運気は全く見方にならないどころか、これまで自分自身が行ってきたよろしくないことが、大暴露される運気と見ます。

 

「天中殺」での発覚というのは、問題の根が相当に深いことを意味します。

 

優秀な弁護士を雇うよりも、早々に潔く罪を認めることが、長い目で見た場合に自分の運勢にとってはプラスになると考えます。

 

ただ、今月は月の運気でも「天中殺」であり、「知恵の星」が回っています。

 

「知恵の星」が回り、この星が「天中殺」となることは、知恵に異常性が表れます。

 

このために、どうしたら罪を免れるかということに頭をフル回転させているのでは・・・

 

 

全体的な運気の流れについて。(2018年現在64歳)

 

今は59歳から始まって10年間続く運気にいます。

 

今から5年後の、次の69歳から始まる運気からは、人生の中で最も大きな転換期となっています。

 

これまでの人生とは、まるで違う人生になってもおかしくないと見ます。

 

次の69歳から始まる運気までに、今回の問題をキチンと解決しないと、非常に厳しくなると予想します。

 

ゴーン容疑者のこれまで手にしてきた報酬が多いのか、それとも世界のトップとしては普通なのか、様々な考え方があるとは思います。

 

ここまで企業として回復出来たその裏側にあるモノ→影となったリストラされた人たちから見れば、マイナスの念というのを無視出来ないと感じました。

 

「算命学」では、因縁という考え方があります。

 

つまりは、このマイナスの念が因縁です。

 

人からの因縁をなるべく受けない生き方というのも、自分の運勢を下げないことになります。

 

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN(キャピン) http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei

算命学・あなたの宿命からの姿を鑑定します 持って生まれた宿命を活かすことが、運勢をしっかりさせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です