清水良太郎被告と清水アキラさんの関係



良太郎被告が親中殺の宿命であること


良太郎被告の宿命からは、両親との縁が薄いことが表れています。


これを親中殺の宿命といいます。 


両親との縁が薄い宿命であることは、


自分の親が成功している道と同じ道を進むことに無理が出てきます。


両親との縁が薄い宿命の者は、自分から両親に頼る生き方はよろしくありません。


親と同じ道を進むことで、実際に上手くいったり成功しても、

長い目で見た場合に、自分自身の運勢にとってはマイナスとなるからです。


両親との縁が薄い宿命であることが、よろしくないのではなくて、

自分から両親に頼らずとも生きていかれる宿命であることを、活かすかどうかが重要となります。


このことが自分の運勢に影響してくると「算命学」では考えます。




清水アキラさんから見て良太郎被告が生まれた時の運気は「天中殺」


このことはアキラさんから見た場合に、良太郎被告との縁が薄いことを示しています。


アキラさんとしては、自分の子供であっても子供でないような育て方、


自分は自分・子どもは子どもといったように

セパレートして考えていくことが求められていました。


つまり自分にとって縁の薄い子供は、子供自身がしっかりと自立出来るよう、

親としては早い時期からそのように育てることが必要なのです。




アキラさん 53歳から始まって20年間続く運気は「大運天中殺」

(2017年11月現在・63歳)


「大運天中殺」も「天中殺」と同様に不安定な運気です。


「大運天中殺」の運気で起こるかもしれない運勢のマイナス面を

良太郎被告が身代わりとなってくれたところがあると「算命学」では考えます。


「大運天中殺」に起こった出来事は、良い意味でもそうでない意味でも、「枠」というモノがなくなります。


更にアキラさんの「大運天中殺」と状態からは、事が起こった場合に

より事態が大きくなる可能性が表れています。


また「大運天中殺」で受けたダメージという点から見ると、


やはりダメージの枠がなくなる→非常に強いダメージとなるおそれがあります。

今後もアキラさんは芸能界に身を置くならば

子どもには違う生き方をさせることです。

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

 

個人鑑定・お問い合わせ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です