立派な男性には魅力を感じない女性

 

立派な男性に惹かれるというのは、一般論。

立派でない男性、ダメな男性

ダメンズを好きになる女性。

“或る星の作用”から見て取れることです。

 

男性を見る目がない。

 

 

誰が見ても申し分ない男性を見て

「カッコつけてるだけじゃない」とか

いちゃもんばかり言い出す。

 

「あの人、いい人だから仲良くなったら?」

なんて、周りから勧められたりすると

余計に跳ね返したりする。

 

自分の思いと行動が一致しない。

 

 

他にもありますが

この辺りにしておきますか…

 

 

こういう命式を持つ女性と結婚する男性は

どのようになると思いますか?

 

続きは、今後のメンバーシップで。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

 

 

宮田笙子選手 “無い星”を活かさなければならなかった

 

宮田 笙子選手 2005年9月24日生まれ「寅卯天中殺」

 

スポーツ選手に向いているとされる星

車騎星・牽牛星が存在しません。

こちらは陽占→人体図から見ています。

 

更には、陰占からも表れません。

陰占から表れないことが

今回のテーマのポイント。

 

 

車騎星・牽牛星とは

「名誉を示す星」でもありますが

【自分の果たすべき役割】という意味合いもあります。

 

宮田選手としては

自分の置かれた立場への理解というのが

おそらく出来ていなかったと捉えます。

 

自分の宿命に“無い星”が示していることを

一般常識として知ることは出来ても

心で理解することは、極めてむつかしい。

 

 

今回の占術に当てはまる話は

特に、珍しいケースではありません。

過去の政治家や著名人で

車騎星・牽牛星が無いことで

大失態をした人たちがいます。

 

 

宮田選手のように

オリンピック出場を決め

更には、体操女子主将という名誉を与えられ

自分の宿命に“無い星”を活かさなければならない時

計り知れないプレッシャーに

絶えず襲われ続けると占います。

 

算命学的な言い方をすると

【宿命に無理が掛かった結果が招いたこと】

(宮田選手を擁護しているのではありません)

 

 

宿命に“無い星”を活かす生き方よりも

“有る星”を活かす生き方を勧めます。

ただ、本人がそれを望むかどうかは別ですが。

 

 

2022年の「天中殺」で、二つのメダル奪取。

当時の「天中殺」では

「カラダに関する星」が回っていたことから

身体能力に異常性を発揮する可能性アリと占います。

つまり、自分の身体能力を超えた結果を出せる可能性がある。

結果、このこともプレッシャーを増すことに加担したのですが。

 

「天中殺」で出した成果というのは

後になってから、非情な結末を引き寄せることがあります。

 

 

“無い星”で成功している人は、沢山います。

ただ成功した姿だけを見て、判断してほしくない

そういう思いからもここで発信をしています。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

しっかりした妻を求める男性

 

タイトルの命式を持つ男性は

年下の妻ですと

むつかしいところが出てくると占います。

 

「お互いが好きなら、年齢なんて関係ない」

と思う人もいるでしょうか?

 

算命学では

年上・年下・ひと回り以上の年齢差というのを

重要視します。

 

ここでのしっかりした妻とは

自分に的確なアドバイスくれる

自分のことを全面的にサポートしてくれる妻。

 

ですから、もしも妻から頼られることが多いと

この夫はストレスを感じると占います。

 

 

女性からのご依頼で婚約者の男性について。

「彼、何かと私に頼ってくることが多いですが

結婚したら変わりますよね?」という質問には

私:「結婚しても、子どもが生まれても

おそらく、今と変わらないと占います。」と答えます。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

 

 

 

江上敬子さん ご長男出産は「天中殺」

 

江上敬子さん 1984年9月17日生まれ「子丑天中殺」

 

2020年 庚子年 ご長男を出産。

「天中殺」でした。

 

今回取り上げたのは、ヤフーニュースを見て。

ニッチェ 江上敬子さん

3歳息子が『足が痛い』『歩けない』『立つことも出来ない』 診断結果明かす

 

結論から言うと

「天中殺」で生まれた子どもは

何かと問題を抱えることが多いと占います。

常に、イレギュラー状態。

 

子育てに苦労は付き物。

ちょっとしたことで体調を崩す。

休診日に限って熱を出す。

挙げたらきりがありません。

 

そういった子育ての苦労よりも

もっともっと、多くの苦労を強いられる。

これが「天中殺子」。

(「天中殺子」以外にもある)

 

 

今回、伝えたいのは

なぜ「天中殺」で、子どもが生まれたのか?

「天中殺」で、生むことになったのか?

 

 

江上さんの背景からは

ご長男を授かるにあたり

34歳で不妊治療を始めたとのこと。

その約2年後に妊娠。

 

これらの中に、既に

「天中殺」で子どもを生むことになった理由が存在します。

ブログなので明言は控えます。

知りたい方は御依頼にて承ります。

 

 

 

子ども自身が

親の「天中殺」を選んで生まれてくることの意味。

 

その背景を作り出している親。

では、なぜそういった背景が作り出されたのか?

 

背景や起こった出来事

これらはすべて繋がっています。

そして、長く繋がっていきます。

 

「自分は、そういう運命だった」

それで片付けてほしくないことがあります。

 

 

~江上さんの宿命から~

仕事と子育ての両立について

こちらの見方も、今後のメンバーシップに掲載します。

 

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

女命から表れる子どもの育ち

 

子どもの生育面に

問題の出る可能性が高い命式があります。

 

 

非常にザックリした言い方になりますが

「子どもを示す星」が

或る星の作用からのダメージを受けている場合。

 

宿命からの姿は、変えることが出来ませんが

或る星の作用を弱めることは可能、とされるケースもあります。

ただ、この選択はかなり大きな決断を強いられるかと存じます。

 

 

今回、当てはまる命式は

「宿命中殺」ではありません。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

ブログにすべてのことを記述しません。

これは、算命学の或る考え方からきており

私自身の〇〇を守るためでもあります。

 

今回の命式の解説は

今月のメンバーシップに掲載中。

女命から表れている子どもの生育面に関する見方(昨日の例題から)

 

親が反対する結婚相手は選ばない

 

結婚を決める際に

親の意見に従う人。

 

宿命からの姿が

親思いであるから。

 

 

更に、加えると

本人の結婚に対して

親が大いに関与してくる可能性大と占います。

 

 

言うまでもありませんが

こういう宿命を持つ相手との結婚は

相手の親と良好な関係を持たないと

持ち続けないと、厳しいですね。

 

自分のパートナーが

自分の親と仲良く出来ないことが解ると

即、離婚を考え始めると占います。

 

 

算命学は知ることで

予め回避出来ると考えます。

 

今回の占術解説はメンバーシップに。

 

ブログ更新はnoteにて発信。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

縁が深い相手と 自分が引き寄せる縁

 

相手と縁があるのかどうか

気になっている人。

 

自分の宿命と相手の宿命を見たとき

相手が自分にとって

縁が深い相手であることが

自分の宿命に表れていることがあります。

(三柱→年干支・月干支・日干支だけを見るのではない)

 

自分の宿命から見ると、相手と縁が深いと出ているが

相手の宿命からは出ていない、といったことも。

 

 

また、これとは別に

自分にとって縁があることが

自分の家族に表れていることがあります。

 

実例鑑定 再婚者・女性

女性の結婚相手男性と縁が深いことが

女性自身には表れていないが

女性の母親と

女性の子どもに表れていた。

つまりは、女性の母親と子どもが

「再婚相手の男性を引き寄せた」ところが強いと見ます。

 

 

縁というのは

自分と相手だけの繋がりではありません。

先の実例鑑定以外にもあります。

 

特に、結婚の縁というのは

自分が引き寄せているモノ

相手が引き寄せているモノ

これら以外の作用もあると算命学では考えます。

 

“これら以外の作用”というのが

実は、重要なところでして

自分の力では、到底及ばないとされる

“或る作用”です。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

結婚の縁に関する内容は、メンバーシップに掲載予定。

 

 

お隣さんのお孫さんは「天将星」

 

昨夏、お隣さんご夫婦のお嬢さんに

男の子が生まれました。

 

割と、話好きな感じの奥さんなので

表でお孫ちゃんを抱っこしていた時に

生年月日を尋ねました。(去年の話ですが)

 

 

2023年8月4日生まれ 男の子

娘さんご夫婦にとって、初めての子ども。

同時に、お隣さんにとっても初孫。

 

「天将星」のお子さん。

 

娘さんは、しょっちゅう実家に帰っており

実家は、とても居心地が良さそうです。

 

生まれてすぐの頃から

赤ちゃんの泣き声は、ほとんど聞こえてきません。

 

おじいちゃん・おばあちゃん

母親と母親の妹さん

多くの大人の手が掛かっていることが伺えます。

 

 

占術な話になりますが

男の子の十二親干法からは

母親の両親は、表れてきません。

 

 

つまり、お隣さんご夫婦(おじいちゃん・おばあちゃん)は、表れてこないけれど

男の子は、おじいちゃんとおばあちゃんとの接点が多い中で、過ごしている。

これって、どういうことなのでしょうか?

どういう捉え方をするのでしょうか?

ー場合によっては、このことが【本人の〇〇に影響を及ぼすおそれあり】

と占います。

 

 

ワンオペ・イクメンなどという言葉が聞かれる昨今ですが

算命学的には、「う~ん」といったところがあります。

 

 

母親としては、自分の親に

子育てを手伝ってもらえて有難いかもしれませんが

子ども自身の宿命からの姿から見て、どうなのか?

 

十二親干法の解説は、メンバーシップに掲載中。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

理解出来ていることと 知っていることの違い

 

今回のテーマは

今朝の連ドラ「寅に翼」のセリフ

『理解出来ていることと、知っていることは違う』

これを聞いて思いつきました。

 

 

自分の宿命から表れている星は、理解しやすい。

表れていない星は、理解しずらい。

 

理解しやすいから良いのではなく

また、理解しずらいからダメなのでもなく

表れていない星を理解するために、生きていく。

 

人が生きていく意味の一つでもあります。

 

 

また、表れていない星のことを

理解しやすい“タイミング”がある

つまり、理解出来るチャンスは

誰にも与えられています。

 

 

【理解と知るとの違い】

言葉での表記はシンプルですが

両者の違いは、とても深い。

 

 

例えば

自分は「家庭の星」が表れているが

相手は、それが表れていない。

 

この違いは

ふたりに課せられた苦労になると占います。

 

 

永遠のテーマでもある人間関係。

自分と相手との関係を客観的に知りたい人は

算命学に向いていると思います。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

算命学が考えるところの

【理解と知るの違いについて】

今後のメンバーシップに掲載予定

 

ブログ更新はnoteから発信

離婚のススメ

 

本題に入る前に、お伝えしたいことは

算命学では

基本的に離婚を勧めていませんが

 

それでも下記が当てはまる場合

離婚を考えた方が望ましいと占います。

 

・夫婦関係において、一定期間或る状態が続いている

 

・全うな結婚生活がしずらいとされる運気に結婚

(或る状態が保たれることで、離婚を避けられる可能性大)

 

・結婚を壊す作用のある運気に結婚

 

・夫婦の相性に問題アリ

 

・相手に対して、〇〇といった想いが持てなくなった

(〇は2文字ではない)

 

・その他に、命式を見ずとも相手の状態で判断出来ること

(相手側の家族に関する事柄もアリ)

 

 

結婚も離婚も

自分の運勢に大きな影響をもたらすモノ。

 

今回の解説・占術も

追ってnoteメンバーシップに掲載します。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ