離婚のススメ

 

本題に入る前に、お伝えしたいことは

算命学では

基本的に離婚を勧めていませんが

 

それでも下記が当てはまる場合

離婚を考えた方が望ましいと占います。

 

・夫婦関係において、一定期間或る状態が続いている

 

・全うな結婚生活がしずらいとされる運気に結婚

(或る状態が保たれることで、離婚を避けられる可能性大)

 

・結婚を壊す作用のある運気に結婚

 

・夫婦の相性に問題アリ

 

・相手に対して、〇〇といった想いが持てなくなった

(〇は2文字ではない)

 

・その他に、命式を見ずとも相手の状態で判断出来ること

(相手側の家族に関する事柄もアリ)

 

 

結婚も離婚も

自分の運勢に大きな影響をもたらすモノ。

 

今回の解説・占術も

追ってnoteメンバーシップに掲載します。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

「天中殺」の効用とも取れること

 

「天中殺」に対して

どんなイメージをお持ちでしょうか?

 

「出来れば回って来てほしくない。」

「早く過ぎてもらいたい。」

 

 

今回のテーマ

「天中殺」の効用というのを

実感出来るかもしれない例を挙げます。

 

その前に

「天中殺」の解説を少し。

 

一般的に「天中殺」というと

「年運天中殺」が当てはまりますが

今回のテーマでは「日運天中殺」で

試してもらいたい

気に掛けて過ごしてもらいたいです。

 

 

それは「日運天中殺」が回ってきた日に

【普段なら気にならないことが、気になる】

こういったことが起こりやすいと占うから。

 

 

具体例として、仕事であれば

「日運天中殺」になると

いつも以上に、細かくチェックしたくなる(する)。

このことで、普段は気付かなかった所に目が向き

その結果、これまでより良い成果が得られる。

 

家事であれば

普段は目が向かない場所を

掃除したくなる(する)。

早めに夕飯の支度に取りかかるなど…

 

ただ、両者には注意点もあって

やり過ぎないこと。

 

 

「天中殺」が回ることで

上記したような出来事が

効用として得られるのは

すべての者ではなく

“或る一定の条件をクリアしている者”と占います。

 

 

誰しも「天中殺」は

必ず回ってきます。

 

中には、嫌がるばかりの人もいるでしょう。

 

同じ時間を過ごすのであれば

少しでも気分良くありたいモノ。

 

 

「天中殺」に対する

正しい知識と捉え方が

“自分の或るモノ”に作用を及ぼすと占います。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

結婚の決め手

 

結婚する理由として

最も思い浮かぶのは

『相手のことが好きだから』でしょうか。

 

他には

『相手から強くアプローチされたから』

『親が決めた相手だから』

『子どもが出来たから』

『気づいていたら、なんとなく』などなど

 

宿命からの姿として

『自分のパートナーとして相応しい相手だから』

これが理由で結婚を決める者もいます。

 

 

例えば

夫が、自分のことをパートナーとして相応しい女性と

思ったから結婚したとします。

 

でも、結婚生活を続けていくうちに

夫は、妻に対して

「パートナーとしての役割を果たしていない」と感じ始めたとしたら?

夫の頭の中に“離婚”という文字が浮かぶのは

おそらく時間の問題と占います。

 

 

もし、この妻が

「夫は、自分のことを愛しているから結婚したはず」

ずっと、そう思っていたら?

 

この夫婦の溝が埋まることは、おそらく無いかと…

 

 

算命学は

結婚に対して求めるモノを

客観的に捉えることが出来ます。

 

 

その結婚の失敗が

場合によっては、自分の運勢を下げることに…

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

今回のテーマの占術は

追々、noteメンバーシップで掲載します。

 

運勢のダメージをリカバリー

 

運勢が下がった時

下がってしまった運勢を

自分だけの力でリカバリー出来ればいいのですが…

 

 

自分と家族との間でも

常に、運勢の引っ張り合いは起こっています。

 

運勢とは

家族みんなで仲良く平等には

分け合うことが出来ないモノ。

そこに、互いの運勢の摩擦が生じてきます。

 

 

目に見えない運勢ですが

自分自身とは、どうしたって切り離せない存在。

 

とうに過ぎてしまった過去の出来事から

長く、運勢のダメージを受け続けていることもあります。

 

 

話が逸れ掛かってきましたが

自分の運勢が下がった場合

どうすること・どうなることで

リカバリーが出来るのか。

 

よく見聞きする出来事を例に挙げ

今月のメンバーシップで掲載します。

 

ブログ更新のお知らせはnoteから

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

コンビニに行くにも着替える星

 

ちょっとそこまで、家から出る時も

部屋着のままでなく

ちゃんと着替えて出かける。

 

「自分がどう見られているか、気になるからでしょ?」

と思われた人へ。

確かに、そういう星もあります。

 

 

でも、今回のテーマに当てはまる星は

相手や周りから

自分がちゃんとした人に見られたい。

そういう思いが強い人。

 

 

特に、この星が

「自分の中心星」に表れると

落ち着いた雰囲気を備え

更に、相手から信用を得やすい言動に。

客商売に向いています。

 

但し、中心星として

或る程度、星を消化していればの話。

 

 

もし、この星を持つ者が

自分の身なりに気を使わなくなったとしたら?

〇〇がおかしくなっていると占います。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

 

6月noteメンバーシップ掲載中

第一回:夫の実家が妻の死に場所となっている・実践鑑定

 

 

 

 

 

 

子育てに失敗・今の時代背景から

 

結論から言うと

子どもへの過保護。

 

今の時代に増えてきているのは

・きょうだいが少ない

・一人っ子

・親が年齢をいってからの子ども

・不妊治療の後に生まれた

これらから何をイメージしますか?

 

 

例えば

親が若い頃の子どもと

親が歳をいってからの子どもの違いは

若くない親は、体力的により厳しいところが多々出てくるため

子どもの言うことを、ほぼほぼ聞き入れてしまう(その方が親はラク)

 

祖父母も、年齢がいってからの孫であるため

可愛がり方が異常になるおそれアリ。(孫が欲しかったなら尚更)

親自身の体力がもたないから、祖父母にも手伝ってもらうことで

より過保護に育てられることに。

 

 

不妊治療の後に生まれたことで

親となる嬉しさは、ひとしお。

更には、もし親が高齢であった場合

子育てはどうなりやすいのか。

超 過保護になったら?

 

 

話は逸れますが

以前、もし出産となれば高齢出産となる女性を鑑定。

私が「体力的に厳しくなるのでは?」と問うと

その女性は、躊躇なく

「アウトソーシングに任せます」

中には、普通にそういう感覚を持つ人もいるのです。

 

育てられた子どもにしてみたなら

正に、〇親としか言えないと…

 

 

SNSで発信されている

いい感じに見えるところだけを

そのまま受け取らないでほしい。

そういう思いもあって、ここに綴っています。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

今回のテーマとは反対に

【厳しい環境で育てられた子ども】

こちらについても後日掲載予定。

強く願わない方がいい運気

 

多くの人が

何かしらの願いを持っているでしょうか。

 

その願いは

願わくば…という思いや

揺るぎない強い願望であったり…

 

 

運気の流れの例を二つ挙げると

強気でいってもいい運気と

そうでない運気。

 

 

強く願わない方がいい運気に

実際、その願いが叶うことが意味するモノとは?

その先にあるモノは?

 

 

 

今回の詳細な見方も

noteメンバーシップに掲載中。

noteメンバーシップ 参加費用1か月3000円

掲載記事は当月のみ。

翌月以降はマガジンに掲載。4000円

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

きれいな水として生きるべき者

 

清流や湧き水。

飲めるようなきれいな水。

これが宿命からの姿となる者がいます。

 

こういった水に

土が混じると

きれいな水ではなくなります。

 

宿命によっては

土が多く存在することも…

 

これが意味するのは、苦労であり

生き辛さでもある。

 

 

女命で

きれいな水の宿命の者は

特に、土を嫌います。

 

この土は

女性が“或る状態”となることで

カンタンに存在してしまいます。

 

自分では

何気なく行っていたことが

みずからの手で運勢を下げていく。

 

 

 

算命学を習得して

自分の運勢を下げるのは

ほんの些細なことと、知りました。

 

 

ブログで全てのことを記述しないのは

算命学の学びを与えてくれた朱学院への

私なりのリスペクトでもあります。

 

今回の詳細な見方は

noteメンバーシップに掲載中。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

 

戦うことを恐れるな(男性の持つ宿命から)

 

相手と競い合うことが宿命からの姿。

競い合う状況に身を置くことで

本人の精神状態は安定する。

 

安穏とした環境にいるとしたら

精神状態は、不安定になると占います。

 

 

競い合うこと→負けず嫌いな性格を活かす生き方によって

本人の宿命は消化されていく。

 

 

もしも、こういった宿命を持つ者が

“正しい競い合い”をしなかったら

どうなると思いますか?

 

こちらの見方の占術解説

過去に世間を震撼させた実在人物の鑑定は

5月のメンバーシップに掲載予定。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

「算命学レッスン2」2024年4月掲載

 

自分に無いモノを持つ相手に惹かれるとは

 

ここでの

自分には無いモノを持つ相手とは

「自分の宿命から表れていない星」

を持つ相手のこと。

 

自分に無い星だからこそ

相手の言動にハッとしたり

ときめいたりする、とも言えます。

 

そういう相手とお付き合いしたら

どうなるでしょうか?

 

結論から言うと

大抵、苦労すると占います。

 

強いときめきは、最初の頃だけ。

 

時が過ぎていくと

相手を理解するのが大変とか

合わせるのが苦痛とか。

 

最初の頃の想いは、何処へやら。

 

しまいには

相手は、自分のことを解ってくれない

挙句の果てには

解ってくれない相手が悪いと…

 

自分に無い星。

無いモノを理解する大変さ。

 

算命学では

“自分に無い星”をどのように捉えるのか。

 

今回のブログ解説は

今月のメンバーシップに掲載中。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ