スティーブジョブズ氏は精神タイプの宿命だった 精神性を示す星・現実性を示す星 


星には、精神性を示す星と現実性を示す星があります。


精神性を示す星が多い宿命の者は

ざっくり言うと目に見えないモノに惹かれる傾向があります。

精神性を活かす生き方が適している宿命であり

見えないモノに心惹かれ、価値を見出していくことが宿命として自然な姿です。



現実性を示す星が多い宿命の者は

ざっくり言うと、目に見えるモノに惹かれる傾向があります。

現実性を活かす生き方が適している宿命であり

見えるモノを手にしようとすることが宿命として自然な姿です。




現実性を示す星を多く持つ方が良いとか、優れているということではありません。




例:精神性タイプの宿命が、精神性を活かすことに倹約する生き方は

仮に預金は出来ても、運勢は切り詰められると考えます。


例:現実性タイプの宿命が、精神性を活かすことばかりに重点を置く生き方は

長い目で見た場合に、運勢としては下がると見ます。




また、その年に回ってくる星によっても変化が起こります。


例:もともと現実性タイプの宿命の場合。

その年に回ってくる星が、自分にとって精神性を示す星であるならば

精神性タイプの宿命の生き方をすることが望ましいです。


更に、全体的な運気の流れ(大運といって10年間続く運気)によっても変化してきます。


回ってくる星がもたらす変化によって、より精神性を活かす方がいいのか。

それとも、少し現実性を活かす方にシフトチェンジした方がいいのか。




精神性タイプの宿命か 現実性タイプの宿命か、それを知ると同時に

今の自分の運気の流れを知ることが、運勢を下げないために必要な情報です。



全体的な運気の流れが不安定となっている→

特に「天中殺」や「大運天中殺」である場合は

シフトチェンジの操作ミスを起こす可能性が高くなります。


鑑定の御案内


最もよろしくないのは

宿命に合わない活かし方で結果を出すこと。出し続けていくことです。

このような場合、人生の途中で大きなストップが掛かることがあります。

むしろ早い時期にストップが掛かった方が

これ以上の運勢の下降を食い止められるのですが。

 



この世は現実であり、目で見えるモノで動いているところが大きい

という考え方もあると思います。


実際問題、お金で解決出来ることも多いかと。



しかしながら、お金で全てをコントロール出来ないのが

人の運勢です。

運勢とは、健康運・仕事運・財運・結婚運・子ども運です。



スティーブジョブズ氏の宿命からは

すべて精神性を示す星が表れています。

このことと56歳で他界されたことを切り離して考えることは

算命学では出来ません。

鑑定の御案内


今回のタイトルから逸れますが

ipad発売 2010年1月は「天中殺」の運気で、スティーブジョブズ氏にとって

健康運が回っていました。

自身の健康運と引き換えに、ipadは全世界に送り出されることになったと占います。



『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ



個人鑑定はこちら

     

     

     

     

    三木谷浩史氏 戌亥天中殺 大運天中殺で大成功


    三木谷浩史氏 1965年3月11日生 戌亥天中殺 


    1995年 11月 乙亥年 30歳

    「天中殺」クリムゾングループを設立(楽天の前身)

    (11月は月の運気でも天中殺)


    1997年から20年間「大運天中殺」→32歳の誕生日から52歳の誕生日まで 


    2019年 現在54歳


    2006年 丙戌年「天中殺」

         3月 楽天ブックス会長

         4月  株式会社クリムゾンフットボールクラブ代表取締役会長

         9月 楽天証券ホールディングス株式会社 会長





    「天中殺」「大運天中殺」で異常性が発揮された

    「天中殺」や「大運天中殺」とは不安定な運気です。

    しかし、自分自身の枠を超えて伸びることも可能な運気です。



    三木谷氏の場合


    時代のニーズに上手く乗ることで「大運天中殺」のミラクル的な力を得て


    20年間と長く続く「大運天中殺」で大成功を納めたと捉えます。





    三木谷氏の宿命から表れているビジネスについて


    他者と争う形でビジネスを展開させていくことが得意な宿命です。


    これを「争財」の宿命といいます。


    他者が所有しているモノに魅力を感じるところがあります。


    正に買収によって、その力を発揮出来る宿命です。




    宿命には「天将星」(最大のエネルギーを有する星)が存在することから


    粘り強く、しつこいくらいに自分自身が納得いくまで結果を出していくと思います。


    「天将星」を持つことで、自分自身をどこか偉いと感じるところが出てきます。


    これが高じると、強いワンマン振りを発揮することに。



    「自分を示す星」が他の星と合わり、別の星に変化しています。


    自分を変化させることが容易、と捉えます。


    このことが相手や状況の変化に素早く対応出来る能力として


    発揮することが可能な宿命です。


    同時にカリスマ性を発揮出来る宿命でもあります。


    但し、カリスマ性を発揮するためには相当の努力が必要になりますが。





    運気の流れからは、大きな変化時期を迎えている


    【大運天中殺で出した成果は、大運天中殺が終わったら元の状態に戻すべき】


    これは「算命学」の原則です。


    元の状態に戻っていない場合は、何らかの形で元の状態に戻ると予想します。


    しかしながら、既に「大運天中殺」は52歳で明けています。(2017年3月11日で52歳)


    ただ、2018年と2019年は「天中殺」であることから、「大運天中殺」は明けていても「天中殺」の持つ異常性が引き続き作用していると見ます。


    元の状態に戻るとは、「大運天中殺」で手にしたモノをお返しするということです。



    52歳から始まる大運からは、人生の大きな節目となることが表れています。

    (52歳から10年間続く運気をさします)


    この節目からは、これまでの人生と異なる生き方が求められるます。


    重要なのは、そのことを受け入れていくことです。


    言い換えると、これまでの人生と違う人生を歩むことを恐れるな。ということです。


    「大運天中殺」の終わりと同時に、この節目の運気を迎えることは

    かなり大きな変化時期と捉えます。


    変化させることが出来なかった場合、運勢は大きく失速すると見ます。

     

    来年2020年は三木谷氏にとって「守護神の星」が回ってきます。


    「守護神」が回ることで、本来の自分の宿命からの姿に戻す力が働きます。


    これ以上続けない方がいいことに対しては、強いストップが掛かります。


    見た目には順調に映っていても

    それが自分の宿命からの姿と同じとは限りません。


    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


    龍メイnote

    鑑定の御案内

    ロバミミ電話占い

    宿命鑑定 ベイス 

     

    個人鑑定はこちら