見えない繋がりが…

 

ここでの「見えない繋がり」とは

相手を認識していようが、していまいが

互いに、繋がりが生じていること。

 

「自分が認識していない相手なら、繋がっていないのでは?」

と思った人もいるでしょうか。

 

例えば

見知らぬ相手から、何かをされることも

自分と相手の見えない繋がりが、もたらすモノ

と算命学では考えます。

 

 

人と人の間には

見えない繋がりや

様々な繋がりがあって

すべてが、縁。

 

宿命の持つ作用が、その縁を

自分では見えていない繋がりを

引き寄せていることもあります。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

2023年10月掲載 真夜中の算命学

 

相手女性と縁がないと言われ、激高した男性・縁とは相手との接点(最近の事件から)

 

以前、登録していた占いサイトでの電話鑑定の話。

50代男性からの依頼。

3人の女性、それぞれとの相性を占ってほしいとのこと。

「相手女性とは、縁がない」と伝えると

その男性は、間髪入れずに激高し

一方的に通話を切りました。

 

縁があること

縁が深いことが、絶対にいいことだと

信じて疑わない典型例です。

更に、相手と縁があることが

結ばれる条件と思っているかもしれません。

 

 

縁があるからといって

二人の関係が上手くいくとか、結ばれるとは限らない。

こういったことを伝えたら

多分、ますますヒートアップするでしょうから

むしろ、先方から切ってもらってよかったのですが…

 

 

縁があることを良しとする風潮がありますが

相手と縁があることは

当たり前ですが、相手との接点が生じること。

時に、この接点が望まない結果をもたらすこともあり

更に、相手と縁を切りたくても、切れないという状況になることも。

 

 

縁や接点は、様々です。

最近起きた、二人の男子中学生の事件も

算命学では、互いの接点ととらえます。

 

 

接点を持ちたくない場合、まずはそこから離れること。

自分自身を守る手段は

自分の居る場所を変えることです。

 

ブログですべてのことを記述しないのは

算命学は独学での理解には難しい面があると思うことと

算命学の持つ「或る考え方」が存在するためです。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

 

note 夫が主夫・女が年上について

note 子どもがいる離婚再婚について

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

鑑定の御案内

宿命鑑定 ベイス

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

 

 

算命学の占術を教示します 算命学を習得したい方に教示いたします