得した気分で。。。

 

得した気分になったとします。

しかしながら算命学として見た場合

そうとは限らないシーンがあります。

 

このことが当てはまる場合

自分の持っている『運というコイン』を使っているに過ぎない。

そんなふうに捉えます。

 
コインは、使ったら減りますよね。

どんどん減ったらどうなるでしょうか?

 
実は

このコインを手にするのは、とても大変なことなのです。

手に入れるよりも、減らさないこと。

減らさない生き方を。。。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

 

休みが続くと体調不良に

 

休み中でも特にすることがない。

かえって時間を持て余してしまう人。

 

 

「星の持つエネルギー」が強い者ほど

「暇疲れ」といったように、コンディションが上がらない。

そういった傾向が強くなります。

 

 

~実例鑑定~

息子さんのことで、母親からの御依頼。

「うちの子は暇になると、機嫌が悪くなるんです。」

息子さんは「天将星」を持つ宿命でした。

私の近しい二人の人は、頭痛。

 

 

宿命からの姿と、行動のズレは

何かしらのサインを出すことが…

算命学の基本的な考え方です。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

個人鑑定はこちら 


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

     

     

     

     

     

    加藤ローサさん「なんで結婚するんだろう」

     

    加藤ローサさん 1985年6月22日生まれ「午未天中殺」

     

    ヤフーニュースから

    「なんで結婚するんだろう」幼少期からの疑問を抱えて

    「結婚したくなかった」とのこと。

     

     

    夫との縁が薄い宿命。

    それでも、結婚は出来ます。

     

     

    記事からは

    「彼が3回もプロポーズしてくれて。根負けしたというか

    もう、どれだけ踏ん張っても、逆らえない流れに巻き込まれているような気分でした。

    あれは不思議ですよ」

     

     

    この展開は、夫と縁が薄いローサさんにとってラッキーでした。

    相手から押されるまま、気が付いたら結婚していた…

     

     

    ~算命学クイズ~

    夫と縁が薄い宿命の女性が

    自分から相手に猛アタックしたら?

     

    答えはNG。

    ところが、鑑定でこのことを伝えても通じない場合が多いですね~

    (これには「或る共通した理由」があるのですが)

     

     

    ローサさんの仕事の再開については

    う~ん。。。といったところ。

    それは、【宿命から表れているむつかしさ】です。

    (今のローサさんの置かれた状況から鑑定しています)

     

     

    今ここでの仕事再開は、全体的な運気から鑑みた場合

    〇〇運にダメージが及ぶと占います。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

     

    離婚を考えた方がいい事柄と算命学が考える離婚について

    運勢を下げるのは或る意味でカンタン note 自分の運勢を下げない生き方とは

    龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

    note 占術編「幸運に恵まれると消えたくなる宿命の見方」

    note 占術編「両親に関することが自分の家庭運にダイレクトに作用する宿命の見方」

    スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

     

    鑑定の御案内

     

    個人鑑定はこちら


      ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

       

       

       

       

       

      情の深さが…

       

      「情の深さ」を占うことが出来ます。

      この宿命を持つ者は

      情に訴えられると、普段は冷静な判断が出来ていても

      途端に出来なくなることも…

       

       

      恋愛のシーンで相手から

      「あなたの気持ちは、自分では無理と決まっているのでしょうね…」と

      先に、相手からこのような言葉を投げかけられると

      妙にスイッチが入ってしまい、断れなくなってしまう…

      正に、情に流されている展開。

       

       

      人だけに限らず、自分よりも弱いと感じたモノに対しても

      心を揺り動かされ、こちらも常識を逸脱した選択をすることも…

       

       

      恋愛で「押してもダメなら引いてみな」とは、よく言ったもので

      押されるよりも、むしろいきなり引いてくるタイプに弱い。

      宿命から表れている星を見ると分かります。

       

       

      この宿命を持つ女性は

      最初から自信満々の男性には、たいして惹かれないことが多いです。

       

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

      ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

       

      離婚を考えた方がいい事柄と算命学が考える離婚について

      運勢を下げるのは或る意味でカンタン note 自分の運勢を下げない生き方とは

      龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

      note 占術編「幸運に恵まれると消えたくなる宿命の見方」

      note 占術編「両親に関することが自分の家庭運にダイレクトに作用する宿命の見方」

      スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

       

      鑑定の御案内

       

      個人鑑定はこちら


        ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

         

        小平奈緒選手引退

         

        ryuumei-sanmeigaku.com/2022/02/17/小平菜緒選手-高木美帆選手-共に天中殺が絡む/

         

        10月に引退とのこと。

        10月は月ごとの運気でも「天中殺」。

        最初に「天中殺」が絡むと、再び「天中殺」に。。。

        偶然に見えることが、そうでもなかったりする。

        【算命学あるある】です。

         

        『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』龍メイ

        ビジネスにも活かせる算命学・頭の良い星

         

        ~実例鑑定~

        こちらからの質問に対して、最初から全てを回答しない人がいます。

        鑑定結果を受けて

        結果が現状と合致していると判断してから、残りを伝える人。

        こういった傾向は、既に宿命→星から表れます。

         

         

        ビジネスにおいて

        この星を持っている相手と交渉する際は

        正に、知恵比べになるかと…

         

         

        この星を持つことで、頭がキレることは勿論ですが

        特徴の一つとして

        とんでもない知恵や考えが、突然頭に浮かぶ。

        発想が、かなり突飛です。

        しかも、無意識に浮かんでくるといった

        当の本人も、読めないところがあります。

         

         

        もしも、契約不履行となった場合

        こちらのアイデアだけを持ち帰られる、といったことも…

        算命学は予防占術です。

         

         

        『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

        ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

         

        離婚を考えた方がいい事柄と算命学が考える離婚について

        運勢を下げるのは或る意味でカンタン note 自分の運勢を下げない生き方とは

        龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

        note 占術編「幸運に恵まれると消えたくなる宿命の見方」

        note 占術編「両親に関することが自分の家庭運にダイレクトに作用する宿命の見方」

        スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

         

        鑑定の御案内

         

        個人鑑定はこちら


          ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

           

           

          ウクライナ ゼレンスキー大統領

           

          ゼレンスキー 大統領

          1978年1月25日生まれ「午未天中殺」

           

          宿命としては

          動乱や不安定な状況下において、その能力が発揮されます。

          このような宿命を、「安定を嫌う宿命」と言います。

           

          ゼレスキー氏が平和を望まない人、と言っているのではありません。

          一国のリーダーの持つ宿命は、その国の方向性を示す。

          算命学ではそのような捉え方をします。

           

          その宿命が、必要とされている場所・時代に活躍する。

          算命学の基本的な見方です。

           

           

           

          最大のエネルギーを持つ「天将星」が存在することと

          更には、融通の利かない思考を持つことからは

          自分の思いに叶わないことに対しては、物凄い粘り強さを見せる。

           

           

          上記した「安定を嫌う宿命」であることも

          ゼレンスキー氏としては

          先の発言通り、徹底抗戦を続けると占います。

           

           

          「戦いの星」が存在しますが

          ゼレンスキー氏にとって「戦いの星」は

          「守護神」の反対の星である「忌神」です。

          このことが意味するのは、戦いにおけるより多くの苦労です。

           

           

          更に、今年の運気からも「忌神」が回っています。

          しかし、同時に「戦いの星」も回っていることと

          これらの星の状態から

          自身としては、かなり深刻な状況に陥ったとしても

          負ける気がしない、という思いになると占います。

           

           

          今の全体的な運気の流れからは

          とても知恵が働くことが表れています。

          言うなれば、抜け目なく立ち回ることが出来ると占います。

           

           

          もともと、腹を見せないところを持つ宿命ですから

          結局のところ、何を考えているのか?

          周囲からすると、非常に読み取りずらいのではないかと…

           

           

          『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

          ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

           

          保護犬・保護猫のサイト ペットのおうち

          女が天将星を持つということ

          note 女が「天将星」を持つということ

          note「天将星」を持つ女性が妻になると…

           

          note 占術編「人体図にある星が消化されているかどうかが分かる運気とは」

          note 占術編「健康・寿命の星の見方」

          スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

           

          鑑定の御案内

           

          個人鑑定はこちら


            ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

            Toshiさん X JAPAN 宿命中殺 天将星 大運天中殺

             

            Toshiさん 1965年10月10日生まれ「辰巳天中殺」

             

            自分の中心となる星は、「魅力本能の星」。

            自身の魅力の発揮を得意とする星で

            人気を集めるアーティストに向くと占います。

             

             

            更に、音楽を算命学では「伝達本能」として捉え

            この星も持っています。

             

             

            「伝達本能の星」は「宿命中殺」の作用を受けています。

            伝達本能の星プラス「宿命中殺」で

            伝達に異常性が現れることがあると占います。

             

             

            このため伝達においては、類まれな能力の発揮→

            高い歌唱力や、優れたパフォーマンスに繋がることも。

             

             

            全体的な運気である、1歳からの10年間からは

            母親の影響をとても強く受けることが表れています。

            母親は、ピアノ講師とのことですので

            音楽の道を歩むきっかけは、母親の存在。

            きっかけのみならず、音楽そのもののベースは

            母親の影響抜きにして、語れないところがあると推測します。

             

             

            例えば、このような運気を持つ者が

            母親がいない・母親との接点が少ないといった場合は

            本人の宿命にとっては、マイナスと捉えます。

             

             

            両親と縁が薄い宿命ですから

            両親と同じ仕事を選ばなかったことは、宿命からの姿と合致します。

            (父親は公務員)

            母親と同じ音楽ですが、ジャンルが異なるため良しとします。

             

             

            最大のエネルギーを持つ「天将星」を持つ宿命です。

            歌声にも強いエネルギーを感じられます。

            それと放つオーラにも・・・

             

             

            「宿命中殺」の作用が、感情の昂ぶりや感性の鋭さにもなり

            他者からすると、非常に掴みどころのない人に見られることが…

            実際に、当の本人にしてみても

            自分という者をどう出すべきか、常に思い悩んでいると占います。

             

             

            そういう意味では、『星の消化』と考えた時に

            この星は、消化しずらい星でもあります。

             

             

            活動開始は1989年で「天中殺」。

            「天中殺」でも、成功はします。

            但し、条件付き→子ども運が犠牲になること。

            (他にもあります)

             

             

            現在は「大運天中殺」です。

            41歳から61歳の誕生日まで続きます。

            (2022年3月現在56歳)

            「大運天中殺」からは、「財の星」と「妻の星」が回っています。

            「大運天中殺」で起こった問題は、厄介であること。

            「大運天中殺」で、問題が起こることに或る意味がある。

            目を向けた方がいいと占います。

             

            近い時期では、今年4月と5月は「月運天中殺」。

             

            2024年と2025年は「天中殺」で、「大運天中殺」と重なります。

             

             

            『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

             

            自分の代から始めた方がいい宿命

             

            自分の代から始めることに適している宿命。

            自分の代で独立する。

            更には、誰も手を付けなかった分野に能力を発揮出来る

            といった特徴もあります。

             

             

            サラリーマンには不向きですが

            新たなプロジェクトであれば、向いています。

             

             

            ~実例鑑定~

            知り合いで、先代から続いてきた工務店を継いだ人が

            この宿命を持っており、親の後を継ぎましたが

            特に、スタイルを変えることはしませんでした。

            結局のところ、商売も土地も失ってしまいました。

             

             

            前回の「守護神が回っているのに壊れる なぜ?」

            「守護神」が回っている運気での倒産と

            「忌神」が回っている運気での倒産には、大きな違いがあります。

             

             

             

            『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

            ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

             

            保護犬・猫の活動をされている方のリンクをシェアします。

            サイトはこちら

             

            龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

            龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

             


            個人鑑定はこちら


              ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

               

               

               

               

              夏目雅子さん 宿命中殺 天将星アリ

               

              夏目雅子さん 1957年12月17日生まれ 子丑天中殺

              伊集院静香さん 1950年2月9日生まれ「申酉天中殺」

               

              夏目雅子さん

              「初旬」は「大運天中殺」

              全体的な運気の流れを「大運」といいます。

              ひとつの「大運」は、10年間続きます。

              一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といって

              「初旬」が「大運天中殺」である宿命です。

              (「大運天中殺」とは、不安定な運気を意味します)

               

               

              「初旬」は、子どもの頃に回ってくることから

              誰しも人生の中で、最も影響を受ける大運。

              「初旬」においては、本人の人生の基礎や土台が形成されます。

               

               

              夏目雅子さんは、「初旬」が「大運天中殺」であり

              この運気である小学3年の時、ドラマ「チャコちゃんハーイ」を見て

              女優を志すようになったとのこと。

              この運気で目指すモノが出来ることについて、全てを良しとしない

              場合によっては、むつかしさを抱えることになると占います。

               

              初旬が「大運天中殺」を持つ宿命(ごく一部・敬称略)

              横澤夏子・紗栄子・あいみょん・岡村隆史・堀ちえみ・ヒカキン・浅野忠信・澁野日向子・宮里藍・高見沢俊彦・高良健吾・前田敦子・神木隆之介・渡辺謙・瑛太・仲邑菫・大迫傑

               

               

              1981年・バセドウ病の手術

              伊集院静さんとの結婚は、1984年でしたが

              ウィキペディアでは、結婚前から伊集院さんと不倫関係であったとのこと。

               

              1981年は、伊集院さんの「天中殺」で

              当時の「天中殺」からは、「妻を示す星」が回っていました。

              このことが意味するのは

              妻のような存在である女性→夏目雅子さんが伊集院さんの「天中殺」の身代わりとなる可能性があること。

              相手の「天中殺」の持つ作用は、本人だけに差すとは限らない。

               

              自分に起こる出来事と、相手の持つ運気は無関係ではありません。

               

               

              1982年『鬼龍花子の生涯』の台詞で

              「なめたらいかんぜよ!」が、流行語になりましたが

              こういった迫力や目力が必要な台詞は、「天将星」の得意とするところです。

              (「天将星」とは、最大のエネルギーを持つ星)

               

               

              1984年・作家の伊集院静さんと結婚

              夏目雅子さんは「天中殺」で、健康運が回っていました。

              「天中殺」での結婚は、「天中殺」に見合う結婚であることが求められます。

              また、「天中殺」で結婚してしまう理由があります。

               

              「天中殺」で結婚をする理由と 「天中殺」で結婚した場合、どういう結婚生活を送ることが望ましいのか。

               

               

              1985年2月14日 急性骨髄性白血病と診断。

              84年と同じく「天中殺」でした。

              こちらも健康運が回っていたことから

              端的に言えば、危うさを伴うと占います。

               

              2月14日の日運は、伊集院さんの「天中殺」でした。

              こういったところにも、意味が隠れていると考えます。

               

              【お断わり】

              「天中殺」で、健康運が回ると

              夏目雅子さんのようになる、と言っているのではありません。

              他にも要因とされることがありますが、ブログでは控えます。

               

              「天中殺」で病気に罹ることが意味するモノとは

               

               

              「宿命中殺」が存在する宿命

              ウィキペディアからは

              約7か月の闘病生活を送ったが、順調に回復し、退院間近との報道もあった。

              そんな矢先、抗がん剤の副作用が原因と見られる肺炎を併発。

              高熱が続き、9月8日に熱が一時的に引き

              この時には本人も退院できるのではないかと言うほどに、回復傾向となったかと思われたが

              翌9日から再び高熱を発し、9月11日に死去。

               

              この文面に夏目雅子さんの持つ「宿命中殺」の作用と思われる個所があります。

              それは、容態が一時的には回復するが、急変すること。

              読めないところを持つのが、この「宿命中殺」の特徴の一つだからです。

               

              更に、27歳で他界。年齢がとても若いこともあって、病の進行が非常に早かった。とも書かれていました。

              こちらも、一般的に年齢が若いということにプラスして

              この「宿命中殺」の持つ異常性を加味して、算命学では捉えます。

               

              お亡くなりになった9月は、伊集院さんの「天中殺月」

              伊集院さんへの深い愛ですね。

               

              11日は、夏目雅子さんの「天中殺日」

              ご自身の、自分に対する強い悔やみが感じられます。

               

               

               

              「天将星」が存在することと「宿命中殺」

              自身の体調の変化は、病院を訪れるずっと前から感じていたと占います。

              「天将星」は、事が大きくならないと動かない、といった質もあることと

              この「宿命中殺」は、或る意味でカラダに耐性があるからです。

              これらのことが病の進行を進めてしまうとも言えるのですが。

               

               

               

              訳アリ男性に惹かれる宿命

              関係が始まった時、伊集院さんには妻がいたとのこと。

              このように「何か事情を抱えている男性」に惹かれると占います。

              自ら複雑な恋愛に身を委ねてしまう性。

              「天将星」と「宿命中殺」も加わることで

              より一層、自分から向かってしまうと占います。

               

               

              自分がどういう相手と、どういう運気に結婚するか。

              特に、これから結婚するであろう人へのメッセージになればと思います。

               

              既に、結婚している方にも

              今回のブログから感じたことが、もしもあったとしたら

              それはご自身にとって、「宿命にとって必要なサイン」かもしれません。

               

               

              夏目雅子さんの宿命からの姿と、実際の生き方のギャップが伺えます。

              もし、こういった宿命を持つ人が依頼に来られたら

              俳優になるのであれば、「或る条件」をお伝えします。

              これは俳優業に限らず言えることですが…

               

               

              女が「天将星」を持つということ

              「天将星」を持つ女性が妻になること

              再婚者同士の結婚において 望ましいこととは

               

              『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

              ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

               

              保護犬・猫の活動をされている方のリンクをシェアします。

              サイトはこちら

               

              龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

              龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

               


              個人鑑定はこちら


                ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)