水川あさみさん天将星 結婚運よろしくない

水川あさみさん 1983年7月24日生まれ


「天将星」が存在する宿命

「天将星」といって、最大のエネルギーを有する星が存在します。

夫である窪田正孝さんの宿命に、「天将星」は存在しません。

 

夫婦の相性としては、夫が「天将星」を持つ方が良しとします。

算命学では、「男を陽・女を陰」といった考え方があるからです。

 

このため夫の方が星の持つエネルギーが強く、妻の方が星の持つエネルギーが弱いことで

夫婦間の陰陽のバランスが取れます。

 

夫婦間で、どちらが陰の役割を持ち、どちらかが陽の役割を持つことを良しとするのです。

 

 

妻だけが「天将星」を持つことで、妻の方が陽となり、夫や陰となります。

このことが夫婦間の相性のむつかしさとなります。

 

ここをカバー出来るのは、互いの愛情しかありません。


妻が「天将星」を持つことで、主導権は妻が握る方が上手くいきます。

上手くいく秘訣を一つ挙げます。

 

夫が妻に対して、まともに向き合わないこと→適当にスルーすること。

最強のエネルギーを有する妻に、弱いエネルギーの夫が向かっていくのは大変だからです。

 

 

窪田正孝さんの星の持つエネルギーは、弱い宿命ですから

気の強さでは、到底水川あさみには敵わないと言えるでしょう。

 

このような夫婦関係が上手くいくコツの一つとして

妻に言いたいことを言わせておく・好きにさせておく。

(これ以外にも妻が「天将星」を持つ場合のコツなどがあります)

女が「天将星」を持つことについて 龍メイnote

 

そういう意味で「天将星」を持つ女性は、相手男性から深く愛されていないと

夫婦関係としては、かなりむつかしいところが出てくると占います。

 

 



たくさんの異性を示す星が


 男性を示す星は、全部で3つ。

数としては、多い方です。


星の状態からは、不安定さが表れているために

恋愛では、なかなか苦労されたのではないかと読み取れます。


宿命として見た場合、恋愛遍歴は多くない方が運勢としては望ましいです。


恋愛傾向としては

女らしさを前面に出すことは苦手

かなり気の強い面を出すと同時に、時に女の弱さを見せることに…

「この人のために尽くしたい」と思うと、どこまでも尽くす

(天将星を持つことから、とことん尽くすと占います)





結婚運がよろしくない宿命


結婚運が難があっても、結婚は出来ます。

要は、結婚生活を続けていかれるかどうか。


結婚運がよろしくないことは、自分だけの問題ではなくなります。

夫である窪田正孝さんもこの作用を受けることに…


結婚運が良い宿命との違いは

最初から乗り越えるべきハードルの数の違い。


結婚運がよろしくないことを如何に消化出来るか。


結婚運が良い人を羨ましく思っても、そこに解決策はありません。





次に始まる全体的な運気が大きな節目となっていること


次の全体的な運気=45歳から始まって10年間続きます。

(2020年6月現在36歳)


この運気からは、かなり大きな節目となっています。


これを「二度運」といいます。


まるで二度の人生を歩むような大きな変化が起こる可能性を示唆します。


例えば、仕事や結婚で大きな転換期になるといったことです。



窪田正孝さんの全体的な運気の流れからも、全く同様のことが表れています。


窪田正孝さんの場合は、42歳から始まって10年間続く運気に表れています。

(2020年6月現在31歳)


この二人の共通点が、大きな転換期を呼ぶのではないかと占います。



※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。



鑑定の御案内

結婚における重要な事項

ココナラ占いサイト

NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 


個人鑑定はこちら

窪田正孝さん 宿命中殺アリ


窪田正孝さん 1988年8月6日生まれ


「宿命中殺」が存在する宿命


「宿命中殺」とは、表れている星の持つ本来の質に異常性が加わることを意味します。


算命学が考える異常性とは、類いまれな才能を発揮することも含まれます。


「宿命中殺」が存在する場合、どの星に作用が表れているのかを見ることが重要です。

(尚、異常性以外にも「宿命中殺」が及ぼす作用あり)


窪田さんの「宿命中殺」は、「仕事を示す星」に表れています。


このことが意味するのは


仕事に異常性=特殊な能力の発揮が可能であること。

(但し、このような能力を発揮するためには、本人が宿命中殺であることを活かしてきているかがポイント)


役そのものが、特殊な能力や才能を発揮する人物を演じること。


言うなれば、非常に個性的な役の方が合っています。


この点で、今のNHKドラマ エールの古山裕一役は、打ってつけだと思います。





カリスマ性を持つ宿命

☆「自分を示す星」が他に表れている星と合致して変化し、全く別の星になっています。


このことがカリスマ性を発揮することに繋がると捉えます。


更に、デビューした当時 2006年の運気も合わせて見ると


☆で申した「自分を示す星」が一度変化した後、更にまた別の星に変化していることからは

より強いカリスマ性の発揮に繋がっていきます。





どこか、掴みどころのない雰囲気を持つ星


「自分を示す星」と同じ質を持つ星が、全部で4つ表れています。

(自分を示す星は「攻撃本能の星」で、陰陽も含めて4つ存在)


「自分を示す星」を、主星といいます。


自分の中心となる星であり、図(算命学人体図)で示すと中心に座します。


この主星と同じ「攻撃本能の星」が中心以外の他の場所、3か所に表れています。


このことが意味するのは

主星があちこちに点在すること、つまり他者から見た場合に掴みどころのない人。


相手や状況によって、主星を使った質を出すか

それとも他に座している主星以外の星の質を出すか

(主星と同じ質を持つ星だからこそ出来る)


しかしながら、宿命からの姿として最も望ましいのは、主星を発揮することです。





子どもとの縁が薄い宿命


これは「宿命中殺」の作用からきています。


子ども運が犠牲になることで、自分の運勢が保たれるところがあります。


実際に子どもが生まれないということではありませんが

生まれないことで子ども運が犠牲になるという捉え方をします。

(このこと以外にも子ども運が犠牲になる現象があります)

 




全体的な運気の流れから


今は31歳から始まって10年間続く運気にいます。

(2020年6月現在32歳)


安定を嫌う運気です。


不安定な状況下での方が、能力を発揮出来ること


自分の気持ちとしても、常に動きや波があると占います。


仕事でも結婚生活でも、常に不安定的要素があることで、むしろ心が満たされる

といった感じになります。


言い換えると

安定が続くと物足りなさや、自ら安定を壊すような衝動に駆られることも。


全体的な運気は10年間続き、この運気を「大運」といいます。


今の大運からは(31歳から始まって10年間続く)


「天将星」が回っています。


もともと宿命に「天将星」は存在しませんが、このように後から回ってくる運気で

「天将星」が回ります。(年ごとや月ごとの運気では、誰しも必ず回ってくる)


「天将星」とは、最大のエネルギーを有する星です。


特に、現実面における苦労を乗り越えていく力を備えています。

(実際に「天将星」を活かすかどうかは、本人によるところ)


妻である水川あさみさんは、もともと「天将星」を持っている宿命ですから


妻の持つ「天将星」に対応出来る運気にいると見ます。

(天将星を持たない宿命の者が、天将星を持つ宿命の者に対応するのは大変なこと)


窪田さんとしては「天将星」の女性に多少慣れているのでは?と思うところです


エール相手役 二階堂ふみさんも「天将星」を持つ宿命です。


自分の妻の持つ「天将星」が、他者の「天将星」を呼ぶ、といったことは珍しくありません。




次に始まる全体的な運気が大きな節目となっていること


次の全体的な運気=42歳から始まって10年間続きます。


この運気からは、かなり大きな節目となっています。


これを「二度運」といいます。


まるで二度の人生を歩むような大きな変化が起こる可能性を示唆します。


例えば、仕事や結婚で大きな転換期になるといったことです。





※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


鑑定の御案内


個人鑑定はこちら

相手の結婚運が自分にも作用するとは


その相手と結婚することで、相手の結婚運が自分に作用をもたらします。


自分の結婚運に難がなくても、相手の結婚運に難がある場合


結婚における苦労は、より多くなると占います。


自分の宿命として持っているモノが、相手にも作用することは


算命学の基本的な捉え方です。



更に、相手が結婚運としてよろしくないことを消化していない場合


未消化なモノが自分にスライドしてくることもあります。





結婚運の良し悪しについて


結婚運が良い宿命と、よろしくない宿命との違いは


結婚運がよろしくない宿命の者は、結婚運が良い宿命の者よりも

最初から越えるべきハードルが多い、ということです。


苦労は少ない方がいいと思われるかもしれませんが


宿命からの姿ですので、致し方ないところです。


切り立った崖に咲く花は

そこが咲くべき場所であり、おうちのプランターではない。

そのように捉えます。




実際の鑑定で、結婚運がよろしくないことを伝えると


ネガティブな感情を見せる人と、どこか腑に落ちる人に分かれます。


特に、「年運天中殺」や「大運天中殺」といった不安定な運気にいる者は

受け入れがたい反応を示されることが多いです。


占者としては、依頼者様の運勢を慮ると非常に残念なケースです。




今回のテーマである「相手の結婚運が作用すること」


相手に惚れてしまったら、結婚運に難があっても結婚するかもしれません。


この人、と決めるのは自分の想いだからです。


占術をもってしても、情や想いには敵いません。




結婚運の難に立ち向かう力が強いのは


・不安定に強い宿命の者


・エネルギーの強い宿命の者


・異常性を持つ宿命の者など


これらの宿命の者が、踏ん張りがきくと占います。


※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


鑑定の御案内

結婚における重要な事項

ココナラ占いサイト

NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 

 


個人鑑定はこちら

 

野村克也氏 天将星 ID野球は知恵の星から

 

野村克也氏 1935年6月29日生まれ


「天将星」が存在する宿命


最大のエネルギーを有する星であり、現実面での苦労によって開花する宿命です。


幼少期に父親を亡くし、生活は極貧だったとのこと。


こういった苦労が「天将星」にとって、自身の精神面の支えとなります。


更に「天将星」の持つ、諦めの悪さ・粘り強さが


長い現役生活を送ることに繋がったと見ます。




★ 実際の鑑定で「天将星」が存在する宿命の者が

子どもの頃に現実面での苦労が足りないまま大人になると

精神的な不安を抱えるといったケースが非常に多いです。

但し、幼少期において「天将星」を消化することになる事例があります。

この場合を除きます。

 

 



ID野球について


宿命から表れる星が、どの場所に表れるかによって


その星の発揮の仕方が違ってきます。


「知恵の星」が存在し、頭の位置に表れています。


頭は考える場所にあたるため「知恵の星」が頭の位置に表れることで


無理なく知恵を発揮しやすくなります。



ですから野村氏にとって「頭を使った野球」というのは

ごく自然な発想だったと思います。





星がぶつかり合っている宿命


星同士が激しくぶつかり合っている姿です。


この姿は、変化を恐れず壊して再生することを意味します。


チームの再構築や、選手再生という形で現われていました。





ノムさんのぼやき



こちらもやはり「知恵の星」から放たれる語彙力と


「天将星」の持つ強さやオーラが、言葉の端端に織り込まれていた感がありました。


老齢になってからも、眼光の鋭さは十分に伺えたかと。


これらも「天将星」の持つ特質です。






天国へと旅立った運気からは


2020年は息子克則さんの「天中殺」でした。


克則さんの「天中殺」を案じて、旅立たれたと解釈します。


(天中殺とは不安定な運気)


ご冥福をお祈りします。

野村監督のチクっとくるようなボヤキが好きでした…



★ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。



鑑定の御案内

龍メイnote

結婚における重要な事項

ココナラ占いサイト

 


個人鑑定はこちら

知恵の星・小保方春子さんの宿命から

 

星の種類の中の一つに「知恵の星」があります。


「知恵の星」は、宿命によって表れる者と表れない者がいます。


どちらが良い・よろしくないということではありません。


星の表れ方や状態によっては


本人の生き方にむつかしさを生じさせることもあります。




今回は「知恵の星」の表れ方として


小保方春子さんの宿命を取り上げます。1983年6月29日生まれ


宿命からは「知恵の星」が中心的な星となっています。

中心的な星とは、「自分を示す星」です。


このことからは、知恵を活かすことが得意な宿命と見ます。 



しかし、「知恵の星」が「宿命中殺」の作用を受けているため


異常性を発揮するといったことが起こり得ます。


「知恵の星」が異常性を発揮することで


良からぬ知恵も浮かんでくるという意味です。





更に

「知恵の星」が、他の星からダメージを与えられていることもあり

(ダメージとしては、かなり強い方)



小保方さんの場合、自分自身が目指してきたモノと


自分の宿命から表れている「知恵の星」が合わないことが


研究者ではいられなくなった要因と考えます。





宿命から「知恵の星」が表れることで

自ずと様々な考えが浮かびます。



このことが本人の置かれている状況によっては

知恵が邪魔になること・生き辛さになることもあるのです。





◆補足◆


小保方春子さんの生年月日が、ウィキペディアで1983年9月25日に変わっていることに気づきました。


今回は以前のウィキペディアからの1983年6月29日で鑑定しています。


生年月日が変わっていることについて私個人の考えですが


こちらも先に記述した「知恵の星」によって、意図的に行われたのではないかと。


更にこのことを裏付けるのは、彼女が「天将星」を持つことです。


「天将星」プラス「知恵の星」が宿命中殺であることによって


どんなに時間や労力を掛けても、遂行するといったエネルギーの強さと


抜群に知恵が働くからです。




彼女の中心的な星=自分を示す星は

その周りを同じ質の星に囲まれている状態です。


つまり、常に自分の周囲にパーティションがある姿。


このことが「自分本来の姿は見せたくない」

という意識も働くことになります。


「天将星」=最大のエネルギーの星を持つことで


頭をもたげてくるのが「自分は偉い」という意識です。


「天将星」は読んで字の通り、将軍やトップを示す星。


自分の生年月日で他者から色々と判断されたくない


という思いがあったのではないか。



話が逸れますが、福山雅治さんも「天将星」があり


自分の生まれた子どもの生年月日は非公開となっています。


「天将星」には少なからず、こういった意識が働くのです。

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。



運を下げない生き方とは
運は上げることよりも、下げないことの方が大切


個人鑑定はこちら

来年の運勢の見方について


来年の運気は2月節分から始まります。


来年は、自分にとってどういった星が回ってくるのか


その星と自分の宿命から表れている星との関係性


つまり、どういった状態になっているのか。


これらのことから、来年の運勢を見ていきます。





来年に回ってくる星とは


自分にとって「一年間の課題」です。


例:「知恵の星」が回ってくる者は


探求することや学習、物事をより深く考えることが課題となります。


人物では、母親・母親に代わるような人・目上・上司・先生


といった人たちとの縁が生じやすくなると見ます。

(宿命によっては、これらの人たち以外の人物も当てはまることも)

 




例:「パートナーを示す星」が回ってくる者は


出会いや結婚の可能性が高くなります。


ただ、「パートナーを示す星」と自分の宿命から表れている星


更に、全体的な運気の流れも見なくてはなりません。


「パートナーを示す星」が不安定な状態であると


手放しで喜べないことも…





毎年回ってくる「課題の星」を消化していくこと。


更に、自分の宿命を活かしていくこと。


このことが、健康運・仕事運・財運・結婚運にも作用します。


※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。



来年の運勢鑑定 個人鑑定にて 3000円

(2000文字程度・鑑定を受けられた後、一つの質問に回答します)



個人鑑定はこちら

子どもにとってのクリスマス☆彡


子どもの頃に子どもらしく過ごせたがどうかが


とても重要であると「算命学」では考えます。




クリスマスの思い出も、その一つです。


子どもは夢見るモノであり


サンタクロースを待って、いい子にしています。


プレゼントを開ける瞬間や


みんなでケーキやチキンを食べたり…


そういった楽しい記憶の残ることが、子どもの成長には大切。





子供らしく過せなかった場合


・家の事情で親の手伝いが多かった。


・子役として小さい頃から芸能活動をしていた。


このようなことは、大人になってからリバウンドのおそれあり。


子どもの頃に出来なかったことを大人になってから取り戻す→


子どもが欲しがるようなモノに強い執着心を見せるなど。


子どもの頃の基礎部分がしっかり構築されていないと


どこか、大人になりきれない大人に…

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。



鑑定の御案内

龍メイnote



個人鑑定はこちら

筒香嘉智選手「攻撃本能の星」が存在しない宿命


筒香嘉智選手 1991年11月26日生


精神性を示す星が占める宿命

人体図といって、どういった星が表れるのかを示す図からは


五か所あるうち4か所に、精神性を示す星が表れています。


現実性を示す星は、一か所のみです。




スポーツ選手で精神性を示す星が多い宿命の者が


成果を上げていくことは、並々ならぬ努力が必要です。


相当な精神力が、肉体面のパワーに繋がります。


「攻撃本能の星」が表れない代わりに


繊細さ・感受性の強さ・内面の葛藤を示す星が表れています。


自分の感性で野球をやっている人であり


野球における最大の原動力は、心の葛藤です。





全体的な運気の流れについて

10年間ごとに回ってくる運気を「大運」といいます。


17歳から始まって10年間続く運気


27歳から始まって10年間続く運気(現在28歳)

 

この20年間は「攻撃本能の星」が回っています。


「攻撃本能の星」は、スポーツに能力を発揮出来る星です。


特に、17歳から10年間続く「大運」で回る星は


「第一守護神の星」ですから、宿命にとって有り難い星であることと


全体的なバランスの良いことが表れています。




次に、27歳から10年間続く「大運」で回る星は


「守護神の星」ではありますが、星が変化しています。


(「守護神の星」は変化しない方が価値が高い)


比較すると、前回の大運の方が良い状態です。


宿命に「攻撃本能の星」が存在しなくても


後から回ってくる「大運」で「攻撃本能の星」が回ってくると


大きな力に出来ることがあります。

(全体的なバランスにもよるところアリ)





宿命に適した状況とは

宿命の中に二つの相反する星が存在するため


不安定な状況に身を置くことで、自分の安定性を保てると捉えます。


安定した状況では、宿命の持つ能力は発揮されない→


宿命の消化にはならない、ということです。




双子のお姉さんがいるとのこと。

自分ときょうだいとの関係性は、ほぼ正反対となっています。

(上記した二つの相反する星の存在が意味すること)


このために、自分の運勢ときょうだいの運勢が強く引っ張り合うことに。


どちらかの運勢が上がると、どちらかの運勢が下がります。

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

龍メイnote

鑑定の御案内

個人鑑定はこちら

インフルエンザと算命学


インフルエンザのような流行性疾患に罹った場合


家族の中で同じ「天中殺」の者がいる場合や 


自分に近い相手が同じ「天中殺」である場合は、要注意です。


理由は「天中殺」が同じ者は、連鎖反応を起こしやすいため


自分が罹ると、相手も罹る。


相手が罹ると、自分も罹る。


例:二人の子どもが同じ「天中殺」である場合や

親子で同じ「天中殺」である場合は


インフルエンザのシーズンは別々の寝室で寝るようにする。


そういった対処法で回避出来ることもあります。





同じ「天中殺」の者同士の運勢は


自分の運勢が上がると、つられて相方も上がる。


相方の運勢が上がると、つられて自分も上がる。


この反対も然りで 


自分の運勢が下がると、つられて相方の運勢も下がる。


相方の運勢が下がると、つられて自分も下がる。





「天中殺」が同じ者同士は、良い時は勢いが増しますが 


困った時は、互いが助けにならない組み合わせです。


早々に第三者の力を借りるという選択肢もアリかと。


事が大きくならないためにも…

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

宿命鑑定 ベイス 

天中殺鑑定 

龍メイnote

鑑定の御案内



個人鑑定はこちら