出会いについて

出会いとは、単に偶然でないと考えます。

相手との出会いを導くモノは

自分の持つ宿命からの作用と、相手の持つ宿命からの作用

(他にも作用があると考えます)

 

自分自身がどういった運気の時に

その相手と出会ったのかが、一つのポイントになります。

相手から見た場合も、同様です。

 

例えば

自分の「天中殺」(不安定な運気)の時に、出会ったとします。

この場合、自分から見た時に相手の人とは縁は薄いと捉えます。

縁が薄い相手であることを、消化することが求められます。

(こちらについては、後ほど)

 

一方で、相手は「天中殺」でない場合

相手から見た時に、自分との縁は薄くないです。

この自分と相手との違いが、お互いの関係に摩擦を起こすことになります。

 

自分にとって、縁が薄い相手というのは

相手との関係を構築させていくためには、相当の努力が強いられること。

自分の思いや考えが、相手に通じにくくなるためです。

このため、自分にとって相手があてにならない・頼りたくても頼れない

そういった状況になります。

 

それでも、相手との関係を保っていかなければならない状況であれば

その努力を怠ってはならない。

このことが、縁が薄い相手であることを消化すること。

算命学ではそのように考えます。

 

ここで付け加えたいのは

相手との関係を保つための努力 ですが、どういった努力なのか。

1・相手との関係性においては、自分から求めていかない、あてにしない

但し、相手から来た場合は普通に受けてOK

2・相手とは良い意味でセパレートした関係でいること

ライトなあっさりした関係でいること、など

 

自分にとって、その相手との出会いがどういう出会いであるのかは

深い意味を持つことがあります。

 

一般論としては、良い出会いであったとしても

自分の持つ宿命にとって望ましい出会いかどうか…

 

『出会いは大切』と言われることもありますが

算命学では、すべての出会いがこれに当てはまるとは考えません。

自分の持つ宿命を活かすことで、宿命に必要な出会いがもたらされる

算命学の基本的な考え方の一つです。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

龍メイnote 「子どものいない結婚について」

スタンドエフエム始めました #算命学を学びはじめたきっかけ

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

よろしければあなた様のサポートをお願いいたします OFUSE

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

個人鑑定はこちら

仕事の星について ②

前回の 「仕事の星」について①では

「仕事の星」が表れない宿命があると申しました。

 

宿命から表れない星であっても

後から回ってくる運気で、誰しも「仕事の星」が回ってきます。

 

・年ごとの運気で回る場合→10年間のうち2年間

・月ごとの運気で回る場合→10か月間のうち2か月間

・日ごとの運気で回る場合→10日間のうち2日間

 

生涯における全体的な運気から、10年間もしくは20年間

と長い期間において回ってくる宿命もあります。

(しかし、こちらは宿命によって回らない場合もあります)

 

自分の宿命から表れない星を理解するためには

後から回ってくる運気を利用することです。

 

例:月ごとの運気で「仕事の星」が回っているのであれば

その月は、仕事を頭や一般常識以外での理解が出来る

つまり、今の自分のキャパシティを越えた理解が出来る可能性を持つ運気、ということです。

 

そのためには、自分でも仕事に対する理解をより深めようという努力が必要です。

 

実際には、どういった努力の仕方がいいのか

どういったスタンスでいることが望ましいのかは

宿命からの姿と、その時の運気の状態からも鑑みる必要があります。

 

一つ言えるのは

もしも、「仕事の星」が回っている運気において

問題が多く起こるとか、モチベーションが下がることが多い等は

・自分の宿命と仕事が適していない

・仕事に対する意識が合っていない

・その仕事に就いた運気に問題がある

(他にもあります)

 

自分に回ってくる運気を活用することも

運勢をしっかりとさせることの一つであると考えます。

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 有料記事 運勢を下げない生き方とは

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

二人の相性を客観的に見る占い・算命学相性占い

子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

算命学相性占い


天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを

ロバミミ電話占い

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター


個人鑑定はこちら

 

星が流れる宿命・流れない宿命



星は五種類あります→木性・火性・土性・金性・水性です。

自分の宿命にどういった星が表れるのかによって

星に流れが出来る宿命 流れが出来ない宿命に分かれます。





星が流れる宿命は、物事に対する考え方に柔軟性が出てきます。


星が流れない宿命は、自分自身の意志が非常に強く、頑固さが出てきます。


柔軟性がなく、即決型です。

更に表れている星に偏りが生じるため、個性も強くなってきます。



流れる宿命の方が良いとか、流れない宿命がダメなのではなく

自分の宿命から表れている姿を活かすことです。

 

 

 


流れない宿命の者が

・結論を出すのに相当な時間が掛かる

・物事すべてに柔軟な対応が出来る(本人は大してストレスを感じない)

こういった場合は、自分の宿命の質を活かしていないと捉えます。


宿命からの姿と実像のミスマッチに違和感を覚えない者→

「宿命離脱症候群」の一つの現れと、私は呼んでいます。

仮に現実面で上手くいっていたとしても、運勢的にはマイナスです。


※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

鑑定の御案内



天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを

ロバミミ電話占い

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス 

天中殺鑑定 

大運天中殺鑑定


NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 


個人鑑定はこちら