子どもと縁が薄い宿命とは

 

子どもと縁が薄い宿命を持つ者がいます。

もともと子どもと縁が薄い宿命である者と

後から回ってくる運気の作用により、子どもと縁が薄くなる場合があります。

 

あてはまるケースを挙げます。

・「宿命中殺」というモノが存在する宿命で「子どもの星」に「宿命中殺」の作用が及ぶ者。

 

・「宿命中殺」の中でも、「生月中殺」という「宿命中殺」である者。

(宿命中殺には、いくつかの種類がある)

 

・入籍した当時の運気が「天中殺」もしくは「大運天中殺」であり、「子どもの星」に作用が及ぶ者。

(この見方は、単に子どもの星に作用するだけに限らない。複雑な見方あり)

 

・子どもが生まれた時の運気が「天中殺」及び「大運天中殺」である者

 

・今の仕事に就いた時の運気(起業も含め)が、「天中殺」であり、「子どもの星」に作用が及ぶ者。

 

・上記以外にも「子どもの星」に難が表れているなど。

 

子どもと縁が薄いことについて、次の2つを挙げてみました。

1・子どもと縁を繋げようと努力する生き方

2・子どもと縁が薄いことを受け入れていく生き方→縁が薄いことを消化していく生き方

 

子どもに対する思いは、人それぞれ。

算命学として言えるのは

子どもへの思いや子育てが、自分の宿命に見合うかどうか。

 

これまでに、子どもと縁が薄い親御さんを鑑定してきて思うのは

宿命からの姿とは、裏腹な子育てをなさっていること。

もっと早くに伝えられていたらと…

そういう思いからも、ここで発信をしています。

 

中野英雄さん 大運天中殺でブレイクするが 太賀さんとの関係性

濱口優さん 宿命中殺 子どもと縁が薄い宿命

野村萬斎さん 宿命中殺(生月中殺) 子どもとの関係

 

「生月中殺」の深い内容につきましては

ココナラやベイスではお伝え出来ないところがあります。(サイトの規約上)

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

暑さ対策に 梅エキス

アフェリエイトに興味ある方へ バリューコマース

 

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

アフェリエイトに興味ある方へバリューコマース

 

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    田村正和さん 宿命中殺 デビューは大運天中殺

     

    田村正和さん 1943年8月1日生まれ「午未天中殺」

     

    デビューは「大運天中殺

    1961年 18歳の時、松竹大船と専属契約。

    「大運天中殺」といって、不安定な運気でした。

    あと1年先であれば「大運天中殺」は明けていました。

    更に、この運気では「自分を示す星」が変化することで

    カリスマ性を発揮出来ると占います。

    俳優にとって、このことは強みになる→人気を押し上げます。

     

    フリーになったのは、1966年で「天中殺」こちらも不安定な運気でした。

    「天中殺」でフリーになることは

    先の「大運天中殺」で、デビューが少なからず関係していると占います。

     

    「大運天中殺」について

    全体的な運気の流れを「大運」といいます。

    「大運」は10年間続きます。

    一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。

    この「初旬」が「大運天中殺」といって不安定な運気でした。

     

    「初旬」とは、誰しも人生の中で最も影響を受ける大運です。

    「初旬」においては、人生の基礎や土台が形成されます。

    田村さんは、初旬が「大運天中殺」である宿命です。

     

    「初旬」に「大運天中殺」が回る宿命の者は

    多くを求めすぎると、望まない方向へ引っ張られる力がより強く働くと占います。

     

    特に、「初旬」に「大運天中殺」が回る宿命の者は

    人生全般において、求められる生き方・心の持ち方があります。

    デビューが「大運天中殺」であったから、人気を得たとも占います。

     

    初旬が「大運天中殺」となっていることで

    他にも押さえておくべき重要なことがあります。

     

    初旬が「大運天中殺」を持つ宿命(ごく一部)

    森尾由美さん・紗栄子さん・あいみょんさん・岡村隆史さん・堀ちえみさん・ヒカキンさん・浅野忠信さん・澁野日向子さん・宮里藍さん・高見沢俊彦さん・高良健吾さん・前田敦子さん・神木隆之介さん・渡辺謙さん・瑛太さん・仲邑菫さん

     

    偏りのある宿命であること

    同じ星が宿命全体の6割を占めています。

    割合としては、かなり多い方です。

    このことだけでも、普通一般的な生き方は向かないと占います。

     

    「宿命中殺」が存在する宿命

    「宿命中殺」とは

    表れている星がもともと不自然な状態を意味します。

    田村さんの持つ「宿命中殺」のタイプからは

    ・決まったワクに収まることを嫌う

    ・これまで当たり前とされてきた考え方や、技法を越えることが出来る

    ・自分が伝えたいという思いが、非常に強くなるため

    演技や役者としての生き方に強いこだわりを持つことになる

     

     

    大きな転職時期が表れていたこと

    全体的な運気の流れを「大運」といいます。

    田村さんの場合は、59歳から大きな転換期が表れていました。

    (59歳から始まって10年間続く運気)

    このように「大運」から大きな転換期が表れている宿命は

    これまでの人生とは、異なる生き方が求められます。

     

    西城秀樹さんも同様のことが表れていました。

    西城秀樹さん・その2

     

    既にお墓を購入していたこと

    生前に自身のお墓を購入していたとのこと。

    これを「寿陵」と言うそうですが

    このことは「宿命中殺」の作用によるところです。

    「宿命中殺」の中でも「寿命中殺」を持つことで

    自分の寿命や幕引きに対して、自身で形をつけておきたいという思いになるからです。

    おそらく、身辺整理なども以前からされていたのではないかと占います。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


    運勢が下降してくると「天中殺」に呼ばれることも… 自分の運勢を下げない生き方とは

     算命学が考える子どもがいない結婚について

    スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

     

    鑑定の御案内

    ココナラ宿命鑑定

    宿命鑑定 ベイス

    天中殺鑑定

    大運天中殺鑑定

     

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

    ツイッター

     

    このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


    個人鑑定はこちら

      藤井フミヤさん 宿命中殺 来年から天中殺

       

      藤井フミヤさん 1962年7月11日生まれ「寅卯天中殺」

       

      NHK びいコンを観ていました。

      高校卒業後、日本国有鉄道門司鉄道管理局(現:九州旅客鉄道)に就職。

      父親は鳥栖駅長などを歴任した国鉄職員。

       

      「宿命中殺」が存在する宿命です。

      (宿命中殺は、いくつか種類があります)

      藤井フミヤさんは「親中殺」であることから

      父親が絡む就職は、むつかしいところが出てくると占います。

       

      「親中殺」を持つ宿命の者が

      両親との関係に全く違和感を感じない場合

      本人の宿命の未消化と捉えます。

       

      来年と再来年が「天中殺」です。

      (寅卯天中殺 2022年2月節分から2年間)

      まだ先、と思われる方もいるかもしれませんが

      来年が「天中殺」であると

      既に、このくらいの時期から話題に乗ることが多くなります。

       

      今回の「天中殺」では、「未来を示す星」が回ってきます。

      算命学が考える未来とは

      将来のこと・自分の伝えたいこと・カラダ・健康・寿命・子ども

      といった意味合いがあります。

      これらが「天中殺」の作用を受けることで、異常性をきたすことがあります。

       

      ここでの異常性とは

      歌手としての再ブレイクの可能性アリ(天中殺の期間限定)

      カラダ・健康面の異常です。

       

      いづれにしても、次回の「天中殺」において

      これまで自分がアーティストとして生きてきたことの答えや

      大きな気づきが、もたらされると占います。

       

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

      ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

       

      スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

      龍メイnote 遺産相続について

      鑑定の御案内

      算命学お悩み相談

       

      NPO法人 犬と猫のためのライフボート

      NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

      ツイッター

       

      このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

      保護猫活動をしています。 OFUSE


      個人鑑定はこちら

        上田桃子選手 攻撃本能の星 宿命異常 宿命中殺

        上田桃子選手 1986年6月15日生まれ

         

        偏りのある宿命

        「攻撃本能の星」とは、競い合うこと・自分の果たすべき役割を果たすなど

        といった意味合いがあります。

         

        スポーツ選手が「攻撃本能の星」を持つことは有利です。

        (星の表れ方や、状態にもよるところがあります)

         

        「攻撃本能の星」が3つ存在します。

         

        宿命全体の6割を占めていることから、偏りのある宿命です。

         

        このため、普通一般的な仕事では消化がむつかしくなります。

         

        更に、女性であることも、この星の消化を困難にさせます。

         

        理由は、この星が男性的な質を持つ星だからです。

         

        スポーツ選手における「攻撃本能の星」というのは

        女性らしさの追求を求めていません。

         

         

        宿命異常を持つ宿命

        「宿命異常」の宿命は、特殊な能力を発揮出来る可能性を持ちます。

        しかしながら「宿命異常」を持つ宿命の者すべてが

        特殊な能力を発揮出来るわけではありません。

        本人の生き方・本人を取り巻く環境・両親の宿命なども影響します。

        「宿命異常」を持ちながら、普通一般的な生き方であることや

        置かれた環境が「宿命異常」と合致していない場合は

        特殊な能力が発揮されることは、まずないと思います。

         

         

        「宿命中殺」が存在する宿命

        或る種類の「宿命中殺」が存在します。

         

        ウィキペディアからは

        【姉が生まれながらに障害を持ち、両親の苦労を目の当たりにしていたため

        稼げるスポーツとして、ゴルフを選択せざるを得なかったという事情もあるという】

         

        このことと上田桃子選手が持つ「宿命中殺」は、無関係でないと捉えます。

         

        言い換えると、自分の持つ「宿命中殺」を活かすきっかけとなったのが姉の存在。

         

        特に上田桃子選手の種類の「宿命中殺」というのは

        特殊な事情を抱える家庭に生まれてくる傾向があります。

        (このことが良い・よろしくないの問題ではない)

         

         

        いかに欲をコントロール出来るか・・・

        このことは、上記の「宿命中殺」に求められる生き方です。

        勝負の世界に身を置いていても、勝ち負けよりも

        まずは、淡々と目の前のことに取り組むこと。

         

        勝利を掴みにいくのではなく

        勝負の女神に好かれるプレーをすること。

        そういったスタンスが自分を導いてくれると…

        それが上田桃子選手の宿命からの姿となっています。

         

        『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

         

        ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


        龍メイnote

        鑑定の御案内

        算命学お悩み相談

         

        ロバミミ電話占い

        ココナラ電話占い

        ココナラ宿命鑑定

        宿命鑑定 ベイス

        天中殺鑑定

        大運天中殺鑑定

        NPO法人 犬と猫のためのライフボート

        NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

        ツイッター


        個人鑑定はこちら

          仲邑菫棋士 宿命異常 宿命中殺 天将星 初旬大運天中殺

           

          仲邑菫棋士(なかむらすみれ) 2009年3月2日生まれ


          「宿命異常」が存在すること 

          「宿命異常」の宿命は

          特殊な能力を発揮出来る可能性を持つ宿命です。

          しかしながら、「宿命異常」の宿命の者が皆同じように

          実際に特殊な能力を発揮出来るとは限りません。


          本人の生き方・本人を取り巻く環境・両親の宿命や生き方なども影響します。

          「宿命異常」を持つ宿命であっても

          普通一般的な生き方・宿命と環境が合っていないなどいった場合

          特殊な能力を発揮することは出来ません。




          「宿命異常」となる条件 ①→星が大きく展開を見せていること 


          「自分を示す星」と「社会を示す星」とが、大きく展開を見せています。

          このことが意味するのは

          『スケールの大きな生き方をすることが宿命からの姿』ということです。


          小学三年生で、関西棋院に在籍・小学四年生で、韓国へ短期留学することは

          これにあてはまります。

          ちょっとした大会で優勝を狙うのではなく

          日本一ひいては世界一を目指すことを宿命が求めているということです。





          「宿命異常」となる条件 ②→「宿命中殺」が存在すること


          宿命から表れている星がもともと不自然な状態である宿命です。

          このために、本人の感覚や感性も普通一般でなくなってきます。

          むしろ、感覚や感性が普通一般的でなくなる方が

          「宿命中殺」を持つことを消化することになります。


          「宿命中殺」からは「習得本能の星(陽星)」が宿命中殺の作用を受けていることから

          習得することに異常性を発揮しやすいです。


          特に、自分なりの習得の仕方を得意する質が強い星であることからは

          一度マニュアルを覚えると、マニュアル通りの戦法を嫌います。


          更に、得た知識を常に変化させる星でもあることからは

          次々に自分のオリジナルをプラスして進めていくと思われます。


          「宿命中殺」と「天将星」は、藤井聡太棋士・辻一弘氏でも取り上げています。


          藤井聡太棋士

          辻一弘氏


          鑑定の御案内



          「天将星」が存在すること


          「星の持つエネルギー」というのが非常に強い宿命です。

          (最近のブログ記事では、ゴーン容疑者・藤井聡太棋士・辻一弘氏・大杉漣さんで天将星を取り上げています)

          「天将星」は、その字の通り

          自分が一番になりたい、という思いが非常に強くなる星です。


          このために性格的には、とても気が強く、しっかりしてきます。


          粘り強さ・執着心・諦めないといった質は、相当に強いです。


          重要なのは、これと思ったモノに対して、激しく突っ込んでいく生き方です。


          それは自分自身を納得させられないことには

          本当の意味で前に進めないのが、「天将星」だからです。



          小学生の低学年であっても、「天将星」の持つ質は現れてくると思います。


          むしろ、現れてこない方が算命学では問題という見方をします。

          (この場合、親の育て方に問題アリ)


          「天将星」を持つことは

          子どもの頃からエネルギー大いに燃焼させる生き方をすることです。


          このことがひいては、本人の精神面の強さの裏付けとなってきます。


          「宿命中殺」と「天将星」は、藤井聡太棋士・辻一弘氏でも取り上げています。





          全体的な運気の流れで気になること


          一番最初に回ってくる「大運」が「大運天中殺」となっていることです。

          「大運」とは、運気の流れを10年間ごとに区切ったモノ。


          「大運天中殺」とは、不安定な運気を意味します。


          一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といいます。


          「初旬」は、誰しも人生の中で最も影響を受ける運気であり

          人生の基礎や土台が形成される運気です。

          (初旬は1歳から始まり、11歳の誕生日を迎えるまで)



          ★ 1歳からの10年間は不安定な運気であるため、ワクがなくなっている状態→とても大きく伸びる可能性をも秘めていると占います。

          但し、不安定な運気であることに変わりはないですから

          大きく伸びた分だけのリバウンドも懸念されます。


          『小学生で最年少のプロ棋士』


          これは「初旬」が「大運天中殺」であることと無関係でないと捉えます。


          この「初旬」の運気で大きな成果を出した場合、留意した方がいいことがあります。

          それは、如何に自分自身の欲をコントロール出来るか。

          ただ、目の前のことに淡々と取り組む姿勢を貫いていかれるか、です。

          勝ちを急がず、勝ちを意識しすぎず、結果に翻弄されないことです。

           

          結果を出した時期が、どういった運気であるかが重要です。


          特に、子どもの頃に(初旬に)「大運天中殺」という不安定な運気が回る宿命は

          気をつけてもらいたいところです。


          そういった思いから今回は鑑定しました。


          宮里藍さんの宿命からもこのことがあてはまっています。

          宮里藍さん

           

          ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

           

          鑑定の御案内

          運を下げない生き方とは

          運は上げることよりも、下げないことの方が大切


          算命学・結婚における重要な事柄

          生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

          ロバミミ電話占い

          ココナラ電話占い

          ココナラ宿命鑑定

          宿命鑑定 ベイス 

          天中殺鑑定 

          大運天中殺鑑定


          NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

          NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

          ツイッター 




          個人鑑定はこちら

            藤井聡太棋士 宿命異常 宿命中殺 天将星

             

            藤井聡太棋士 2002年7月19日生まれ


            宿命異常を持つ宿命


            「宿命異常」の宿命は、特殊な能力を発揮出来る可能性を持ちます。

             
            しかしながら「宿命異常」を持つ宿命の者すべてが


            特殊な能力を発揮出来るわけではありません。


            本人の生き方・本人を取り巻く環境・両親の宿命なども影響します。


            「宿命異常」を持ちながら、普通一般的な生き方であることや


            置かれた環境が「宿命異常」と合致していない場合は


            特殊な能力が発揮されることは、まずないと思います。





            宿命異常となる条件の一つ「宿命中殺」が存在すること


            今回は宿命異常となる条件の一つを取り上げます。


            「宿命中殺」とは、宿命から表れている星が不自然な状態です。


            このことを喩えると


            星型がどこか欠けているとか、一か所が飛び出しているといった感じ。


            生まれながらにして、宿命として整っていないのが「宿命中殺」です。


            このため普通一般的な生き方であると


            宿命として活かすことがむつかしくなってきます。



            「宿命中殺」は、自分を取り巻く人物にも作用します。


            自分から見た場合に、縁の薄いが存在することになります。


            藤井棋士の場合


            両親・きょうだい・友人・仲間・恩師・上司・先輩・目下・子供


            これらの人たちとの縁が薄くなります。

            (宿命中殺は、前回の辻一弘氏でも取り上げています)


            藤井棋士の場合、父親か母親が棋士ではなかったこと


            将棋を始めたきっかけが両親でなかったことが


            宿命中殺の消化を助けたことになると捉えます。


            更に、恩師との縁が薄いことから


            恩師に恵まれない方が、むしろ本人の運勢にとっては望ましいです。


            自分の持つ宿命からの姿と、置かれた環境が合致した時に


            本人の宿命に備わっている能力は、最大限に発揮されます





            全体的な運気の流れからの特徴


            10年ごとに回ってくる運気を「大運」といいます。


            藤井棋士の場合、最初に回ってくる「大運」が大きく展開しています。


            喩えると、自分と運気が合致して、更に大きな姿になっているとお考えください。


            このことが子供ながらも大物に見られることになり


            自然と周囲からの期待を集めるといった状況になってきます。


            また、本人にとってこのことが俄然やる気や活力にも繋がってきます。


            しかしながらそれ故に、こういった前進力の強さが高じて


            ただ前に進むことしか出来ない、といった生き方になることも。


            つまり挫折した場合、考え方を変える・一時休戦・撤退という思考は


            一切浮かばないということです。


            猪突猛進であり続けることが


            結果として余りにも潔すぎる生き方となり得ることも…



            鑑定の御案内





            宿命からの特徴


            表れている星同士がぶつかり合う状態となっていることが目立ちます。


            このために自身の心の葛藤が激しくなります。


            自分の中から生じる葛藤とどう向き合っていくか


            葛藤をバネに出来るかが重要です。

             

            算命学・あなたの宿命からの姿を鑑定します 持って生まれた宿命を活かすことが、運勢をしっかりさせます。




            「天将星」の宿命であること


            「星の持つエネルギー」というのが非常に強い宿命です。

            (辻一弘氏・大杉漣さんも「天将星」あり)


            本人の性格的には、とても気が強くしっかりしたモノを持つことになります。


            粘り強さ・執着心・諦めないといった性質は、相当に強いです。


            「天将星」を消化するためには、自分がこれと思ったモノに対して


            徹底してどこまでも突っ込んでいく生き方です。


            それは自分を納得出来ないことには、本当の意味で前に進めないのが


            「天将星」だからです。

             

            こういった質を前面に出していくことが、宿命からの姿であり


            宿命として備わっている強いエネルギーを燃焼させていくことに。



            長時間に及ぶ対局・移動時間・学業との両立


            これらをこなせるのも最強エネルギーの「天将星」を持つ宿命だから。

            (天将星の者が暇をしていると、コンディションに支障をきたす)


            エネルギーをガンガン燃焼させる生き方は


            「天将星」を持つ宿命にとって、精神面の強さの裏付けともなります。


            言い換えると、エネルギーの出し惜しみ・不完全燃焼


            子供の頃の過保護は、精神面の弱さとなって現れるおそれがあるということです。


            今後としては、学業にもしっかりと取り組みながら


            棋士と両立させていくことが望ましいです。



            更に成人後は、早々に両親の元から離れ


            自分からは両親に頼らない生き方が、両親との縁が薄い宿命を消化することになります。


            ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。



            ロバミミ電話占い

            ココナラ電話占い

            ココナラ宿命鑑定

            宿命鑑定 ベイス 

            天中殺鑑定 

            大運天中殺鑑定


            NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

            NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

            ツイッター 

            運を下げない生き方とは
            運は上げることよりも、下げないことの方が大切 
            結婚運とも無関係でないと考えます



            算命学・結婚における重要な事柄

            生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

            鑑定の御案内

             

            個人鑑定はこちら