山口もえさん 天将星 結婚運NG

山口もえさん 1977年6月11日生まれ

 

「天将星」が存在する宿命

「天将星」といって、最大のエネルギーを有する星が存在します。

夫の田中裕二さんは、「天将星」は存在しません。

夫婦の相性としては、夫が「天将星」を持つ方が良しとします。

算命学では、「男を陽・女を陰」といった考え方があるからです。

 

「天将星」が存在するかどうかは、見た目では分からないところがあります。

ただ、よくよく見てみると「天将星」の強さというのは

性格的な強さ・言葉の端端・目力・放つ雰囲気などに現れていると思います。

パッと見た感じは、どこかふわっとしているからといって

必ずしもエネルギーが弱い宿命とは限らないということです。

 

結婚がよろしくない宿命

結婚運がよろしくないことは、このことを消化していくことが求められます。

結婚運がよろしくないことを消化することなく、離婚再婚をしたとしても

また結婚に失敗する可能性が高いです。

つまり、パートナーを変えたところで、結局は同じことになると占います。

山口もえさんと小倉優子さんの宿命からは

結婚運がよろしくない点では、或る共通したモノを持つ宿命です。

 

【結婚運がよろしくないことを消化するためには・結婚運がよろしくないことを消化する意味とは】

下記の個人鑑定依頼として承ります。

ご自身で結婚運がよろしくないことをご存じの方→生年月日は必要ありません。

算命学の結婚運に対する考え方・捉え方を教示いたします。料金2000円となります。

 

田中裕二さんの宿命からの鑑定→結婚した時の運気

2015年の運気からは、結婚運にダメージを与えることが表れています。

このことが意味するのは

1・田中裕二さんも結婚運のよろしくないことを、一緒に消化しなければならないこと

2・山口もえさんが、もともと結婚運がよろしくないため

田中裕二さんも、自分の結婚運がよろしくない運気に結婚することになったこと

3・二人揃って結婚運がよろしくないことになる→結婚運がよろしくないことが倍加されること

 

 

山口もえさんの宿命から鑑定→パートナーとなる相手は苦労する

山口もえさんが「天将星」であることとは別に、パートナーが苦労すると占います。

つまり、田中裕二さんの今後の運勢が気になるところです。

(ブログではここまでの記述とさせてもらいます)

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

二人の相性を客観的に見る占い・算命学相性占い

子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

算命学相性占い


天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを

ロバミミ電話占い

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター


個人鑑定はこちら

 

 

 

 

 

 

 

★さくらももこ先生・デビューは天中殺(加筆修正アリ)

さくらももこ先生  1965年5月8日生まれ

デビューは1984年 「天中殺」の運気です。

「子丑天中殺」で、子年と丑年が「天中殺」となります。

「天中殺」とは、不安定な運気を意味します。

「天中殺」では、或る意味で読めない部分を作り出す作用や

物凄く大きく伸びる可能性を持つ運気でもあります。

 

算命学では、物事が始まった時の運気というのを重要視します。

デビューが「天中殺」であることは、その仕事に携わっている限り

「天中殺」の作用を受け続けていくことになると占います。

 

「天中殺」で始めることの危うさとは

大きな成果を出すことで、その分だけ見返りを求められるおそれがある運気だからです。

 

さくらももこ先生の当時の「天中殺」からは

「未来を示す星」が回っていました。

 

「未来を示す星」とは、自分にとっての未来→将来的なことももちろんですが

自身の健康や寿命も含めて捉えます。

 

デビューした時の運気が、健康運と仕事運が互いに引っ張り合う状態。

仕事で結果を出すほどに、この場合特に欲を出すことによって

自身の健康や寿命は、大きなダメージを受けると占います。

 

これまでにも「天中殺」「大運天中殺」に関することを挙げてきました。

記事としては同じような内容になっていますが

これから起業を考えている人・結果を追求している人に

「天中殺」「大運天中殺」の持つ意味を伝えたい思いがあります。

 

さくらももこ先生の宿命からは、「天中殺」でのデビュー以外に

「宿命が抱えるむつかしさ」というモノが存在しています。

 

さくらももこ先生のご冥福をお祈り申し上げます。