守備本能の発揮は 既に子どもの頃から

 

街中を歩いている時に、私のすぐ目の前を

4歳くらいの女の子が、補助付きの自転車に乗って

長い坂道を下り始めていました。

母親は少し先を歩いていて、その間隔は徐々に開き

10mくらいになっていました。

 

女の子は、下り坂に慣れていないせいか、ほどなく自転車を降りてしまい

片手はハンドルを持ち、もう片手はカゴを押さえていて

かなり慎重な感じに見えました。

何となく気になって「大丈夫?手伝おうか?」と、声を掛けましたが

「自分でやるからいい」と、即答されました。

 

そのハッキリとした口調を耳にして

『この子は、守備本能を発揮しているな』

『もしかしたら、守備本能が強い子なのかな?』

と思いつつ、その場を後にしました。

 

人は、生まれながらに五つの本能を備えていると算命学では考えます。

その中の一つが「守備本能」で、自分のことは自分で守る・行うという本能で、誰しもこの本能を持っています。

 

自分を守ることは、何かが起きたそのことに対する防御です。

ですから、守られている環境にいれば当然、守る必要もなくなります。

安心安全が望ましいのは、当たり前のことですが

宿命から「守備本能」が表れている者で、特に

・「守備本能」が中心星となっている

・「守備本能」が重要な星となっている者が

常に、ほぼ守られている状況であることは、宿命の消化の妨げとなります。

 

自転車を慣れない格好で押していた女の子の姿は、十分に守備本能を発揮している姿です。

子どもは自我が芽生える頃になると、何でも自分でしたがるようになります。

この気持ちを親が摘み取り過ぎないこと。

その子どもの宿命によっては、大いに自分でさせた方が良い場合があります。

 

但し、付け加えたいことがあります。

それは私が子どもを生んだ時に、亡くなった祖母からの

「子どものヤケドは、親の責任だよ」という言葉です。

子どもに自分でさせることと、それを親がキチンと見ていないことは違うと思います。

 

個々の宿命に関係なく、子どもの頃に「守備本能」の発揮が足りないと

大人になってからも、他力本願な人になると占います。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

note 子どもの習い事について

note 夫が主夫・女が年上について

note お子さんがいる場合の離婚・再婚について

 

鑑定の御案内

宿命鑑定 ベイス

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログが、あなたにとって何かのきっかけとなればと綴っています。

保護猫活動にも使わせて頂きます。ご支援をお願いいたします。

OFUSE

 

個人鑑定はこちら