★竹下景子さん 天将星アリ 子どもを示す星からは(加筆アリ)

 

~過去のブログから~

竹下景子さん 1953年9月15日生まれ

 

「子どもを示す星」が4つ表れています。

このことが意味するのは

母親となった場合に、4人の子どもに母親としての「気」が伝わるということです。

 

★実際には2人の息子さんがいるとのことから、2人の子どもに4人分の母親の「気」が伝わることになり、このことが過保護や過干渉となる

★「子どもを示す星」の表れ方からは、どこにいても、何をしていても常に子どものことが気になって仕方がない姿となっている

★「天将星」といって最大のエネルギーを有する星を2つ持つ宿命ですから、性格的に非常に強くなる

★のことから、子育てに対しては

・子どもに対してとても過保護になる

・全て自分の思うように持っていく

・子育てに全身全霊を傾ける このように占います。

 

当時(2016年)の報道からは、次男の関口アナムさん(当時27歳)に

20万円のお小遣い、更に100万円の腕時計を与えたとのこと。

 

これは、子育てに失敗したとしか言いようがありません。

子どもが成人後も親に頼るといったことは、親の責任であると「算命学」では考えます。

 

特に、関口アナムさんの宿命からは、早々に実家から離れて生きていくことが宿命からの姿です。

(或る種類の「宿命中殺」が存在するため→ここは重要です)

 

こういった宿命の者がいつまでも親元で生活をし、親に養ってもらっていることは

今の年齢から鑑みた場合、既に運勢的なダメージを受けていると捉えます。

 

現実的にはラクであったとしても、そのことが本人の運勢にとって望ましいことなのかどうか。

 

「天将星」を持つ女性が妻になると…

スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

龍メイnote 遺産相続について

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログをお読みくださりありがとうございます。

あなた様のサポートをお願い出来ますでしょうか。

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE

 

 

個人鑑定はこちら

    自分のことは自分で守る本能とは

     

    【自分のことは、自分で守る本能】

    これは算命学が称える五つの本能の中で

    人間に最初に備わるべき本能と考えます。

    この本能を「守備本能」といいます。

     

    生まれたばかりの赤ちゃんが泣くのは、何かを要求するからですが

    言い換えると、何か不満がある・今の状態に満足していないから。

    (お腹が空いているとか、眠いとか)

     

    「守備本能」は、自分の身を自分で守っていくための本能です。

    この本能の力が正しく働かないと、生きていくことに支障をきたします。

    それ故に、最も重要な本能なのです。

     

    自分のことは何も出来ない赤ちゃんが成長し、少しずつ自分のことが出来るように…

    自分のことが自分で出来ることを

    算命学では、自分で自分を守ることと捉えます。

    自分を守ることが出来て、初めて自分以外の人を守れると考えるのです。

     

    例:この本能の星が自分の中心星=主星となっている宿命の者が

    他力本願的な考え方や、生き方である場合

    そういった背景には、親との関わり方が起因しているところが多く

    特に母親から、子どもの頃に自分の身の回りのことをするよう躾られなかったと考えます。

    (これは、五行の持つ考え方から来ている)

     

    このようなケースに限らず

    既に、子どもの頃から自分の宿命を消化することは、始まっているのです。

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

    ★占いとしての占術ではなく、算命学の持つ考え方を学びたい方へ

    コーチングいたします。鑑定の御案内からフォーマットにお進みください。

     

    スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

    龍メイnote お子さんがいる場合の離婚再婚について

    鑑定の御案内

    算命学お悩み相談

     

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

    ツイッター

     

    ブログをお読みくださりありがとうございます。

    あなた様のサポートをお願い出来ますでしょうか。

    今後のブログ更新のために使わせて頂きます。 OFUSE


    個人鑑定はこちら

       

      伝えることのない鑑定結果

      ~過去のブログで記載していた内容から~

      知り合いにお孫さんが生まれました。

       

      商売柄?というよりも、性分という方が合っている気がするのですが

       

      すぐさま、そのお子さんの生年月日から星を見ます…

       

      「ん?」「えっ!」と、自分の独り言が部屋に響く。

       

      簡潔に言うと、非常に消化することが困難な宿命です。

       

      それと同時に、記憶がよみがえりました。

      【以前、他国に身柄拘束をされ、帰国した〇〇さんに命式が似ている】

       

       

      この命式について、少し占術的な説明をしますと

       

      表れている星からは、常に自分の土台がぐらぐらしている状態。

       

      このことが意味するのは、安定を嫌う宿命であること。

       

      安穏とした生活では、活かすことがむつかしい宿命。

       

      言い換えれば、こういった宿命を持っていたことが帰国に繋がったとも捉えます。

       

      実際の鑑定で

      こういった命式を持つ人に、年に4,5人くらいお目に掛かるでしょうか。

       

      しかし、依頼者様から尋ねられていないことに対しては、一切回答しないため

       

      こういった星の状態であることを伝えないままに、過ぎていくケースが多いかもしれません。

       

      この赤ちゃんの親御さんに、直接伝えることも無かったですが

       

      私の中では、伝えることのない鑑定結果の一つとして、7年が過ぎた今も時折思い出すことがあります。

       

      願うとするならば、この赤ちゃんの育つ環境が、実際に安穏としたモノにならないことです。

       

      このことが、本人の運勢にとっては有り難いことになるからです。

       

      算命学の考え方は、世間一般の常識を用いません。

       

      ただ、その人の宿命からの姿が、その人にとって見合うかどうか、です。

       

      『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

      ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

       

       

      スタンドエフエム始めました 自分の運勢を下げない生き方

      龍メイnote お子さんがいる場合の離婚再婚について

      鑑定の御案内

      算命学お悩み相談

      NPO法人 犬と猫のためのライフボート

      NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

      ツイッター

       ブログをお読みくださりありがとうございます。

      あなた様のサポートをお願い出来ますでしょうか。

      今後のブログ更新のために使わせて頂きます。 OFUSE


      個人鑑定はこちら

        桐谷美玲さんの「子どもを示す星」

        桐谷美玲さん 1989年12月16日生まれ

         

        宿命から表れている「子どもを示す星」について

        「子どもを示す星」は、一人となって表れています。

        このため、一人の子どもとの縁があると見ます。

         

        これは桐谷さんから見た場合です。

         

        ただ、このことが二人以上の子どもに恵まれないと断言しているのではありません。

         

        母親として備わっている「気」が、子ども一人分であるということです。

         

        ★もしも二人以上の子育てとなったら?

        その場合の母親としての「気」は、どうなるのか?

        算命学お悩み相談

         

         

        宿命から見た「子どもを示す星」について

        「子どもを示す星」は「忌神の星」となっています。

         

        忌神とは、守護神の反対です。

        つまり、子育てにはかなり苦労を強いられることを意味し

         

        その苦労は、避けない方がいい苦労となります。

         

        「忌神の星」にあたる人物が、自分にとってマイナス作用を及ぼすのではなく

        相手とのことで、自分が消化していかなければならないことがあると捉えます。

         

         

        全体的な運気の流れについて

        17歳から始まって、20年間続く運気は「大運天中殺」です。

        (2020年7月現在30歳)

         

        「大運天中殺」で生まれた子どもは、自分にとって縁の薄い子どもです。

        (大運天中殺とは、総じて不安定な運気を意味する)

         

        このため、子育てにはより多くの苦労を伴うと占います。

         

        自分から見て縁の薄い相手は、たとえそれが子どもであっても

        縁が薄いなりの関係性を築いていくことが求められます。

        そうでないと、後々になって子育てに失敗することに・・・

         

        先に、宿命からは一人の子どもの星が表れていると申しましたが

        子どもが生まれた時の運気も合わせて見る必要があります。

         

        更に、27歳から始まって10年間続く運気「大運天中殺」からは

        「母親の星」が回っています。

         

        このため、自分が母親になりたいという思いが強かったのではないか

        結婚においては、子育ての願望が強かったのではないかと占います。

         

        「母親の星」と「大運天中殺」という不安定な運気が重なることで

        母親になりたい強い思いはあっても

        どこか母親になりきれない現実が交錯すると占います。

         

        「大運天中殺」は異常性をもたらす運気です。

        そのため、母親らしい母親になろうとするほどに、無理が生じてきます。

         

        そこで対処法の一つとしては

        良い意味で、適当な母親でいること。

        〇〇な母親でなければならないと、自分自身を縛らないことです。

        但し、母親としての果たすべき役割はキッチリと果たすことは言うまでもありませんが。

         

        『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

        ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

         

        ★育児休業が明けて仕事に復帰する人へ

        算命学が考える子育てに重要な期間とは

        算命学お悩み相談

         

         

        スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

        龍メイnote 子どもがいる場合の離婚再婚について

        鑑定の御案内

         

        NPO法人 犬と猫のためのライフボート

        NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

        ツイッター

         

        ブログをお読みくださりありがとうございます。

        あなた様のサポートをお願い出来ますでしょうか。

        このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


        個人鑑定はこちら

           

          宿命から見る親子関係

           

          親子関係での例を挙げます。

           

          親は、子どもとの縁が薄い宿命とします。

          このことが当てはまるのは

          ・親自身が宿命中殺=子ども中殺を持つ場合(他にもあります)

          ・親である自分の「天中殺」や「大運天中殺」でその子どもが生まれた場合

           

          親は、子どもと縁が薄くなることで

          自分の子どもであるのに、どこか自分の子どもでないような感覚に陥るとか

          子育てに対して、常にどこか冷めている自分がいると感じる・・・

           

          算命学お悩み相談

          子どもと縁がある宿命か・縁がない宿命か

          (親が子どもと縁が薄い場合は、起こり得ることと対処法を教示します)

           

          一方で、子どもは親との縁がある宿命とします。

          子ども自身は、自分の親であるという、当たり前の感覚を持ちます。

          しかし、親自身の持つ宿命が、子どもとの縁が薄いことからは

          その親から生まれた子どもとしては

          自分の親に対して、違和感を持つといったことが起こります。

           

          自分から見た縁と、相手から見た縁は、必ずしも同じになるとは限りません。

           

          この親子の場合は、親子間で感覚や価値観の違いが顕著に現われると占います。

          もしも、現われないのであれば、どちらかもしくは両者が宿命を消化していないためです。

           

          自分の持つ宿命を活かそうとすることで、相手の持つ宿命が活かされなくなる。

          この反対も言えます。

           

          親子でありながら、家族でありながら

          互いの宿命の持つ違いにむつかしさが生じます。

           

          この違いを客観的に知るツールが算命学です。

           

          『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

           

          ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

           

          龍メイnote 運を下げない生き方

          鑑定の御案内

          二人の相性を客観的に見る占い・算命学相性占い

          子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

           

          NPO法人 犬と猫のためのライフボート

          NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

          ツイッター

           

          個人鑑定・お問い合わせ

             

            親から見た子どもが生まれた時の運気について

             

            子どもが生まれた時


            親である自分がどういう運気であったのか。


            このことが自分や子育てに作用を及ぼすと考えます。


            今回は二つの例を挙げてみます。



            ①  自分が「天中殺」の運気で生まれた子ども


            親から見た場合に、自分にとって縁の薄い子どもとなります。


            このため親としては


            自分の子どもであっても、自分の子どもでないような育て方をすることです。


            そして成人後は、なるべく早く手元から離すこと。


            親元から離れても子ども自身が世の中に通用する人となるよう


            子育ての段階から持っていくことです。




            ② 「自分を示す星」と正反対の星が回っている運気で生まれた子ども


            親とは正反対の質→全く異なる質を持つ子どもと捉えます。


            重要なことは、親が異なる質を理解して受け入れていくことです。


            更に、この子どもが生まれて子育てをしていく中で


            親自身の生き方や考え方を改める機会が非常に多くなります。



            子育てに苦労は付きものですが


            上記のケースは、より一層の苦労を伴います。


            特に、親の思いが通じないとか


            自分が子どもの頃の様子とは、まるで違うといったことに…



            ①と②の内容には更に続きがあります。


            こちらは鑑定として承ります。


            個人鑑定はこちら 

              妊娠しやすい宿命か 妊娠しにくい宿命か(加筆修正アリ)

               

              妊娠しやすい宿命の者・妊娠しにくい宿命の者がいます。


              1・宿命に水性の星が存在しているかどうか


              算命学では命の源は水と考えるからです。


              2・水性の星の状態がどうなっているか(他の星からの作用など)


              3・「子どもを示す星」の状態


              「子どもを示す星」が安定している状態か、否か。





              妊娠しやすい宿命というのは、当たり前な言い方ですが


              最初から子どもを生み出す力が備わっている宿命です。



              妊娠しにくい宿命というのは、妊娠に関することに限らず


              その先にも、或る作用を及ぼすおそれがある


              そういった見方をします。

              (ブログではここまでの表現となります)


              鑑定の御案内



              宿命がもたらす作用の一つとして


              自分の宿命からの姿と、生き方のギャップが広がらないように


              人生にストップをかけることがあります。


              そのことは本人にとって辛く厳しい試練となることも…

               

              こういった試練について、算命学での見方を申しますと

              ・その試練は、宿命からの姿に戻るための導きなのか。

              ・試練に立ち向かって努力することが、宿命を活かすことに通じるのか。



               

              一般論としては、決して無理でないことであっても


              自分の宿命から鑑みた時に、無理なことがあります。


              無理を押していった場合、その先にあるモノは…

               

              妊娠しやすく、更に「子どもを示す星」が多い宿命は


              子どもを生まない生き方であった場合


              自分の運勢にダメージを受けることがあります。


              宿命として備わっている能力を発揮しないためです。


              運勢のダメージとは、病気も当てはまります。


              この場合、特に婦人科系の疾患です。




              事情などで子どもを持てない・子どもの数が少ない場合


              このことを別の形で活かしていく方法もあります。

               

              自分の宿命に備わっている能力を発揮するか・発揮しないか・無理に発揮するかで


              運勢は大きな違いを見せます。



              ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


              免疫力アップで実行していること

              冷え取り療法→靴下の重ね履き(寝るときも)
              湯船に浸かる→半身浴で20分以上(のぼせやすい人は注意)
              梅干し
              梅肉エキス
              プロポリス液体(刺激が強いため市販のカプセルに入れて服用もOK)
              枇杷の葉温灸(ときどきネコにも施術)
              温熱治療器
              興味ある方は下記フォーマットからどうぞ。



              ★ 妊娠に関する鑑定 個人鑑定 2000円~5000円

              ・鑑定結果はハッキリとお伝えしております。

              「こういった見方もあるのか」という認識を持つことがむつかしい方はお勧め致しません。

              ・鑑定を希望される内容をお知らせください。

              ・御依頼者様のみの鑑定と、パートナー様も合わせての鑑定

              入籍した時期なども必要な場合があります。

              ◆ 鑑定内容によって料金が異なります。


              龍メイnote

              鑑定の御案内

              個人鑑定はこちら

                女命から見た子どもの星について(加筆修正アリ)


                女性の宿命から見た場合、「子どもを示す星」の表れ方として


                次の見方について記述します。



                1・子どもの星が表れる宿命


                この場合、宿命からは子どもの数が表れます。


                例:子どもの星が、二つ表れているとします。


                実際に子どもが二人いる場合、自分の宿命からの姿と合致すると捉え


                自分の宿命を消化している→運勢的に望ましいと考えます。

                 

                例:子どもの星が、一つ表れているとします。


                実際に子どもが三人いる場合

                自分にとって縁のある子どもは一人と見ます。

                このことがよろしくないのではありません。

                子育てにおいて、消化していくべきことが出てきます。




                例:子どもの星が、二つ表れているとします。


                実際に子どもがいない場合は、自分の宿命からの姿とは異なるため


                運勢的には望ましくないと捉えます。


                しかし、子どもがいないことでカバーできることがあります。


                そのことを取り組むことが望ましいと考えます。



                気になる方はこちら

                子どもと縁がある宿命か・縁がない宿命かを鑑定します。





                ★ 子どもの星が表れている場合であっても

                その星の状態も見ていく必要があります。


                星が、安定している状態なのか・不安定な状態なのか。


                そのことが子どもの成育面に作用を及ぼすと算命学では考えます。





                2・子どもの星は表れるが、「宿命中殺」の作用を受けている宿命


                この場合、宿命からは子どもの人数が表れます。


                但し、子どもの星が「宿命中殺」の作用を受けていることからは


                自分から見た場合に、子どもとの縁は薄いと捉えます。


                このことがよろしくないのではありません。消化していくべきことがあります。


                子どもとの縁が薄い場合の子育ては、どういうことを意味するのか?




                3・子どもの星が表れない宿命


                この場合、宿命から子どもの数は表れません。


                しかしながら、このことが子どもが生まれる可能性が無いと申しているのではありません。



                2と3は、確かに難しいところはあります。


                具体的にどういったことに難しさがあるのかについて

                ここでの記述は控えます。



                子どもの星の詳細を知りたい方は、個人鑑定をお勧めします。

                占いサイトからの鑑定は、サイトの規約があるため

                算命学としての考え方・捉え方の詳細までは

                すべてお伝え出来ないところがあるからです。






                結婚・入籍の運気の重要性について


                二人それぞれ結婚した時の運気が


                どういった運気であったのかも関係してきます。

                例:結婚・入籍が「天中殺」で「子どもの星」が回っているケース。


                この場合、子どもの星にダメージが及ぶ可能性が高くなると見ます。




                知ることで回避出来ることがあると「算命学」では考えます。

                 

                子どもの星の鑑定については、熟慮なさることをお勧めしています。

                 

                龍メイnote お子さんがいる場合の離婚・再婚について

                鑑定の御案内

                子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

                個人鑑定・お問い合わせ

                  宿命から見た 子どもらしく過ごすこと


                  子どもの頃に子どもらしく過ごせたかどうかが


                  特に、後年になってからも人生に大きく影響してくる宿命があります。


                  (個々の宿命に関係なく、基本的に子どもの頃に子どもらしく過ごすことは重要)





                  ・親が忙しくほとんど構ってもらえなかった

                  ・親の手伝いをすることが多かった

                  ・子役など、子どもの頃から仕事をしていた

                   



                  子どもらしく過ごせなかった


                  子ども時分の思い出が少ないといった場合


                  大人になってから、そのことを取り戻す行動を取ります。


                  所謂、「子ども返り」です。


                  それはシニアになっても、まだ続くことがあります。





                  また、今回のテーマに限らず


                  本人の宿命と、育った環境のズレというモノを


                  「算命学」では、とてもとても重く考えます。


                  本人の運勢のダメージだけでは済まないおそれもあるからです。

                  (これより先の表現は憚られる為、ここでは控えます)



                  ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


                  龍メイnote

                  鑑定の御案内

                  子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定



                  NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

                  NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

                  ツイッター 

                   

                  個人鑑定はこちら

                     

                    算命学 実例鑑定 宿命にDNAが存在すること



                    既婚男性 Iさん(当時46歳)


                    宿命からは「天将星」といって

                    最大のエネルギーを有する星が存在します。


                    宿命にもともと備わっているエネルギーの量が多い・強いことを意味します。


                    「天将星」は、消化することが困難な星です。


                    理由は、現実面での苦労をすることで、エネルギーが燃焼されるからです。


                    言い換えると、現実面での苦労が足りないと、エネルギーは燃焼されず


                    むしろ不完全燃焼を起こし、このことが本人にとって生き辛さとなってきます。


                    幼少期・子供時代まで遡って、親から過保護にされなかったかどうかも


                    「天将星」にとっては、一生涯に関わるほどの大きなポイントとなってきます。




                    Iさんは結婚後、20年近く経ってからお子さんが生まれました。


                    お子さんの宿命にも「天将星」が存在しています。


                    このことが今回のテーマ【宿命にもDNAが存在すること】になります。




                    特に「天将星」の場合


                    親に「天将星」が存在し、子どもにも「天将星」が存在することは


                    親自身の「天将星」の消化が足りないところがあるために


                    「天将星」が子どもの宿命にも表れてきたと考えます。


                    このように親から受け継ぐ形での「天将星」というのは

                    「天将星」の意味合いが強くなると捉えます。

                    より一層、「天将星」の消化に苦労を強いられるということです。


                    鑑定の御案内


                    更に、お子さんの宿命からは


                    「自分を示す星」と「親を示す星」が正反対の星となっています。



                    これは自分と親とは正反対の質を持つことと


                    親の生き方を改革するために生まれたきた、という意味があります。




                    これらのことからお子さんの宿命は(お子さんから見た場合に)


                    親からの「天将星」を受け継いでいること。


                    自分と親は相容れないモノを持つ親子関係であること。


                    このような見方になります。


                    このことだけでも親から見た場合

                    子育てにおいて、相当な苦労を伴うと占います。





                    親が「天将星」を持つことで

                    背負うべき苦労の消化が足りなかったことが


                    自分の子どもの宿命へ流れていき


                    更に、子どもの宿命に「正反対の質を持つ星」が存在する。


                    このことが子育てにおける苦労を二倍三倍にさせると占います。




                    親自身が40代後半であり、初めての子どもであることが


                    子どもに対して過保護になる可能性を高めること


                    親の過保護な育て方が

                    子ども自身の宿命の消化を阻む要因となります。





                    「天将星」を持つ子どもは、往々にしてとても自我が強いです。

                    またワガママに育てられると

                    どこまでもワガママになっていく傾向が強いのも「天将星」です。




                    親から見て自分とは質が違う子どもだと感じていても

                    ずっと子どもが欲しくて、高齢出産プラス過保護に育てている場合

                    その違いすら、とてもカワイイと感じるのでは…


                    子育ては、履き違えると

                    後になって、修正がきかないほどの事態を招くことがあります。




                     

                    自分の宿命の持つ未消化なところは、「天将星」に限らず


                    DNAとなって子どもの宿命に存在することがあります。


                    「自分の生き方は自分だけの問題ではなくなる」


                    算命学の基本的な考え方の一つです。


                    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


                    鑑定の御案内



                    個人鑑定はこちら