「子どもの星」があっても子どもが生まれない

 

宿命から「子どもの星」が表れていても

子どもが生まれない可能性が高いと占うのが

・入籍や結婚した時の運気

・起業した時の運気

これらが「子どもの星」に作用している場合。

(他にもあります)

 

 

ここで「子どもの星」が表れているのに

なぜ、子どもが生まれない可能性があるとか言うのか?

と思われた人。

 

算命学では

単に「子どもの星」だけを見ません。

今の状況など総括して占います。

 

 

 

今回のテーマを挙げたのは

なかなか子どもが授からない人へ

何らかのメッセージになれば、と思ったからです。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

鑑定の御案内

 

女命から見た「子どもの星」について

子どもと縁が薄い宿命について

子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

 

 

個人鑑定はこちら

    高島屋 ぐっちゃりケーキ

     

    「高島屋」から届いたクリスマスケーキが総崩れ。

    このケーキを3歳の男の子が

    飾り付けたという記事を見て。

     

     

    算命学的に考察してみました。

    ワタシの妄想ですが、しばしお付き合いください。

     

    考察・1

    男の子の中に、ずっと残る思い出となって

    いつしかこのことが

    将来、クリエイティブな職業に就くきっかけに…

     

    ー子どもの頃の衝撃的な出来事が

    将来目指すモノに繋がる、と占う運気であると

    男の子に起きた出来事が

    良い意味で、影響し続けることも…

     

     

    考察・2

    ぐっちゃりケーキを目の前に

    家族皆で、ガッカリモード。

    更に、ダメ出しで

    夫が、注文した妻に文句を言い出す。

    妻の中で、離婚のチェックリストに✓が増える。

     

    ー夫は、今「大運天中殺」。

    自分の方から吹っ掛けるような事をすると

    後になってから、痛い目に遭うと占う。

     

     

    同じ出来事を目の前にしても

    こうも違うか、といった展開。

     

     

    人生、上手くいかないことばかりの人と

    思い返せば、何とかなってきた人。

    果たして、この違いは何?

     

     

    「違い」について

    後日、有料記事と

    来月1月のメンバーシップに掲載予定。

    算命学の持つ考え方を記述します。

    占術的なことが分からなくても、ご理解出来る内容です。

    有料記事・メンバーシップのお知らせは note より。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

    子どもに振り回される親

     

    散歩をしていて

    小学生低学年に見える男の子と、すれ違いました。

    男の子は自転車に乗って

    かなりのスピードで畑の周りを走っていました。

    その近くには、母親と思われる女性がおり

    一緒に自転車で走っていて

    男の子の後を追っている感じに見えました。

     

    すると、男の子は自転車を降りて

    畑の周りを走り出しました。

    母親は、座り込んで男の子を眺めていました。

     

    こういう場面を眺めると

    算命学のスイッチが入ることがあります。

     

     

    もしも、男の子は「星の持つ」エネルギーが強くて

    母親は「星の持つ」エネルギーが弱い、となると

    「あの母親は、大変だなぁ」と。

     

     

    このパターンの子育ては

    母親が、子どもが小さい頃から

    しっかりコントロール出来ていないと

    後々、物凄く苦労すると占います。

     

     

    子ども自身、「星の持つエネルギー」が強いのであれば

    子どもが幼い頃から

    見合う形でエネルギーを発散させることです。

     

    そうでないと

    親自身が、子どものエネルギー発散に

    どこまでも付き合わなくてはなりません。

     

    ー体力には、相当自信があるから大丈夫?

    親の方が先に年を取りますよ。

     

     

    今回、猛烈に走る男の子の話でしたが

    カラダを動かすこと以外で

    強いエネルギーを燃焼させる子どももいます。

     

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

    身体に備わった機能を使わないこととは

     

    女性には、子どもを産み育てる機能があります。

     

     

    特に、【子どもを多く産み育てることを良しとする宿命】の者がいます。

    言い換えると、多くの子どもを産み育てることによって

    自分の運勢がしっかりしてきます。

     

     

    こういった宿命を持つ者が

    子どもがいない・子どもの数が少ない場合

    宿命からの姿と異なる→運勢が下降すると占います。

     

     

    豊かな土に新しいタネ・枯れた土に古いタネ

    占術編「SEXの相性の見方」

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

    子どもとの関わりが苦手な宿命

     

    今回は、子どもと縁が無い宿命として記述します。

     

    子どもと縁が無い宿命とは

    1・「宿命中殺」を持ち、子どもの星に作用している場合

     

    2・仕事に就いた時の運気が、子どもとの縁を薄くしている場合

     

    3・結婚・入籍した時の運気が、子どもの星に作用している場合

     

    4・「宿命中殺」でなくても、宿命から表れている「子どもの星」が切れてしまっている場合

     

    これらの宿命を持つことで、子どもとの縁が無くなる。

    ・子どもとの関わりが苦手

    ・自分の子どもに対する距離感や違和感

    これ以外にありますが、そういった思いになりやすいと占います。

     

     

    こういう宿命の者が子育てにおいて、最も望ましくないことは

    自分の子どもへの思い入れの強さ。

     

    鑑定では、実際に受け留めきれない感の御依頼者が目立ちます。

     

    ままならない相手だからこそ

    そのことへの執着が

    より、思い入れを強くさせているのでしょうか・・・

    マイナススパイラルの「深み」を感じます。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

     

    子どもと縁が薄い宿命について

     

     

    LiSAさん「天中殺」で母親になる「天将星」の子育て・カリスマ発揮の運気は明けて

     

    LiSAさん  1987年6月24日生まれ「寅卯天中殺」

     

    「天中殺」で生まれた子どもは

    自分とは、縁が無い子どもです。

     

    縁が無い子どもとして

    生涯、接していくことが求められると占います。

     

    自分と縁が無い子どもであっても

    これは本人の宿命から見たことであって

    子ども自身の宿命から見たことは、別です。

     

    去年と今年が「天中殺」で

    特に、今年の「天中殺」からは

    「母親を示す星」が回っていることからは

    自身が母親となった時に、母親になりきれないと占います。

    このような星回りの「天中殺」で

    実際に、母親になることはどういうことなのか?

    どういうスタンスが求められるのか?

     

    過去の「天中殺」からは

    2010年 庚寅年 LiSAとしてメジャーデビューを果たす。

    今回の出産からは、「天中殺」のクセが付いているかもしれませんね。

     

     

    以前のブログでも取り上げましたが

    LiSAさんは「天将星」が存在します。

    「天将星」を持つことで、性格的にかなり強くなること

    子育てにおいては、強いエネルギーを注ぐと占います。

    注がれた子どもは、どうなるでしょうか?

    (子ども自身の宿命にもよるところがありますが…)

     

     

    こちらも以前のブログで

    当時33歳の時、全体的な運気の流れからは

    「カリスマ性を発揮出来る運気」でした。

    この運気は、2022年6月の誕生日で明けています。

     

    カリスマ性を発揮出来る運気に、実際にカリスマ性を発揮した場合

    自身としては、アフターフォローが大変です。

    この大変さの後押しをしているのが、〇〇星の存在でもあります。

     

    カリスマという

    本来の自分ではないレベルに達していたことに、本人が気付くか

    更には、今の通常モードになっている自分自身とどう向き合うか。

     

    自分に差している運気を知ることで、客観的な捉え方が出来ます。

    これは相手に関することも同じ。

     

     

    LiSAさんの「宿命中殺」については

    noteマガジン「宿命中殺に生まれ、宿命中殺を生きる」

    こちらに掲載しています。

     

    中川翔子さん「天中殺」で結婚となった要因のひとつに…

    メンバーシップ掲載記事は、当月のみ。後日マガジンにて販売。

    (価格は、メンバー様を優遇)

     

    あなたの知りたいことの価値は?

     

    LiSAさん 「宿命中殺」「 天将星」 今はカリスマ性を発揮出来る運気

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

    難産となりやすい宿命

     

    女性で難産になると言われる、宿命。

    人からは好かれやすいが

    子どもには、恵まれにくいと占います。

    (12月27日放送:NHKドキュメント72時間を観て)

     

     

    「子どもに恵まれにくい」

    この言葉の裏にあるモノ。

     

     

    算命学は、或る意味

    非情な占いでもあります。

     

     

    占いサイトからのご依頼の場合

    この命式のことはお伝えしていません。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

     

    何を、伝え残していきますか?

     

    「伝える」とは

    相手に話す・モノ作り・音楽・SNS

    次世代への継承など。

     

    これら以外にも

    道端のゴミを拾う姿

    電車内で席を譲る姿

    あふれる笑顔…

     

     

    目に留まった者に、ほんの僅かでも

    何かを感じさせたなら

    それは、伝えたことになると

    算命学では考えます。

     

     

    「自分は、今まで何を伝えてきたのか」

    といった思いに駆られる運気があり

    この運気は、誰しも回ってきます。

     

    ただ、この運気が回ってきても

    すべての者が同じように

    自分が伝えたいことに対して

    意識が向くとは限りません。

     

    理由は

    今の、運勢の状態によるから。

     

     

    子どもに・生徒たちに

    お客さんに・リスナーに

    見知らぬ人に・世の中に

     

    自分の思いが、確と伝わったか。

     

     

    表現者でなくても

    人が生きることは、伝えること。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

     

     

     

    鑑定の御案内

     

    鑑定結果は、ハッキリとお伝えしています。

    鑑定を受けたからといって、必ずしも良くなるのではありません。

    客観的な捉え方が必要です。

     

    ご自分の望む結果を受けたい思いの強い方

    慰めや励ましを求めている方には、添えません。

    熟慮の上、御依頼ください。

    御依頼の内容よっては、鑑定をお勧めしないことがあります。

    「新しい家族の形」と 子どもについて

     

    「新しい家族の形」

    という言葉を見て、書こうと思いました。

     

    子どもには

    親の持つ「気」が流れていきます。

     

    父親は男性。

    算命学では、そう考えます。

     

    仮に、ですが

    「自分は男ではない」という認識を持つ

    父親からの「気」が、子どもに流れたとして

    その子どもが大人になっていく。

    このことを算命学では、或る捉え方をします。

     

     

    多様性を受け入れて生きている人には

    算命学の考え方は

    今の時代にミスマッチで

    ナンセンスと思われるかもしれません。

     

     

    物事には、表と裏があり

    陰陽のバランスと言いますが

    多様性が、表とするならば

    この裏側に存在するモノについて

    もっと光を当てるべきと思い、取り上げました。

     

     

    いつか、何年先か知れませんが

    今回のテーマに関するデータが

    世の中に上がることを望んでいますが

    一度、うごめき出した風潮は

    黙々と、その流れを強めていくのでしょう。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

     

    占術編【子どもの持つ「気」が不安定になる親の相性】の見方

     

    夫婦間の年齢差・親子間の年齢差で起こりやすいこと

     

    ココナラ電話占い

    ココナラ宿命鑑定

    宿命鑑定 ベイス

     

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

     

    鑑定の御案内

    吉岡聖恵さん 子どもが生まれた時の運気を占う

     

    吉岡聖恵さん 1984年2月29日生まれ「午未天中殺」

     

    ~吉岡聖恵さんの宿命から 子どもが生まれた時の運気を鑑定~

    宿命から表れる全体的な運気があり

    この運気は、10年間ごとに回ってきます。

    これを「大運」といいます。

     

     

    吉岡さんの今の「大運」からは

    子育てにおける苦労

    それは、普通一般的な苦労を超える

    『相当な苦労』が強いられると占います。

    (現在の大運は、29歳から始まって10年間続く・2022年10月現在38歳)

     

     

    この苦労とは

    これまで自身が持っていた、子育てに対するイメージや

    子どもに対する感覚などが

    根底から覆されたような思いになる。

     

     

    子育てについて宿命からは

    これまでに、自分の見聞きしてきたことが活かせる

    そういった思いで子育てに望む人

    といったことが表れています。

     

    しかし、実際にそういった子育てに対するイメージは

    この運気では、全く通用しなくなると占います。

     

     

    この運気で起こることは

    子どもが生まれたことで

    自分の人生観が大きく変わる。

     

    ここでの人生観の変化とは

    吉岡さんの現状から見た時

    「この子のために、もっと仕事を頑張ろう」

    といったような、前向きな感じではなく

    「私自身、今までの生き方でよかったのだろうか?」と

    これまでの人生を考えさせられるような感覚になる

    と占います。

     

     

    子どもと向き合いながら、前に進むというより

    むしろ、立ち止まることの方が多くなると占います。

    これが、先に記述した『相当な苦労』です。

     

     

    この運気に子どもが生まれたということは

    親子関係が続いている間は

    上記のことが、ずっと当てはまります。

     

     

     

    これから結婚する人

    子育ての年代に向けて発信しています。

    知ることで、避けられる苦労があります。

     

     

    この運気に子どもが生まれた人(親)は

    子育てにおいて、求められるスタンスがあります。

    上記した子育てへの苦労については

    ブログなので、これでもマイルドな表記にしています。

     

     

    ~おまけ~

    吉岡聖恵さんは、結婚も上記の「大運」でした。

    結婚における苦労も

    より多くなると占います。

     

    39歳、年齢的に算命学としては

    超高齢出産と見ます。

     

    お子さん自身の生年月日が分からなくても

    占える事柄があります。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

     

    ※占術に関する質問は、御依頼として承ります。

     

     

     

    算命学相性占い鑑定・プレミアム版となります お二人の相性鑑定 結婚相性を占います