子どもに振り回される親

 

散歩をしていて

小学生低学年に見える男の子と、すれ違いました。

男の子は自転車に乗って

かなりのスピードで畑の周りを走っていました。

その近くには、母親と思われる女性がおり

一緒に自転車で走っていて

男の子の後を追っている感じに見えました。

 

すると、男の子は自転車を降りて

畑の周りを走り出しました。

母親は、座り込んで男の子を眺めていました。

 

こういう場面を眺めると

算命学のスイッチが入ることがあります。

 

 

もしも、男の子は「星の持つ」エネルギーが強くて

母親は「星の持つ」エネルギーが弱い、となると

「あの母親は、大変だなぁ」と。

 

 

このパターンの子育ては

母親が、子どもが小さい頃から

しっかりコントロール出来ていないと

後々、物凄く苦労すると占います。

 

 

子ども自身、「星の持つエネルギー」が強いのであれば

子どもが幼い頃から

見合う形でエネルギーを発散させることです。

 

そうでないと

親自身が、子どものエネルギー発散に

どこまでも付き合わなくてはなりません。

 

ー体力には、相当自信があるから大丈夫?

親の方が先に年を取りますよ。

 

 

今回、猛烈に走る男の子の話でしたが

カラダを動かすこと以外で

強いエネルギーを燃焼させる子どももいます。

 

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

母親と縁を絶ちたいが 母親と縁がある宿命

 

自分としては、母親との関係を切りたい。

でも、実際には母親との接点が多い。

 

今回は、本人の宿命から見た場合と

母親自身の宿命から見た場合で

いくつかの例を挙げます。

(タイトルから脱線するところアリ)

 

 

1・本人が母親と縁が無い宿命の場合

母親から離れたとしても

本人としては

いつまでも悲しみに暮れるとか

強い後悔の念に、囚われ続けることはないと占います。

 

 

2・本人が母親と縁がある宿命の場合

母親から離れても

事あるごとに、母親のことを思い出す

自分の方から、再び連絡を取るなどといった行為に出ると占います。

(母親に対し、負の感情を抱いていたとしても)

 

 

3・母親自身が子どもと縁が無い宿命の場合

子どもに干渉しすぎることは

母親自身の宿命の未消化と捉え

運勢が下降すると占います。

 

親としては、良かれと思ってすることは(過干渉でなくても)

子ども自身の運勢にとっても、望ましくないと占います。

(子どもに対して、親が果たす義務は別です)

 

 

4・母親自身が子どもと縁がある宿命だが、子ども自身は母親と縁がない宿命の場合

もし、子ども自身が親離れ出来ていない場合

親子間でのすれ違い・ボタンの掛け違いが

非常に多く現れると占います。

このパターンは、かなり悩ましい状況を招く可能性が高いと占います。

 

 

自分から見て、相手との縁がある。

でも、相手から見ると縁が無い。

こういうことは、家族間であること。

稀有なことではありません。

 

今回は、「母親」で取り上げましたが

父親でも当てはまります。

 

 

親子という、最も近い関係だからこそ

現実的に避けられないことが生じてきます。

 

 

片方から見た場合に、縁があるけど

片方から見た場合、縁が無い。

これらは、親子間での摩擦となり

ひいては、非常に厄介な問題を引き起こす要因になると占います。

 

このことを重くさせないためには

互いの関係性を客観的に捉え

少しでも摩擦を強くしないよう、努力をすること。

 

親子鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

 

今回のテーマ

【母親と縁を絶ちたいが 母親と縁がある宿命】

もし、自分が「母親と縁がある宿命」を持って生まれたならば

母親との縁を絶つためには

精神面・現実面において

物凄く苦労を強いられること。

 

 

母親と縁がある宿命とは

実際に母親との関係性を育むことが宿命からの姿。

しかしながら、現実的には

叶わない環境に身を置く場合もあります。

 

宿命からの姿と、実像とのズレが生じた場合

このことを、多少カバー出来る生き方がありますが

それは、あくまでも「多少のカバー」であること。

 

「自分の持つ宿命からの姿を生きられる」

この環境が整うことも

これはこれでまた、大変なことなのです。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

 

占術編【子どもの持つ「気」が不安定になる親の相性の見方】

占術編「両親に関することが 自分の家庭運にダイレクトに作用する宿命の見方」

夫婦の不仲が、子どもの○○に影響を与えるとは

 

きょうだいの有無について

過保護な父と母・厳しすぎる父と母 それぞれが子どもに与える影響とは

「はかせちゃん」にならない方がいい宿命

 

子どもが、何かに夢中になる。

このことが、子ども自身の宿命によっては

大人になってから

大変、苦労すると占います。

 

 

例えば

幼い頃から、歴史に強い興味を示し

実際に、深い知識も得たとします。

 

しかし、大人になってから

あれだけ興味があったことなのに

そのモノに対する価値観が変わってしまう。

そういった可能性が高い宿命。

 

このことが本人としては

長く、生き辛さを抱えていくと占います。

 

子どもの頃に受けたインパクトが

かえって、大人になって邪魔になる…

 

 

 

普通一般的に良いとされることが

その人の宿命にとって、望ましいとは限らない。

算命学の基本的な捉え方です。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

 

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

「天将星」は、既に子どもの頃から「天将星」

 

「天将星」とは、最大のエネルギーを持つ星。

この星を持つ

3歳4歳、10代前半の子どもを持つ親からの相談を受けます。

親御さんは、みな口を揃えて

「子どもに振り回されている」とのこと。

 

 

「まだ3歳で、そうなのか?」と思われた方。

性格の強さ・気質は

2歳でも十分に現れます。

 

 

特に、親の方が子どもよりも

「星の持つエネルギー」が弱い場合

親の方が、子ども自身の持つエネルギーに

敵わないと占います。

 

 

実際に、敵わないとどうなるのか?

子どもの言うことを聞いてしまう。

つまり、親が子どもと真正面から向き合うことを諦める。

 

子どもの言うことを受け入れた方が

親としては、その場はラクですから…

 

ただ、こういうことが繰り返されると

或る程度、先が見えてくるかもしれません。

 

 

 

生まれた時から

「天将星」は、「天将星」。

(天将星に限ったことではなくて)

 

 

幼い頃から

「天将星」としての生き方は、始まっていて

この手助けをするのも、足を引っ張るのも

親しだい。

 

 

特に、親が高齢になってからの子どもや

なかなか授からなくて、ようやく授かった子どもが

「天将星」を持つ場合

上記のことは、相当強まると占います。

 

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

子どもの持つ宿命で 難しい宿命

 

ここでの「難しい宿命」とは

その子ども自身が、自分の宿命を消化するには

かなりの苦労が強いられる

という意味です。

 

 

実際の鑑定で

そのお子さんの年齢的は、まだまだ子どもですが

親御さんとしては

相当に手を焼くと占います。

 

 

どういう星が表れているのかは、控えますが

この宿命を持つお子さんの親になることは

とても大変であると占います。

(両親の宿命を見ずとも、判断出来ることがある)

 

 

宿命を持つ本人も大変ですが

親となる者は、それ以上に大変です。

 

 

 

算命学では、子育てに関して

「或る考え方」があります。

 

 

それは、親として果たすべき役割。

 

子どもが子ども時分に

どう過ごすことが望ましいのか

親として、どう過ごさせることが望ましいのか、等。

 

 

 

算命学の持つ考え方は

今の世相からすると

ミスマッチと言われることも多々あります。

 

 

子育てにも

リミットがあること。

 

 

子どもは、親次第。

祖父母や学校、地域は

親の先に存在するモノです。

 

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

 

 

夫の転勤・妻と子どもから見た場合

 

例えば

「夫の転勤は無い方がいい」と思っている妻。

しかし、妻の宿命が次に当てはまる者は

夫の転勤に帯同することで

宿命からの姿を活かす生き方になると占います。

 

・星の持つ根が無い

「木の根っこ」と同じ考え方で

「星の持つ根っこ」が無い宿命の者は

その土地に縛られない生き方が望ましい。

 

 

・「生月中殺」を持つ者

自分にとって、空間が有って無いような宿命であることから

住まう場所を変えることに対して、抵抗を見せない方が望ましい。

 

 

・結婚した時の運気の作用

結婚・入籍した当時の運気によっては

夫に合わせる生き方が求められる。

(他にもあるが割愛)

 

 

 

一般的には、転勤は無いか

少ない方がいいとされるかもしれませんが

宿命によっては、転勤で住まいや場所が変わることで

宿命からの姿を活かす生き方に繋がることも…

 

 

ただ、子ども自身の宿命が

「星の持つ根っこ」があるとか

更には、根がしっかりしていると

転校に対して、強い抵抗を見せると予想します。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

ブログ更新のお知らせは noteから発信しています。

 

 

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

 

お問い合わせ・個人鑑定はこちら

     

    スーパーマーケットで泣き叫ぶ子ども

     

    今日、スーパーで泣いている子がいました。

    2歳くらいの女の子。

     

     

    カートに乗るのがイヤなのか

    ずっと泣いたままその場から動かない様子。

     

    母親が戻って話しかけても、聞き入れることなく

    周囲、響き渡るくらいに泣いていました。

     

     

     

    ~算命学の予想~

    子ども自身が「星の持つエネルギー」が強い場合

    いつまでも泣き止まない可能性大と占います。

     

     

    特に、「天将星」を持つ子どもは

    声が枯れるまで泣き続けることも…

     

    そう、既に子どもの頃から

    大量のエネルギーを使っているのです。

     

     

    次に、母親が「星の持つエネルギー」が弱い場合

    大変でしょうね。。。

    母親は、子育てに非常に苦労すると占います。

     

     

    子ども自身の持つ「星のエネルギー」の強弱に関係なく

    過保護は

    よろしくないと算命学では考えます。

     

     

    過保護に育てることは

    子ども自身が抱えるかもしれない問題の先送りであり

    更には…

     

     

     

    過去の鑑定でも

    親の過保護が原因と思われる依頼があります。

     

    この場合

    ほぼ、取り返しがつかないと思ってもらった方が…

     

     

    いくら子どもが泣いていても

    ダメなモノはダメと、言い聞かせる。

    子育ては、戦いでもあります。

    戦いに有利なのは、気力・体力がある年代。

     

     

    スーパーやショッピングモールで、泣き叫ぶ子どもがいたら

    「親は、いつまで子どもを泣かせているの?」ではなく

    【戦っている親】を、温かい目で見守ってほしいと思います。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

     

    夫婦間の年齢差・親子間の年齢差で起こりやすいこととは

     

    親の会社を継ぐ

     

    親の会社を継ぐ際に

    本人の運気が重要ですが

    同時に

    親自身の宿命及び運気の状態も重要です。

     

    例えば、親自身の今の運気が

    「天中殺」や「大運天中殺」などといった場合

    様々な留意点が出てきます。

    (留意点と表記したが、色々とむつかしいところアリ)

     

     

    更には、親自身の宿命そのものが

    子どもに継がせること自体に、無理がないか。

    同時に、継ぐ子ども自身の宿命に無理がないか。

    これら両面から鑑定する必要があります。

     

     

    これまでのご依頼から言うと

    親もしくは子ども・親子共に表れていました。

    それは、現在の運気の問題であったり

    宿命から表れている無理、といったことです。

    不思議なモノで

    ダメなところには

    更に、ダメなモノが隠れている…

     

    大運天中殺鑑定

     

     

    今回の内容に当てはまるのが

    大塚家具のお家騒動。

    先代社長の大塚勝久氏と

    社長を継いだ、娘の久美子さん

    ザックリいうと、親子共に問題アリでした。

    お家騒動とまで至り

    事業は、ほぼ全て失敗することに。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    保護犬・猫の活動をされている方のリンクをシェアします。

    サイトはこちら

    note有料記事

    龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

    龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

    スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

     

    鑑定の御案内

    ココナラ宿命鑑定

    宿命鑑定 ベイス

     

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

     

     

    ブログをお読みくださりありがとうございます。

    このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE

     

     

    有名人よりも気になる宿命

     

    私が気になる宿命の話。

    チェックしているブロガーさんの記事を読んでいて

    「今日で、〇〇歳になりました」とか

    「明日は娘の誕生日」を目にすると、本人の命式を見ることがあります。

     

    今回は、ブロガーさんの娘さんの宿命を鑑定。

    こちらのブロガーさんは、個人で動物保護活動をしている女性。(主に犬)

    (アメーバブログでランキング上位に入る)

     

    先日、娘さんのお誕生日で記事をアップ。

    娘さん 2008年1月22日生まれ「子丑天中殺」

    「宿命中殺」が存在する宿命。

    (宿命中殺とは、もともと表れている星が不自然な状態)

     

    「宿命中殺」の作用が母親にも表れています。

    娘さんから見た場合に、母親との縁が薄くなります。

    母親に対しては、理解出来ないところが多くなること。

    つまり、母親の動物保護活動に対して、心からの理解は出来ない。

    理解しようとしたとてしても、結局のところ理解出来ない。といった解釈をします。

    (ここでの理解とは、一般常識や頭での理解ではなく、心からの理解という意)

     

    子ども自身の持つ宿命から見たときに

    親として、自分の生きざまを理解してもらえることに、最初から限界がある。

    宿命よっては、親に真っ向から反対してくるといった星もあります。

     

    子どもさんの宿命を見ると

    また違った角度からご本人のこと・親子関係が見えてきます。

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    保護犬・猫の活動をされている方のリンクをシェアします。

    サイトはこちら

     

     

    「守備本能」の発揮は 既に子どもの頃から

     

    或る時、街中を歩いていると

    私のすぐ目の前を、4歳くらいの女の子が

    補助付きの自転車に乗り、長い坂道を下り始めていました。

    その子の母親は、少し先を歩いていて

    二人の間隔は徐々に開いていき、10mくらいになっていました。

     

    女の子は、下り坂に慣れていないせいか

    ほどなく自転車を降りてしまい

    片手はハンドルを持ち、もう片手はカゴを押さえていて

    かなり慎重な感じに見えました。

    私は何となく気になり

    「大丈夫?手伝おうか?」と、声を掛けましたが

    「自分でやるからいい」と、即答されました。

     

    そのハッキリとした口調を耳にして

    『この子は、守備本能を発揮しているな』

    『もしかしたら、守備本能が強い子なのかな?』

    と思いつつ、その場を後にしました。

     

    人は、生まれながらに五つの本能を備えていると算命学では考えます。

    その中の一つが「守備本能」で

    自分のことは自分で守る・行うという本能。

    この本能は、誰しも持っています。

     

     

    常に、守られている環境にいれば

    当然、自分から守る必要はなくなります。

     

    安心安全が望ましいのは、当たり前のことですが

    宿命から「守備本能」が表れている者で

    「守備本能」が中心星となっている

    「守備本能」が重要な星となっている者が

    常に、ほぼ守られている状況であることは

    本人にとって、宿命の消化の妨げとなります。

     

    自転車を慣れない格好で押していた女の子の姿は

    十分に「守備本能」を発揮している姿です。

     

    子どもは自我が芽生える頃になると

    何でも自分でしたがるようになります。

    この気持ちを親が摘み取り過ぎないこと。

    その子どもの宿命によっては

    大いに自分でさせた方が良い場合があります。

     

    但し、付け加えたいことがあります。

    ー私が子どもを生んだ時、言われた祖母からの言葉。

    「子どものヤケドは、親の責任だよ」と、何度となく言われました。

    子どもに自分でさせることと

    それを親がキチンと見ていないことは、違うと思います。

     

    個々の宿命に関係なく

    子どもの頃に「守備本能」の発揮が足りないと

    大人になってからも、他力本願な人になると占います。

     

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

     

    note 子どもの習い事について

    note 夫が主夫・女が年上について

    note お子さんがいる場合の離婚・再婚について

     

    鑑定の御案内

    宿命鑑定 ベイス

    大運天中殺鑑定

     

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

     

     

    ブログが、あなたにとって何かのきっかけとなればと綴っています。

    保護猫活動にも使わせて頂きます。ご支援をお願いいたします。

    OFUSE

     

    個人鑑定はこちら