伝えることに どう向き合っていけばいいのか

 

伝えたいという思いを

算命学では「伝達本能」と捉えます。

 

「伝達本能」とは

誰もが本能として持っています。

 

ただ、宿命に「伝達本能の星」が表れている者と

そうでない者がいます。

 

説明の都合上、この両者を比較すると

「伝達本能の星」が表れている者の方が

表れていない者よりも

伝達がスムーズにいきやすい。

 

表れていないことが、劣っているのではなく

伝達することに多くの努力が必要。

 

更に、努力の仕方は

自分の宿命からの姿に見合うやり方が望ましい

と考えます。

 

一つ例を挙げると

【伝達本能の星が表れない宿命だが

自分の経験したことをベースに伝達をする】

これって、誰にも当てはまると思うかもしれませんが

こういった宿命の者が

しっかり経験を積み重ねてきた上での伝達は

相手に対して、確と伝わります。

 

言い換えると、この宿命でありながら

対した経験もない者から発せられる言葉は

どこか、薄っぺらさを感じられる…

 

 

言葉で言うのは、容易いですが

宿命からの姿を活かすことのむつかしさが、そこにあります。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

鑑定の御案内

日頃から自分の運を大切に… note 運勢を下げない生き方とは