藤原弘治氏 みずほ銀行頭取 宿命中殺

 

藤原弘治氏 1961年6月29日生まれ「午未天中殺」

 

「宿命中殺」が存在する宿命です。

「宿命中殺」には、いくつかの種類がありますが

藤原氏の「宿命中殺」には、改革といった意味合いがあります。

 

企業や組織の改革には、手腕を発揮出来る「宿命中殺」です。

言い換えると、企業にとって大きな改革が迫られていることで

こういった「宿命中殺」を持つ者が、重要ポストに就くとも言えます。

 

2月28日のシステム障害から言えるのは

必要な改善がなされていないことは、周知のことですが

1つ目の着目点は、当日は藤原氏の「天中殺の日」であったことです。

2月28日の日運は丁未日。(午未天中殺)

丁は藤原氏にとって「財を示す星」です。

銀行で扱うモノはお金=財。

単純に言うと、お金の取り扱いの弱点が露呈した。

ニュースでは、全国の約80パーセントのATMが利用出来ないという

稀にみる大規模な事態に至ったことも、「天中殺日」と切り離せないところがあります。

「天中殺」の運気というのは、異常性を運んできます。

日ごとの「天中殺」も侮れないところがあります。

★3月11日も「天中殺日」戊午日→海外送金のトラブルとのこと

 

2つ目の着目点は

藤原氏の全体的な運気である大運からは

「社会を示す星」に、衝撃が表れていることです。

大運で回る星と「社会を示す星」の激しいぶつかり合いを意味します。

このことが衝撃的な出来事を招くおそれがあると占います。

 

藤原氏の今の大運からは、虚像になれる状態が表れています。

このことが意味することを2つ挙げますと

・問題解決などに力を発揮出来る

・相手や物事に対して気楽に考えすぎる

 

虚像になれる宿命

 

こういった問題は、まずは企業のトップの宿命から鑑定します。

藤原氏の「宿命中殺」は、もともと「財を示す星」にも作用が表れています。

今回の件からも鑑みると

今後、システム障害を改善するには、かなりの労力と資金が掛かると占います。

 

月ごとの「天中殺」は、6月と7月。

まだ問題の根が残っている場合は、「天中殺月」に再び芽を出す可能性が高いと占います。

 

藤原氏と同じ「宿命中殺」を持つ者が、経営陣に多くいる場合

その企業を現状のまま存続させることは、むつかしいと占います。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

龍メイnote 遺産相続について

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

保護猫活動をしています。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    伊藤健太郎容疑者 活動開始は大運天中殺と天中殺 現在大運天中殺

     

    伊藤健太郎容疑者 1997年6月30日生まれ「辰巳天中殺」

    活動開始は「大運天中殺」と「天中殺」

    活動開始の2012年の運気からは

    「大運天中殺」と「天中殺」、いづれも不安定な運気です。

    「大運天中殺」は、9歳から始まって20年間。(2020年6月現在23歳)

     

    活動開始時期→物事が始まった時の運気を重要視します。

    当時の運気は今の活動を続けている間、ずっと作用すると考えるからです。

    「大運天中殺」や「天中殺」は、不安定な運気であると同時に

    ミラクルパワーが発揮される運気でもあります。

    このことが自分の実力を、遥かに越えていくことがあります。

    そういう状況を作り出してもおかしくない運気に、活動開始と捉えます。

     

     

    「大運天中殺」や「天中殺」というのは

    実気ではなく、虚気が自分に差している状態です。

    喩えると、目の前の現実に起こっていることであっても

    そのことが、自分にとっては「有って無いような状態」を意味します。

    つまり、調子に乗ると足元を掬われるということです。

     

    このことを裏付けているのが

    ・今年の運気からは「守護神の星」が回っていること

    このため、自分にとって必要なストップが掛かったと捉えます。

    ・事故を起こした日運は「甲辰日」

    「甲辰」は、今の「大運天中殺」で回っている干支です。

    (今の「大運天中殺」は、19歳から始まって10年間続く→29歳に明ける)

     

    このことが意味するのは

    宿命から見て、甲は自分にとっての「未来を示す星」・辰は「天中殺」

    つまり、「未来を示す星」が「天中殺」の不安定な作用を受けていること

     

    今回の事件を起こしたことで

    『未来のことを考え直した方がいい』

    ハッキリ申してしまうと『未来は危うい』と占います。

    (ここまで言うのは、宿命が抱えるむつかしさも加味しているため 下記参照)

    「大運天中殺」や「天中殺」で起こした問題は、なかなか払拭することが困難です。

    よって、本人が思っている以上に周囲はざわつきを見せること

    今後、問題は大きく広がりを見せると占います。

     

    最初に回ってくる運気の状態が示すこと

    大運(10年間続く運気)からは、或る特徴が表れています。

    一番最初に回ってくる「大運」が「大運天中殺」であること。

    一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といって

    誰しも人生の中で最も影響を受ける運気であり

    人生の基礎や土台が形成される運気です。

     

    この「初旬」が「大運天中殺」である宿命です。

    人生の基礎が形成される期間に「大運天中殺」が回る宿命の者は

    多くを求めすぎるほどに、望まない方向へ引っ張られる力がより強く働くと占います。

     

    「初旬」に「大運天中殺」が回る宿命の者は

    自分の意識の持ち方がとても重要です。

    「大運天中殺」に加え、活動開始が15歳と若かったこと

    デビューしてから間もなくブレイクしたことも、本人に甘さを与えたことになると思います。

     

    同じく初旬が「大運天中殺」を持つ宿命(一部)

    あいみょんさんヒカキンさん・岡村隆史さん・堀ちえみさん・浅野忠信さん・渋野日向子選手・宮里藍さんなど

     

    「大運天中殺」が回るかどうかを鑑定します

     

    宿命から表れているむつかしさ

    占術的な説明が入りますが、「従生財格一点破格」です。

    格を持っている宿命ではありますが

    破格であることと、守護神が弱いことなどからは

    中々、むつかしい宿命かと思います。

    (むつかしさを抱える宿命の者は、そのことをどのように消化していったらいいのかについては、ブログ上では控えます)

     

    宿命から抱えるむつかしさを消化していないことの結果も

    今回の事件に繋がったと算命学では考えます。

    人気のあることが、役者として評価されていることが

    自分の宿命からの姿と合致しているとは限りません。

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

    ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


    龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

    龍メイnote 算命学が考えるお墓について

    スタンドエフエム始めました #宿命にも松竹梅がある

    鑑定の御案内

    算命学お悩み相談

    子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

    算命学相性占い

    ココナラ電話占い

    ココナラ宿命鑑定

    宿命鑑定 ベイス

    天中殺鑑定

    大運天中殺鑑定

    NPO法人 犬と猫のためのライフボート

    NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

    ツイッター


    個人鑑定はこちら