清野菜名さん 宿命全中殺 偏りのある宿命 活動開始は天中殺

 

清野菜名さん 1994年10月14日生まれ「申酉天中殺」

 

「宿命全中殺」である宿命

宿命から表れている星すべてが、中殺されている宿命です。

星が中殺されることで、星本来の持つ質がストレートに現れないこと→

星に異常性が出ると捉えます。

 

この異常性と、自分自身どう向き合っていくか。

生涯において求められる生き方があります。

ザックリいうと、ままならないことを多く抱えることになる宿命。

イレギュラーなことが、当たり前のように多く起こります。

これらのことを受け入れることです。

(他にもあります)

 

「宿命全中殺」を持つ者は

生き方そのものに、むつかしさが伴うこと。

宿命の消化には、大変苦労を伴うと占います。

宿命を消化していることイコール、成功とは限りません。

 

「宿命中殺」の中で、最も消化が大変なのが「宿命全中殺」。

そう容易いことではありません。

 

横澤夏子さん 宿命全中殺 初旬が大運天中殺 天将星アリ

 

表れる星が中殺されていることを、人物に当てはめると

両親・きょうだい・友人・仲間・目上・目下・子ども・パートナーなど

自分にとって、縁が薄い人物と捉えます。

—————————————————————————

実際に「宿命中殺」を持つ依頼者様の鑑定をしていて思うのは

「宿命中殺」であることを、ご自身がどう受け止めるか。

このことが「宿命中殺」の消化が出来るか否かの、分かれ道ではないかと…

 

「宿命中殺」の消化は、或る年齢を越えてからでは遅いです。

(宿命中殺だけに言えることではありませんが)

 

特に「宿命中殺」に関しては、一般的に良しとされるようなことが

「宿命中殺」を持つ者にとっては、望ましくないという捉え方をするところがあります。

 

このように一般論が通用しない点についても

実際の鑑定で、受け止めるられるか否か

分かれる感がします。

—————————————————————————

偏りのある宿命

宿命から表れている星に偏りが見られます。

偏りとは、同じ種類の星ばかりが多く存在することです。

こういった宿命を「偏りのある宿命」といいます。

字のとおり、偏った生き方をすることで宿命は消化されます。

(偏りを、どう消化していくことが望ましいのかが重要)

 

活動開始は「天中殺」

当時の「天中殺」からは、「父親を示す星」が回っていました。

このため、自分の運勢を伸ばすためには、父親の運勢が必要になると占います。

「天中殺」で始めたことを継続する、更に結果を出していくことは

その犠牲となるモノが必要になってきます。

 

来年と再来年の運気

自分の宿命に見合わないモノを、捨てることに適している運気です。

捨てることで(切り離すことで)、新たなスタートが出来ると占います。

但し、やり方を間違えると、この運気は味方をしてくれません。

 

来年もしくは再来年に、子どもが生まれた場合

子どもの存在によって、自分自身を省みることが非常に多くなると占います。

ここでの省みるとは、同時に多くの苦労を伴うことにもなります。

自分にとって、どういう運気に子どもが生まれたのかを重要視します。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

 

濱口優さん 宿命中殺 子どもと縁が薄い宿命

野村萬斎さん 宿命中殺(生月中殺) 子どもとの関係

 

アフェリエイトに興味ある方へ バリューコマース

今から暑さ対策 梅エキス

 

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

 

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら