石田ゆり子さん 活動開始と事務所設立は天中殺 現在大運天中殺

 

石田ゆり子さん 1969年10月3日生まれ「寅卯天中殺」

 

活動開始は「天中殺」です。

「天中殺」は、不安定な運気を意味します。

当時の「天中殺」からは「夫を示す星」に近い星が回っていました。

夫運が犠牲になること、独身でいることで

今の仕事運が保たれる、更に結果を出せるという見方をします。

 

1999年「天中殺」に、個人事務所を妹の石田ひかりさんと設立。

社長は石田ゆり子さんです。

こちらは、過去の「天中殺」が、次の「天中殺」を呼ぶといったところで

こういった動きは、特に珍しいケースではありません。

 

今は「大運天中殺」といって、不安定な運気です。

「大運天中殺」は、42歳から始まって20年間続きます。

(2021年5月現在51歳)

石田さんの活躍からは、42歳から振り返ってみた時に

今のところ特に「大運天中殺」の作用を強く受けているとは思えませんが

来年と再来年の「天中殺」が、重要な意味を持つことになると占います。

 

来年と再来年の「天中殺」を無事に過ごせるかどうかが

「大運天中殺」の後半を占う際に、見逃せないところです。

来年と再来年の「天中殺」は、健康面に留意と占います。

 

「大運天中殺」の禍の身代わりとなってくれるのは、母親です。

母親の運勢が犠牲になることで

自分の「大運天中殺」での、運勢のダメージが軽減されると占う。

算命学では、或る意味で非情な見方をします。

 

「人生の目的を示す星」は、子どもです。

「守護神の星」も、子どもです。

宿命の消化には、子どもが必要であること。

そのためには、まず結婚なのですが

今の仕事を続けている間は、仕事と結婚の両方は取れないと占います。

 

実際に子どもがいない場合や、子どもを生み育てることが出来ない場合

これらの代わりとなるような、生き方があると考えます。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

「天中殺」で結婚をする理由とは 「天中殺」に見合う結婚生活とは?

 

~鑑定を検討されている方へ~

占い鑑定に対して、慰めや癒しを求めている方には添えません。

客観的な見方が必要となる鑑定です。

御依頼様の気付きへと繋がる鑑定を意識し、気持ちを向けております。

 

龍メイnote 「天中殺」の運気とコロナ禍について

女が「天将星」を持つということ

「天将星」を持つ女性が妻になると

算命学・お子さんがいる離婚再婚について

龍メイnote 結婚相手を見極める方法

 

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。OFUSE

 

個人鑑定はこちら