親から見た子どもが生まれた時の運気について

 

子どもが生まれた時


親である自分がどういう運気であったのか。


このことが自分や子育てに作用を及ぼすと考えます。


今回は二つの例を挙げてみます。



①  自分が「天中殺」の運気で生まれた子ども


親から見た場合に、自分にとって縁の薄い子どもとなります。


このため親としては


自分の子どもであっても、自分の子どもでないような育て方をすることです。


そして成人後は、なるべく早く手元から離すこと。


親元から離れても子ども自身が世の中に通用する人となるよう


子育ての段階から持っていくことです。




② 「自分を示す星」と正反対の星が回っている運気で生まれた子ども


親とは正反対の質→全く異なる質を持つ子どもと捉えます。


重要なことは、親が異なる質を理解して受け入れていくことです。


更に、この子どもが生まれて子育てをしていく中で


親自身の生き方や考え方を改める機会が非常に多くなります。



子育てに苦労は付きものですが


上記のケースは、より一層の苦労を伴います。


特に、親の思いが通じないとか


自分が子どもの頃の様子とは、まるで違うといったことに…



①と②の内容には更に続きがあります。


こちらは鑑定として承ります。



運を下げない生き方とは


運は上げることよりも、下げないことの方が大切


算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄



ベイス宿命鑑定  https://ryumeisanmei.thebase.in

ココナラ宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

大運天中殺が回るかどうかを鑑定 https://coconala.com/services/729026

電話鑑定  https://coconala.com/pservices/503254

NPO 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO 動物愛護を考える茨城県 CAPIN http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei





個人鑑定はこちら