女命から見た子どもの星について


女性の宿命から見た場合、「子どもを示す星」の表れ方として


次の見方について記述します。



1・子どもの星が表れる宿命


この場合、宿命からは子どもの人数が表れます。


例:子どもの星が二つ表れているとします。


実際に子どもが二人いる場合、自分の宿命からの姿と合致するととらえ


自分の宿命を消化している→運勢的に望ましいと考えます。


例:子どもの星が一つ表れているとします。


実際に子どもが三人いる場合

自分にとって縁のある子どもは一人と見ます。

(このことがよろしくないのではなく、消化していくことです)




例:子どもの星が二つ表れているとします。


実際に子どもがいない場合は、自分の宿命からの姿とは異なるととらえ


運勢的には望ましくないと考えます。


しかしながら、子どもがいないことでカバーできることがあります。


そのことを行うことが望ましいと考えます。



このことついて気になる方はこちら

子どもと縁がある宿命か・縁がない宿命かを鑑定します。





★ 子どもの星が表れている場合であっても

その星の状態も見ていく必要があります。


星が、安定している状態なのか・不安定な状態なのか。


そのことが子どもの成育面に作用を及ぼすと算命学では考えます。


こちらの鑑定は、個人鑑定にて承ります。





2・子どもの星は表れるが、「宿命中殺」の作用を受けている宿命


この場合、宿命からは子どもの人数が表れます。


但し、子どもの星が「宿命中殺」の作用を受けていることからは


自分から見た場合に、子どもとの縁は薄いととらえます。


(このことがよろしくないのではなく、消化していくことです)


子どもとの縁が薄い場合の子育ては、どういったことなのか。


気になる方はこちら


子どもと縁がある宿命か・縁がない宿命かを鑑定します。






3・子どもの星が表れない宿命


この場合、宿命から子どもの人数は表れません。


但し、このことが子どもが生まれる可能性が無いと申しているのではありません。



2と3は、確かに難しいところはあります。


具体的にどういったことに難しさがあるのかについて

ここでの記述は控えます。



子どもの星の詳細を知りたい方は、個人鑑定をお勧めします。

占いサイトからの鑑定は、サイトの規約があるため

算命学としての考え方・とらえ方などを

すべてお伝え出来ないところがあるからです。






結婚・入籍の運気の重要性について


二人それぞれ結婚した時の運気が


どういった運気であったのかも関係してきます。

例:結婚・入籍が「天中殺」で「子どもの星」が回っているケース。


この場合、子どもの星にダメージが及ぶ可能性が高くなると見ます。




知ることで回避出来ることがあると「算命学」では考えます。

但し、子どもの星の鑑定については、熟慮なさることをお勧めしています。

 

★ 占術に関する質問はお受けしておりません。


運を下げない生き方とは
運は上げることよりも、下げないことの方が大切


算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です