マツコ・デラックスさん 活動開始は天中殺

マツコ・デラックスさん 1972年10月26生 


お詫びと訂正があります。

8月7日に マツコ・デラックスさん「大運天中殺」と掲載しましたが、「大運天中殺」ではなく「天中殺」でした。

訂正します。そのために一旦ブログを削除しました。あらためて鑑定結果を記載します。



宿命からの特徴

「自分を示す星」と「社会を示す星」が合致している状態で


星が更に大きく展開している姿となっています。


このことから、社会において大きな存在となり得る可能性を秘めていると捉えます。


自分の実力以上の力を発揮することが出来て

その存在感を世間に示すことも可能となります。


「自分を示す星」と「社会を示す星」が合致している宿命というのは

総じて自分自身が勘違いしやすいです。


自分が自分以外のモノに上手く変身が出来てしまうこと


更に、変身した姿が受け入れられると

かなりの大成功に繋がることがあるからです。


大切なのは

自分が自分以外の者に成っていることへの自覚

本来の「素の自分自身」に戻る時間を持つことです。

 


ウィキペディアによると

コラム・エッセイとしての活動時期は2002年からとなっています。


2002年の運気は「天中殺」という不安定な運気でした。


「天中殺」の持つ作用の一つとして
自分自身がどこか通常モードでなくなります。


当時2002年の「天中殺」からは
仕事運が大きく伸びる可能性が表れていることと
同時に「健康を示す星」が回っています。

(天中殺はその年に回る星によって、現れる作用が異なります)


このことが意味するのは

成功し続けるためには、健康運の犠牲が必要になるということです。


「天中殺」+「健康を示す星」が回るとは
健康面において異常性が出るおそれがあること


つまり、本人が不調であっても不調を感じないことがある→
体力的に無理が効いてしまうことがあるのです。

(マツコさんを見ていると、眼が充血(結膜下出血?)していることが多いので気になります。)


もともと肥満であることからも
健康面で心配されるところはあると思いますが。


痩せられないというのも
言い換えると自身の健康運を犠牲にしているから。

「算命学」ではそのように捉えるところです。


活動を始めた時期が「天中殺」であったことが
全てNGなのではありません。
重要なのは、心の持ち方・身の処し方です。


個人鑑定の方はこちら




ココナラ電話占い https://coconala.com/pservices/503254

宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

「大運天中殺」が回るかどうかを鑑定します https://coconala.com/services/729026

「天中殺」鑑定 https://coconala.com/services/700897

相性鑑定  https://coconala.com/services/500796

ベイス  https://ryumeisanmei.thebase.in

NPO法人 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN(キャピン) http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です