親との違和感(検索キーワードから)

 

当ブログ 検索キーワードから

【算命学 親との違和感】とあり、こちらについて取り上げます。

 

まず、考えられるのは「宿命中殺」が存在する宿命であること

両親もしくは、片親との縁が薄い宿命です。

「宿命中殺」以外にもありますが、今回は「宿命中殺」で記述します。

 

「宿命中殺」を持つことで、次のことが当てはまる場合があります。

・両親と縁が薄い

・父親と縁が薄い

・母親と縁が薄い

(これ以外にもあります)

 

縁が薄くなることによって、相手に対して違和感を覚えるといったことは、多いにあり得ます。

縁が薄い相手とは、相手と通じない部分があって当たり前。

通じないというよりも、感覚的に合わないと言った方が近いかもしれません。

 

例えば、両親と縁が薄い宿命を持つ者が

これまで両親との関係に、何ら問題がないまま過ごしてきて

大人になってからも両親との生活が続いているとします。

残念ながら、時すでに遅し…ですね。

 

「宿命中殺」の未消化というのは

運勢がダメージを受けるおそれがあると占います→ブログ上、控えめな表現。

(よりハッキリした鑑定をご希望であれば、ココナラやベイスよりも個人鑑定がよろしいかと存じます)

「生年中殺」を持つ宿命の者は なぜ生まれてくるのか

 

或る年齢を過ぎてからの「宿命中殺」の消化は、非常に困難になると占います。

算命学は、知ること・客観的に見ることに重きを置く占い鑑定です。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

note 子どもの習い事について

note 夫が主夫・女が年上について

note お子さんがいる場合の離婚・再婚について

 

鑑定の御案内

宿命鑑定 ベイス

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログが、あなたにとって何かのきっかけとなればと綴っています。

保護猫活動にも使わせて頂きます。ご支援をお願いいたします。

OFUSE

 

個人鑑定はこちら