福山雅治さん 天将星 宿命中殺が父親 妻 子どもの星に

 

福山雅治さん 1969年2月6日生まれ「寅卯天中殺」

 

「宿命中殺」が存在する宿命

「宿命中殺」とは、表れている星がもともと不自然な状態を意味します。

更に、自分から見て縁の薄い人物が存在することに…

父親・妻・子どもとの縁が薄くなると占います。

 

NHKファミリーヒストリーで、父親は福山さんが17歳の時に亡くなっているとのこと。(父親は53歳で他界)

父親との縁が薄い宿命を持つことと、無関係ではありません。

父親は福山さんの「天中殺」の年に亡くなっています。

これらのことが、福山さんの運勢を強く押し上げていったと占います。

 

生まれ育った場所から離れて生きていくべき宿命

「宿命中殺」が、「社会の場所」に表れています。

こういった宿命を持つ者は、生まれた場所から離れて生きていくことで

宿命が消化されます。

 

妻とも縁が薄い宿命

これを「妻中殺」の宿命といいます。

自分と妻の運勢が引っ張り合うことになることと

同時に、結婚運としてはよろしくないと占います。

結婚運が良くなくても、結婚は出来ます。

但し、結婚運がよろしくないことを消化しないと、結婚生活は続きません。

「妻中殺」を持つ者が妻運に恵まれると、夫の運勢は伸び悩むと占います。

良妻賢母がその人の宿命にとって良いかどうかは、本人の宿命によるところです。

 

来年と再来年は「天中殺」

「未来を示す星」が、ダメージを受けるおそれがあると占います。

(他にもありますが割愛します)

誰しもそうですが、「天中殺」は、自分の運勢の弱いところがクローズアップされます。

 

「天将星」と「妻中殺」の両方を持つこと

「天将星」といって、最大のエネルギーを持つ星が存在するため

自分が納得できなければ、かなり粘りを見せる人となります。

このことと「妻中殺」を持つことからは

妻に掛かる負荷は、相当重くなると占います。

 

その人の運勢を占う際に

身内の出来事に目をつぶることは出来ません。

これは算命学の定義です。

 

※今回のブログに限らず

記述している内容と、自分や家族の命式に共通点があるからといって

そのまま解釈することはお勧め出来ません。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら