藤原弘治氏 みずほ銀行頭取 宿命中殺

 

藤原弘治氏 1961年6月29日生まれ「午未天中殺」

 

「宿命中殺」が存在する宿命です。

「宿命中殺」には、いくつかの種類がありますが

藤原氏の「宿命中殺」には、改革といった意味合いがあります。

 

企業や組織の改革には、手腕を発揮出来る「宿命中殺」です。

言い換えると、企業にとって大きな改革が迫られていることで

こういった「宿命中殺」を持つ者が、重要ポストに就くとも言えます。

 

2月28日のシステム障害から言えるのは

必要な改善がなされていないことは、周知のことですが

1つ目の着目点は、当日は藤原氏の「天中殺の日」であったことです。

2月28日の日運は丁未日。(午未天中殺)

丁は藤原氏にとって「財を示す星」です。

銀行で扱うモノはお金=財。

単純に言うと、お金の取り扱いの弱点が露呈した。

ニュースでは、全国の約80パーセントのATMが利用出来ないという

稀にみる大規模な事態に至ったことも、「天中殺日」と切り離せないところがあります。

「天中殺」の運気というのは、異常性を運んできます。

日ごとの「天中殺」も侮れないところがあります。

★3月11日も「天中殺日」戊午日→海外送金のトラブルとのこと

 

2つ目の着目点は

藤原氏の全体的な運気である大運からは

「社会を示す星」に、衝撃が表れていることです。

大運で回る星と「社会を示す星」の激しいぶつかり合いを意味します。

このことが衝撃的な出来事を招くおそれがあると占います。

 

藤原氏の今の大運からは、虚像になれる状態が表れています。

このことが意味することを2つ挙げますと

・問題解決などに力を発揮出来る

・相手や物事に対して気楽に考えすぎる

 

虚像になれる宿命

 

こういった問題は、まずは企業のトップの宿命から鑑定します。

藤原氏の「宿命中殺」は、もともと「財を示す星」にも作用が表れています。

今回の件からも鑑みると

今後、システム障害を改善するには、かなりの労力と資金が掛かると占います。

 

月ごとの「天中殺」は、6月と7月。

まだ問題の根が残っている場合は、「天中殺月」に再び芽を出す可能性が高いと占います。

 

藤原氏と同じ「宿命中殺」を持つ者が、経営陣に多くいる場合

その企業を現状のまま存続させることは、むつかしいと占います。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

スタンドエフエム始めました 宿命にも松竹梅がある

龍メイnote 遺産相続について

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログがあなたの何かのきっかけとなれば幸いです。

保護猫活動をしています。 OFUSE


個人鑑定はこちら