N国 立花氏と丸山穂高氏 ふたりの縁を引き寄せたモノは


立花孝志氏 1967年8月15日生  丸山穂高氏 1984年1月10日生


ふたり共に「天将星」の宿命であること


「天将星」とは、字の通り将軍・トップ・リーダーを意味する星です。


星の持つエネルギーとしては、最大のエネルギーを有する星です。


「天将星」が存在することで

全ての事を自分の思うように進めたいという思いが非常に強くなります。


同じ組織に「天将星」が二人存在することでは

組織としてまとまりずらいところが出てきます。


両者共に「自分が偉い」という認識が強いからです。



今後、丸山氏としては負けじと、主導権を握ろうとするのではないかと予想します。


丸山氏は「天将星」に加えて、星が大きく展開している姿となっています。


こういった宿命の場合、より自分が大きく成りたいという意識が強くなるからです。


ただ、実際に大物になっていなくても

置かれた環境や立場によっては、自分は大物だという勘違いをすることも出てきます。





ふたり共に議員就任は「天中殺」「大運天中殺」の運気


「算命学」では、仕事に就いた時の運気を重要視します。


「天中殺」「大運天中殺」とは、不安定な運気です。


「天中殺」「大運天中殺」で議員になれたことは、自分の実力ではないと見ます。


こういった意識を持っているかどうかが、その後に大きく影響してきます。


既に丸山氏の場合は、問題となって現れましたが・・・




立花氏はカリスマ性を発揮出来る運気でもある


43歳から63歳になるまでは「大運天中殺」という不安定な運気です。(現在51歳)


更に、強いカリスマ性を発揮することが可能な運気とも重なります。


このことが自分自身の勘違いをより一層大きくさせることになります。





ふたりの縁を引き寄せたモノは


立花氏の宿命から見た場合に、丸山氏を手繰り寄せる力が働いたことが表れています。


更に、ふたりの縁を引き寄せた要因は

・共に「天将星」を有すること

・立花氏は「大運天中殺」で、丸山氏は「天中殺」で議員に就任したこと。


類は友を呼ぶ。


「算命学」では、星が星を呼ぶ。


「大運天中殺」で当たった者が、「天中殺」で当たった者を呼ぶのです。





丸山氏が立花氏の「大運天中殺」の陰になることも


立花氏の「大運天中殺」は、子ども・目下・部下中殺です。


このことは、目下の運勢を犠牲にすることで、自分の運勢が救われることを意味します。


「大運天中殺」で自分の運勢を保つためには、陰となるモノが必要だからです。


このことを丸山氏から見ると

立花氏のいつ壊れてもおかしくない傘の下に入ったことになります。

 


立花氏の議員当選が「大運天中殺」であることと、「天将星」を持つことが


より相手に与える運勢的ダメージを大きくさせる要因ともなり得ます。


そういう傘に入っていくことも

丸山氏本人の運勢の弱さ・宿命の未消化が引き寄せているモノなのですが…


身近な人の運勢が陰(犠牲)となってくれていることで、自分の壊れているはずの傘で濡れず済むことがあります。

この反対も然りです


※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote

鑑定の御案内

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 


個人鑑定はこちら

    丸山穂高氏 星が陰転


    丸山穂高氏 1984年1月10日生


    前回の追記


    体調不良により、衆議院議員運営員会の聴取を欠席するとのこと。


    これは宿命から表れている「天将星」から考えると、完全に逃げに入ったと見ます。


    「天将星」の持つ本来の質が発揮されると

    非常に我慢強く、現実面の苦労には相当に耐えられる星です。

    (天将星とは、最大のエネルギーを有する星であり、リーダーやトップと成れるような器を持つ星です。)



    しかしながら、星が陰転することで(星が消化されないことで)

    我慢が出来ないどころか、保身のためだけにもともと備わっている強いエネルギーを使う

    といったことをします。


    おそらく、そうカンタンには表に出てこないと思われます。


    今、月の運気で「天中殺」であることからは

    受け身でいること・認めるところは認めることが、自分の運勢にとって望ましいです。


    運勢を下げることはカンタンです。

    しかしながら、一旦下がった運勢を上げるのは容易なことではありません。



    ★自分の宿命の見方 算命学 宿命 で検索するとヒットします。



    運を下げない生き方とは

    運は上げることよりも、下げないことの方が大切


    算命学・結婚における重要な事柄

    生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄



    ベイス宿命鑑定  https://ryumeisanmei.thebase.in

    ココナラ宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

    電話鑑定  https://coconala.com/pservices/503254

    NPO 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

    NPO 動物愛護を考える茨城県 CAPIN http://www.capinew.jp/

    ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei





    個人鑑定はこちら 宿命鑑定5000円~

       

      丸山穂高氏 名誉を示す星なし 天将星あり 天中殺で議員に


      丸山穂高氏 1984年1月10日生


      宿命からは「名誉を示す星」が存在しない


      このことがよろしくないのではありません。


      「名誉を示す星」が存在しない場合、実際に名誉や地位を得ると

      自分の立場を理解出来ていない行動を取ることがあります。


      宿命にない星を活かしていくことは、大変なことなのです。


      「名誉を示す星」が存在しない宿命の者は

      地位や名誉に対する理解を、自身でより深めることが必要となります。




      「天将星」の宿命であること

      「天将星」とは、字の通り将軍・トップ・リーダーを意味する星です。


      星の持つエネルギーとしては、最大のエネルギーを有する星です。


      「天将星」が存在することで、自分の思うように事を進めたい思いが強くなります。


      今回の騒動で、丸山穂高氏は「私が辞めるわけにはいかない」とのこと。


      その意思の強さや、執着心の強さという点からは

      「天将星」の宿命から鑑みると、よく解かります。


      「天将星」は、事態が大事になりやすい特徴があります。


      「天将星」を持つことと、次に述べた「天中殺」の運気との絡みが

      丸山穂高氏が起こした事態をより大きくさせているとも捉えます。




      現職に就いたのは「天中殺」の運気

      「算命学」では、仕事に就いた時の運気を重要視します。


      「天中殺」とは、不安定な運気です。


      「天中殺」で就いた仕事であることから

      その仕事をさせてもらっているという謙虚な姿勢が求められます。


      自分の実力でその仕事に就いたなどと調子に乗っていると、途端に足元を掬われます。




      先月と今月は月運でも「天中殺」の運気

      1年間のうち2か月間は、誰しも「天中殺」の月が回ってきます。


      丸山穂高氏は、4月と5月が「天中殺」の月です。


      今回の「天中殺」の月運からは、「仕事を示す星」が回っています。


      「仕事を示す星」とは、「名誉を示す星」でもあります。


      これは非常に分かりやすい例で

      今の仕事に就いたのが「天中殺」であり、今回の騒動も「天中殺」の月であることは


      「すんなり辞めた方がいい」と、運気の状態が示唆していると見ます。


      辞めると言っても、辞め方が大事です。


      現実を受け入れ、流れに逆らわない方が良い辞め方となります。


      絶対辞めない・諦めないと言い、周りを固められしぶしぶ辞めることは

      自分で自分の運勢を汚すことになると捉えます。


      「天中殺」の運気で自分から手を挙げて始めるというのは

      無欲でいないと、いづれ無理が生じてきます。


      だからこそ「天中殺」は、むつかしいのです。


      「天中殺」の運気が絡んでいることと「天将星」を持つことからは

      本人が調子に乗ってしまうと、手が付けられない状態となります。





      運を下げない生き方とは

      運は上げることよりも、下げないことの方が大切


      算命学・結婚における重要な事柄

      生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄



      ベイス宿命鑑定  https://ryumeisanmei.thebase.in

      ココナラ宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

      「大運天中殺」が回るかどうかを鑑定します https://coconala.com/services/729026

      電話鑑定  https://coconala.com/pservices/503254

      NPO 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

      NPO 動物愛護を考える茨城県 CAPIN http://www.capinew.jp/

      ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei





      個人鑑定はこちら 宿命鑑定5000円~




         

         

        文在寅氏



        文在寅氏 1953年1月24日生まれ


        現在の運気は「天中殺」


        申酉天中殺:2016年2月節分から2018年2月節分まで


        「天中殺」とは、誰しも12年間のうち2年間回る不安定な運気です。


        運気としては、メンテナンス中のような状態です。


        このため本人の手腕・努力に関係なく

        実力を発揮することは相当むつかしいと思われます。


        「天中殺」の運気でその職位や地位に就くことは

        本人の実力ではないと見るため


        そういった意味ではミラクル的な力が働いたと考えます。



        更に、全体的な運気の流れからは、今後このことをより強めることが表れています。


        それは64歳から始まって20年間続く運気が「大運天中殺」となっていることです。

        (2017年1月24日で64歳)


        「大運天中殺」も、運気としてはメンテナンス中です。


        「大運天中殺」での就任は、前大統領朴槿恵氏と同じです。


        このことだけを見ても韓国という国そのものが

        如何に軌道修正がむつかしくなってきているか、ということです。

         

         

        算命学・あなたの宿命からの姿を鑑定します 持って生まれた宿命を活かすことが、運勢をしっかりさせます。





        今回の「天中殺」の詳細について


        文在寅氏にとって、伝達・未来・子供・目下・自身の健康を示す星が回っており

        その星が「天中殺」の状態となっています。


        「天中殺」の作用を受けることで

        伝達・未来・子供・目下・カラダ・健康といったことに異常性が出やすくなると見ます。


        このことから、特に伝達については、自分の意思をしっかりと伝えること。


        言葉遣いや表現、言うタイミングには気をつけること。


        政策に関しては、ヘンに先読みをしないこと。


        部下や目下をあてにしないこと。


        自身の身辺に注意。健康面では過信をしないこと。





        「大運天中殺」からは、カリスマ性が発揮されやすいことが表れています。


        このことが、今回大統領となった要因の一つでもあると捉えます。


        カリスマ性が強まるほどに、韓国大統領という姿が本人の枠を大きく超えることになり


        結果として、自分自身のコントロールがむつかしくなるおそれが出てきます。


        また、言っていることがコロコロと変わり、政策に一貫性がなくなるということも・・・

         

         

        天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを




        「天中殺」「大運天中殺」で大統領に就任したことについて


        大統領でいる限りは「天中殺」「大運天中殺」の作用を受け続けることになります。


        如何に欲を出さず、淡々と職務を遂行していかれるかが求められる運気です。


        「大運天中殺」の運気であることと、カリスマ性を持つ星が重なることで

        このカリスマ性にも異常性が加わります。


        カリスマ性を発揮するほど、自分の運勢としては下がることが表れています。

         

         

        算命学・結婚における重要な事柄

        生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

         



        電話鑑定  https://coconala.com/pservices/503254

        宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

         NPO 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

        NPO 動物愛護を考える茨城県 CAPIN http://www.capinew.jp/

        ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei





        個人鑑定はこちら

           

           

          ★安倍晋三夫妻 現在天中殺(加筆修正アリ)

           

          安倍晋三氏 1954年9月24日生  昭恵夫人 1962年6月10日生

          追記2020年8月11日:「月運天中殺」は8月と9月

          「天中殺」とは

          誰しも12年間のうち、必ず2年間回ってきます。


          「天中殺」では、自分に差す「気」の流れが通常でなくなります。


          このため状況としては、想像を遥かに超える・状況が思いも寄らない展開を見せる

          隠れていたことが露呈するといったことなどが起こります。



          更に、それらのことが大きく広がりを見せることや

          問題の根が深くなることなどから

          或る意味、侮れない運気です。



          安倍首相夫妻は、2016年と2017年が「天中殺」です。

          (申酉天中殺:2016年2月節分から2018年2月節分まで)


          夫婦共に同じ「天中殺」であることは、運勢の波動がお互いに連動してきます。


          例えば、夫が運勢的に上がると、妻もそれにつられて上がるのですが

          夫が下がると、妻も下がるという具合です。
          (この反対もあてはまる)


          特に、夫婦間で同じ「天中殺」であることは

          お互いがお互いの助けにはならないと考えます。



          一度下がり始めた運勢というのは、途中で止めることがむつかしいです。


          更に「天中殺」という、或る意味コントロールが効かない運気であることも

          運勢の下降を強めることに加担します。


          今の立場を維持出来ているからといって、運勢が保たれているとは捉えません。






          今回の安倍首相の「天中殺」からは


          「仕事の星」や「名誉にあたる星」が「天中殺」となっています。

          (申酉天中殺:2016年2月節分から2018年2月節分まで)

           


          仕事や名誉に関することでこれまでに問題があったとすると

          そのことが更にクローズアップされるのが今回の「天中殺」の特徴でもあります。


          特に今年の「天中殺」は「名誉にあたる星」が回っていますから

          名誉に対する理解や自身の振る舞いに問題があると

          途端にそのことが表沙汰になります。


          更には、過去においても仕事への取り組み方や名誉に関する問題があると

          「天中殺」の作用が現れる→問題が表沙汰となります。



          森友・加計問題などに対し、どう対処するかが大きなポイントになる運気ですが

          これまでの状況から考えますと、どうやらスルーしたまま行くと思われます。



          ※ コメント欄から占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


          天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを 


          算命学・結婚における重要な事柄

           

          生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄


          個人鑑定はこちら




            元今村雅弘復興大臣辞任 大運天中殺で現職に就く

            現職に就いた時の運気は「大運天中殺」
             
            (51歳から始まって20年間・現在69歳) 

             

            「大運天中殺」の運気でその職位に就いたことは、自分の実力ではないと見ます。

             

            このことを履き違えると「大運天中殺」の作用を強く受けることになります。

             

            今村氏の「大運天中殺」の運気からは「伝達本能の星」が回っています。

             

            「伝達本能の星」とは


            相手や周囲に自分の気持ちを伝える・発信するなどといった意味合いを持つ星です。

             

            この星が「大運天中殺」の作用を受けることで


            伝達が不自然な状態となる→正しく発揮されないといったことが起こってきます。

             

            こういったことが「伝達本能の星」が「大運天中殺」となる宿命の者


            すべてに現れることではありません。

             

            特にこれまでの生き方において「伝達」することをしっかりと行ってきていない場合


            「伝達本能の星」が「大運天中殺」とセットで回る運気や


            「伝達本能の星」が「天中殺」とセットで回る運気になると


            「伝達」に関することで


            問題を引き起こすといったことになると考えるのです。



            更に、目下や部下といった意味合いも持つ星であることから


            目下や部下への至らなさや


            目下や部下に関することの問題の先送りが根底にあると捉えます。 






            度々「大運天中殺」の人物を取り上げていますが

            「大運天中殺」や「天中殺」での昇格・昇進・抜擢などは

            謹んで受けること・当たり前に思わないことです。

             

            ※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。



            天中殺鑑定 

            大運天中殺鑑定


            NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

            NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

             

            鑑定の御案内

            ロバミミ電話占い

            宿命鑑定 ベイス  

            個人鑑定・お問い合わせ