河井夫妻容疑者「名誉を示す星」が

 

河井克行 1963年3月11日生まれ 案里 1973年9月23日生まれ


河井克行容疑者 名誉の星が無い

 

宿命からは「名誉を示す星」が表れていません。

 

「名誉を示す星」が表れない者でも、国会議員や大臣になれます。

 

しかしながら、実際に国会議員となった場合

自分の立場を芯から理解出来ないといったことが起こると占います。

 

こういった場合、次の事態を招くことになります。

・正しい名誉の使い方が出来ない(名誉を履き違える)

・名誉に対する執着が強くなる

 

宿命から表れない星を活かす生き方は、それだけ大変なことであり

より多くの苦労を強いられると算命学では考えます。

 

 

 

案里容疑者 名誉中殺

宿命からは、二つの「名誉を示す星」が表れています。

 

一つは「名誉を示す星」が「宿命中殺」の作用を受けており

もう一つは「宿命中殺」の作用を受けていません。

 

こういった場合、名誉が有って無いような状況を生み出します。

(宿命中殺の作用は、物事に異常性を持たせることになる)

 

このような宿命を持つ本人の感覚は、「自分は名誉を得るに値する人間」

と思いがちになるですが、同時に勘違いをすることも。

 

「宿命中殺」の作用(異常性が働くこと)により、異常なまでの勘違いをします。

 

特に、二つの「名誉を示す星」が表れていながら、片方が中殺されていて

もう片方が中殺されていない星であることが、様々意味において複雑にさせるのです。

 

本人としては、生き方に迷いが生じます。

 

果たして、優先して活かすべきは中殺されている星?中殺されていない星?

 

 

「名誉を示す星」が宿命中殺の作用を受けることで、次のことが当てはまります。

・大きな名誉や名声を得ることが出来るか、もしくは全く得られないかのどちらか両極端になる

・名誉に固執した場合、足元を掬われることに

 

 

 

二人共に名誉を示す星が「忌神」

忌神とは、守護神の反対の意味を持ちます。

 

占術的な説明

河井克行容疑者の自分を示す星は、水性(陰)=小さな水

「名誉を示す星」は、土性=土や泥

 

名誉が大きくなると、自分である小さな水に泥が混じることになるため

小さな水としての役割は果たせなくなります。

 

このことは運勢のダメージとして捉えます。

 

 

全体的な運気の流れからは、52歳から始まって20年間は土性が回っています。

 

土性=「名誉を示す星」です。

(2020年6月現在 57歳)

 

「名誉を示す星」は回っていても、忌神であり、宿命にとって有り難くないことから

運勢のダメージを受ける可能性が高いと占います。

 

更に、今まで名誉に対する行為や捉え方に問題があると、途端にクローズアップされます。

 

 

☆補足☆

全体的な運気の流れとは、10年間ごとに変わる運気です。

今の全体的な運気に、どういった星が回っているのかを知ることで

どういう出来事が起こりやすいのかを占います。

 

 

 

案里容疑者の全体的な運気から

25歳から始まって20年間は、「大運天中殺」といって不安定な運気。

 

広島県議当選と結婚は、「大運天中殺」の運気。

 

「大運天中殺」では、「子どもを示す星」が回っています。

 

実際に子どもがいないことで、子ども運が犠牲になると捉え

その分だけ「大運天中殺」での禍が軽減されると占います。

 

「大運天中殺」で政治家の道に入ったことから、どれだけ私欲をコントロール出来るか。

 

「自分は〇〇させてもらっている」というスタンスが求められます。

 

「大運天中殺」が明けてからも、そういったスタンスでいること。

 

理由は、「大運天中殺」で政治家になったからです。

 

長きにわたって続いた「大運天中殺」が明けたのが、45歳になる誕生日2018年9月

今年と来年 2020年と2021年は「天中殺」(子丑天中殺 2020年6月現在46歳)

 

「大運天中殺」が明けて最初の「天中殺」が回ったこの時期に問題が浮上したことは

「大運天中殺」の身の処し方に問題があったと捉えます。

 

「大運天中殺」が過ぎたからといって、それで良しということではなく

過去→現在が繋がっているように、運勢も過去→現在と繋がっています。

 

 

余談:『天中殺が過ぎれば良くなりますか?』という質問を多く受けますが

「はい、大丈夫です」と言い切れないのは、運勢の繋がりがあるからです。

 

「天中殺」で起こった問題は、根が深く更に長引く可能性が高いです。

 

根が深いことからは、まだまだ露呈していない事が多いのではないでしょうか。

 

特に、案里容疑者と同じ「子丑天中殺」である関係者は

枕を高くして眠れないのでは…

 

 

今回の「天中殺」からは、「知恵の星」が回っています。

 

知恵が異常性を出す→平気でとんでもないことを考える、と占います。

 

しかし、こういった心持ちでいることを今の「天中殺」は求めていません。

 

「天中殺」での禍を軽減させる一つとして

【受け身で過ごすこと】

答えない・認めないことは、受け身ではないと捉えます。

 

 

 

二人共に「宿命中殺」が存在する宿命

二人に共通している「宿命中殺」があります。

(宿命中殺には、いくつかの種類があります)

 

このことが意味するのは、互いに価値観が近くなることです。

 

特に、河井克行は二つの「宿命中殺」存在します。

 

当然ながら、「宿命中殺」が多いほど消化するべきことも多くなってきます。

 

 

余談:「宿命中殺」鑑定を受けられた方々は、概ね二つのパターンに分かれます。

1・腑に落ちる人。これまでの自分の人生に妙に納得する人。

2・「どうして自分が?」という思いになり、多くの質問を寄せてくる人。

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

 

宿命中殺が存在するかどうかを鑑定

 

結婚における重要な事項

ココナラ占いサイト

 

 

個人鑑定はこちら

森まさこ氏 宿命中殺あり 初当選は大運天中殺 (安倍氏 森氏 稲田氏の関係性)


森まさこ氏 1964年8月22日生まれ


「宿命中殺」が存在する宿命

両親・目上・子ども等との縁が薄いことが表れています。

(個々の宿命中殺によって、縁の薄い人物が異なる)



ウィキペディアからは


父親が全財産を失った際に弁護士に救われたことがあり


これがきっかけで自身も弁護士を志望したとのこと。



父親と縁が薄い宿命を持つことで、父親の運勢と引き換えに


自分の運勢が救われるところがあると捉えます。


(算命学では身内の者同士の運勢の繋がりや作用を重要視する)





「宿命中殺」が「名誉を示す星」に表れている


「名誉を示す星」が表れており、「宿命中殺」の作用を受けています。


これを「名誉中殺」といいます。


自分の持つ立場や権力が中殺されることで


名誉に対する理解がキチンとなされないといったことが起こり得ます。




更に、中殺されるということは、異常性を発揮することでもあります。


「名誉中殺」を持つ宿命の者は、自分が実際に名誉ある立場に就いた時


しっかりとその立場や名誉を理解していないと


後になってから取り返しのつかない状況に、自分を追い込むことに…



このことを示唆しているのが、初当選の運気からも伺えます。





「大運天中殺」で初当選


2020年3月現在55歳

「大運天中殺」→26歳から始まって20年間

(大運天中殺とは不安定な運気)


初当選は2007年 44歳になる年で「大運天中殺」


まず、「大運天中殺」で選挙に当選したことは


「大運天中殺」の持つミラクルパワーを受けたためと捉え


自分の実力以上の力が発揮されたことで当選が叶ったと見ます。



「大運天中殺」で議員となったことについては


議員でいる限り「大運天中殺」の作用を受け続けると見ます。




「大運天中殺」でも「名誉中殺」



当選した「大運天中殺 後半」→36歳から始まって10年間の運気では


「名誉を示す星」が回っているため「名誉中殺」となります。


このため、名誉に対する正しい理解が出来ない


名誉に対する執着やこだわりが強まるといったおそれが出てきます。




余談【占法 選ばれやすい人】


森まさこ氏と稲田朋美氏の宿命からは、次の共通点が見られます。

・「調舒星」が人体図から表れていること

・「習得本能の星」が人体図から表れていること

・「宿命中殺」が存在すること


これらのことは選ぶ人の好みが反映されていると捉えます。

更に、二人は「自分を示す星」=主星が正反対の星です。

このことが意味するのは、安倍氏としては

「稲田氏で失敗したから
次の女性大臣は稲田氏とは全く違うタイプを」

そういった意図があったのではないかと占います。


選んだ本人 安倍氏の宿命からも

「調舒星」と「習得本能の星」「宿命中殺」が表れています。

このような観点から探っていくのも、算命学の面白さでもあります。


更に…

安倍氏の宿命から見た「目下を示す星」と

稲田氏の宿命から見た「自分を示す星」は同じ星となっています。

このことが意味するのは

安倍氏にとって稲田氏は、手元に置きたいカワイイ部下であり

気になる存在と捉えます。

 


★ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


鑑定の御案内

龍メイnote

結婚における重要な事項

ココナラ占いサイト

NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 


個人鑑定はこちら

 

安倍晋三氏 文在寅氏 同一天中殺

安倍晋三氏  1954年9月21日生

文在寅氏 1953年1月24日生


二人は同じ「申酉天中殺」 これを「同一天中殺」といいます。


「天中殺」が同じになることで、運勢のリズムが近くなるために

お互いに気が合うととても親密な関係になりやすいのですが

関係に溝が生じると、途端に関係が悪化してくるという特徴があります。

8月と9月は二人共に「天中殺の月」でもあることから

二国間の問題は相当に根が深くなり、複雑化すること


問題解決の兆しもいつ見えてくるか見通しが立たないのが、今の運気から言えることです。



特に、文在寅氏は「天中殺」の運気で大統領に就任したこと

更に「大運天中殺」に入った年でもあったこと

現在も「大運天中殺」であること



当時の「天中殺」から表れていることは

★ この国の行く末を考えての判断をしようとしても、判断を誤ることになる。



今の「大運天中殺」から表れていることは

★ 自分の果たすべき役割に対して勘違した行動をする。

「天中殺」「大運天中殺」の作用を受けるほどに、★のような姿となります。



自分だけでなく、相手の今の運気の状態を鑑みることも重要です。

男女の相性でも「同一天中殺」は

ケンカすると仲直り出来るまで手間暇かかって、何かと大変です。

 



運を下げない生き方とは

運は上げることよりも、下げないことの方が大切


算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄



ベイス宿命鑑定  https://ryumeisanmei.thebase.in

ココナラ宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

電話鑑定  https://coconala.com/pservices/503254

NPO 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO 動物愛護を考える茨城県 CAPIN http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei





個人鑑定はこちら

小泉進次郎氏 滝川クリステルさん 結婚運を鑑定

小泉進次郎氏 1981年4月14日生

滝川クリステルさん 1977年10月1日生


結婚運がよろしくない宿命

お二人共に結婚運はよろしくありません。

結婚生活における苦労を、二人が協力して乗り越えていかなければならないことを意味します。

結婚に苦労は当たり前ですが

結婚運がよろしくない宿命は、その苦労が人一倍多くなります。

二人共に結婚運がよろしくないことは

苦労は二倍三倍、それ以上になると捉えます。


結婚相手の宿命から表れていることは、自分にとっても大きな意味を持つのです。


結婚運がよろしくない宿命は

結婚生活における苦労は避けない方がいいこと。

仮に避けた場合、自分の運勢にとって望ましくないと考えます。



デキ婚のむつかしさ

子どもは結婚してから授かることで、夫婦間・家庭内の持つ「気」がスムーズに流れると考えることから

デキ婚は「気」の流れを停滞させます。

物事には順序があり、順序を踏まえることが「気」の流れをスムーズにしていくことになる・・・


デキ婚も結婚運を下げる要素になります。



入籍日から

入籍日である8月7日 丙子日  この日運は小泉氏の「天中殺」です。

丙という干支は、小泉氏から見て「妻を示す星に準じる星」(この場合、妻を示す星と捉えてOK)

このため「妻中殺」となることから、妻とは縁が薄くなると見ます。


こちらも結婚運を下げる要素になります。


結婚運がよろしくない宿命は、結婚以外のことでも結婚運がよろしくないことを消化することが可能です。

そういったことがこれまでに未消化であったために

・結婚運がよろしくない相手を選ぶことになる

・デキ婚となる

・入籍日が「天中殺」となる

といったように、「算命学」から見て今後の不安材料となる状況が重なってくるのです。



滝川クリステルさんの全体的な運気の流れからは

43歳の誕生日から始まって10年間続く運気からは、最大の変化時期であることが表れています。

(2019年8月現在42歳)

この変化時期は、これまでの人生を一変させるくらいの出来事が起こる可能性が高いと見ます。

結婚そのものが大きく変化することも考えられるところです。

こちらも考えようによっては、先述した今後の不安材料となることも大いにあり得ます。

鑑定をしていると不思議なモノで、マイナスポイントが一つ現れると

それにつられるように次から次へと現れます。


小泉進次郎氏は現在「大運天中殺」です。

「大運天中殺」は24歳から44歳の誕生日まで。現在38歳

初当選は28歳になる年で「大運天中殺」

結婚・入籍・第一子誕生となるのも「大運天中殺」

これら全てが見逃せないところです。


結婚運・入籍日・夫婦の相性・今の両親の運気の状態などが

生まれてくる子どもの宿命に現れることがあります。


個人鑑定の方はこちら



結婚運鑑定 https://coconala.com/services/913122

ココナラ電話占い https://coconala.com/pservices/503254

宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

「大運天中殺」が回るかどうかを鑑定します https://coconala.com/services/729026

「天中殺」鑑定 https://coconala.com/services/700897

相性鑑定  https://coconala.com/services/500796

ベイス  https://ryumeisanmei.thebase.in

NPO法人 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN(キャピン) http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei

 

N国 立花氏と丸山穂高氏 ふたりの縁を引き寄せたモノは


立花孝志氏 1967年8月15日生  丸山穂高氏 1984年1月10日生


ふたり共に「天将星」の宿命であること


「天将星」とは、字の通り将軍・トップ・リーダーを意味する星です。


星の持つエネルギーとしては、最大のエネルギーを有する星です。


「天将星」が存在することで

全ての事を自分の思うように進めたいという思いが非常に強くなります。


同じ組織に「天将星」が二人存在することでは

組織としてまとまりずらいところが出てきます。


両者共に「自分が偉い」という認識が強いからです。



今後、丸山氏としては負けじと、主導権を握ろうとするのではないかと予想します。


丸山氏は「天将星」に加えて、星が大きく展開している姿となっています。


こういった宿命の場合、より自分が大きく成りたいという意識が強くなるからです。


ただ、実際に大物になっていなくても

置かれた環境や立場によっては、自分は大物だという勘違いをすることも出てきます。





ふたり共に議員就任は「天中殺」「大運天中殺」の運気


「算命学」では、仕事に就いた時の運気を重要視します。


「天中殺」「大運天中殺」とは、不安定な運気です。


「天中殺」「大運天中殺」で議員になれたことは、自分の実力ではないと見ます。


こういった意識を持っているかどうかが、その後に大きく影響してきます。


既に丸山氏の場合は、問題となって現れましたが・・・




立花氏はカリスマ性を発揮出来る運気でもある


43歳から63歳になるまでは「大運天中殺」という不安定な運気です。(現在51歳)


更に、強いカリスマ性を発揮することが可能な運気とも重なります。


このことが自分自身の勘違いをより一層大きくさせることになります。





ふたりの縁を引き寄せたモノは


立花氏の宿命から見た場合に、丸山氏を手繰り寄せる力が働いたことが表れています。


更に、ふたりの縁を引き寄せた要因は

・共に「天将星」を有すること

・立花氏は「大運天中殺」で、丸山氏は「天中殺」で議員に就任したこと。


類は友を呼ぶ。


「算命学」では、星が星を呼ぶ。


「大運天中殺」で当たった者が、「天中殺」で当たった者を呼ぶのです。





丸山氏が立花氏の「大運天中殺」の陰になることも


立花氏の「大運天中殺」は、子ども・目下・部下中殺です。


このことは、目下の運勢を犠牲にすることで、自分の運勢が救われることを意味します。


「大運天中殺」で自分の運勢を保つためには、陰となるモノが必要だからです。


このことを丸山氏から見ると

立花氏のいつ壊れてもおかしくない傘の下に入ったことになります。

 


立花氏の議員当選が「大運天中殺」であることと、「天将星」を持つことが


より相手に与える運勢的ダメージを大きくさせる要因ともなり得ます。


そういう傘に入っていくことも

丸山氏本人の運勢の弱さ・宿命の未消化が引き寄せているモノなのですが…


身近な人の運勢が陰(犠牲)となってくれていることで、自分の壊れているはずの傘で濡れず済むことがあります。

この反対も然りです


※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote

鑑定の御案内

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート 

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN 

ツイッター 


個人鑑定はこちら

丸山穂高氏 星が陰転


丸山穂高氏 1984年1月10日生


前回の追記


体調不良により、衆議院議員運営員会の聴取を欠席するとのこと。


これは宿命から表れている「天将星」から考えると、完全に逃げに入ったと見ます。


「天将星」の持つ本来の質が発揮されると

非常に我慢強く、現実面の苦労には相当に耐えられる星です。

(天将星とは、最大のエネルギーを有する星であり、リーダーやトップと成れるような器を持つ星です。)



しかしながら、星が陰転することで(星が消化されないことで)

我慢が出来ないどころか、保身のためだけにもともと備わっている強いエネルギーを使う

といったことをします。


おそらく、そうカンタンには表に出てこないと思われます。


今、月の運気で「天中殺」であることからは

受け身でいること・認めるところは認めることが、自分の運勢にとって望ましいです。


運勢を下げることはカンタンです。

しかしながら、一旦下がった運勢を上げるのは容易なことではありません。



★自分の宿命の見方 算命学 宿命 で検索するとヒットします。



運を下げない生き方とは

運は上げることよりも、下げないことの方が大切


算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄



ベイス宿命鑑定  https://ryumeisanmei.thebase.in

ココナラ宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

電話鑑定  https://coconala.com/pservices/503254

NPO 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO 動物愛護を考える茨城県 CAPIN http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei





個人鑑定はこちら 宿命鑑定5000円~

 

丸山穂高氏 名誉を示す星なし 天将星あり 天中殺で議員に


丸山穂高氏 1984年1月10日生


宿命からは「名誉を示す星」が存在しない


このことがよろしくないのではありません。


「名誉を示す星」が存在しない場合、実際に名誉や地位を得ると

自分の立場を理解出来ていない行動を取ることがあります。


宿命にない星を活かしていくことは、大変なことなのです。


「名誉を示す星」が存在しない宿命の者は

地位や名誉に対する理解を、自身でより深めることが必要となります。




「天将星」の宿命であること

「天将星」とは、字の通り将軍・トップ・リーダーを意味する星です。


星の持つエネルギーとしては、最大のエネルギーを有する星です。


「天将星」が存在することで、自分の思うように事を進めたい思いが強くなります。


今回の騒動で、丸山穂高氏は「私が辞めるわけにはいかない」とのこと。


その意思の強さや、執着心の強さという点からは

「天将星」の宿命から鑑みると、よく解かります。


「天将星」は、事態が大事になりやすい特徴があります。


「天将星」を持つことと、次に述べた「天中殺」の運気との絡みが

丸山穂高氏が起こした事態をより大きくさせているとも捉えます。




現職に就いたのは「天中殺」の運気

「算命学」では、仕事に就いた時の運気を重要視します。


「天中殺」とは、不安定な運気です。


「天中殺」で就いた仕事であることから

その仕事をさせてもらっているという謙虚な姿勢が求められます。


自分の実力でその仕事に就いたなどと調子に乗っていると、途端に足元を掬われます。




先月と今月は月運でも「天中殺」の運気

1年間のうち2か月間は、誰しも「天中殺」の月が回ってきます。


丸山穂高氏は、4月と5月が「天中殺」の月です。


今回の「天中殺」の月運からは、「仕事を示す星」が回っています。


「仕事を示す星」とは、「名誉を示す星」でもあります。


これは非常に分かりやすい例で

今の仕事に就いたのが「天中殺」であり、今回の騒動も「天中殺」の月であることは


「すんなり辞めた方がいい」と、運気の状態が示唆していると見ます。


辞めると言っても、辞め方が大事です。


現実を受け入れ、流れに逆らわない方が良い辞め方となります。


絶対辞めない・諦めないと言い、周りを固められしぶしぶ辞めることは

自分で自分の運勢を汚すことになると捉えます。


「天中殺」の運気で自分から手を挙げて始めるというのは

無欲でいないと、いづれ無理が生じてきます。


だからこそ「天中殺」は、むつかしいのです。


「天中殺」の運気が絡んでいることと「天将星」を持つことからは

本人が調子に乗ってしまうと、手が付けられない状態となります。





運を下げない生き方とは

運は上げることよりも、下げないことの方が大切


算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄



ベイス宿命鑑定  https://ryumeisanmei.thebase.in

ココナラ宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

「大運天中殺」が回るかどうかを鑑定します https://coconala.com/services/729026

電話鑑定  https://coconala.com/pservices/503254

NPO 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO 動物愛護を考える茨城県 CAPIN http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei





個人鑑定はこちら 宿命鑑定5000円~




 

 

文在寅氏



文在寅氏 1953年1月24日生まれ


現在の運気は「天中殺」


申酉天中殺:2016年2月節分から2018年2月節分まで


「天中殺」とは、誰しも12年間のうち2年間回る不安定な運気です。


運気としては、メンテナンス中のような状態です。


このため本人の手腕・努力に関係なく

実力を発揮することは相当むつかしいと思われます。


「天中殺」の運気でその職位や地位に就くことは

本人の実力ではないと見るため


そういった意味ではミラクル的な力が働いたと考えます。



更に、全体的な運気の流れからは、今後このことをより強めることが表れています。


それは64歳から始まって20年間続く運気が「大運天中殺」となっていることです。

(2017年1月24日で64歳)


「大運天中殺」も、運気としてはメンテナンス中です。


「大運天中殺」での就任は、前大統領朴槿恵氏と同じです。


このことだけを見ても韓国という国そのものが

如何に軌道修正がむつかしくなってきているか、ということです。

 

 

算命学・あなたの宿命からの姿を鑑定します 持って生まれた宿命を活かすことが、運勢をしっかりさせます。





今回の「天中殺」の詳細について


文在寅氏にとって、伝達・未来・子供・目下・自身の健康を示す星が回っており

その星が「天中殺」の状態となっています。


「天中殺」の作用を受けることで

伝達・未来・子供・目下・カラダ・健康といったことに異常性が出やすくなると見ます。


このことから、特に伝達については、自分の意思をしっかりと伝えること。


言葉遣いや表現、言うタイミングには気をつけること。


政策に関しては、ヘンに先読みをしないこと。


部下や目下をあてにしないこと。


自身の身辺に注意。健康面では過信をしないこと。





「大運天中殺」からは、カリスマ性が発揮されやすいことが表れています。


このことが、今回大統領となった要因の一つでもあると捉えます。


カリスマ性が強まるほどに、韓国大統領という姿が本人の枠を大きく超えることになり


結果として、自分自身のコントロールがむつかしくなるおそれが出てきます。


また、言っていることがコロコロと変わり、政策に一貫性がなくなるということも・・・

 

 

天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを




「天中殺」「大運天中殺」で大統領に就任したことについて


大統領でいる限りは「天中殺」「大運天中殺」の作用を受け続けることになります。


如何に欲を出さず、淡々と職務を遂行していかれるかが求められる運気です。


「大運天中殺」の運気であることと、カリスマ性を持つ星が重なることで

このカリスマ性にも異常性が加わります。


カリスマ性を発揮するほど、自分の運勢としては下がることが表れています。

 

 

算命学・結婚における重要な事柄

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄

 



電話鑑定  https://coconala.com/pservices/503254

宿命鑑定  https://coconala.com/services/500829

 NPO 犬と猫のためのライフボート http://www.lifeboatjapan.org/

NPO 動物愛護を考える茨城県 CAPIN http://www.capinew.jp/

ツイッター https://twitter.com/ryuu_mei





個人鑑定はこちら

 

 

安倍晋三夫妻 現在「天中殺」

 

安倍晋三氏 1954年9月24日生  昭恵夫人 1962年6月10日生

「天中殺」とは

誰しも12年間のうち、必ず2年間回ってきます。


「天中殺」では、自分に差す「気」の流れが通常でなくなります。


このため状況としては、想像を遥かに超える・状況が思いも寄らない展開を見せる

隠れていたことが露呈するといったことなどが起こります。



更に、それらのことが大きく広がりを見せることや

問題の根が深くなることなどから

或る意味、侮れない運気です。



安倍首相夫妻は、2016年と2017年が「天中殺」です。

(申酉天中殺:2016年2月節分から2018年2月節分まで)


夫婦共に同じ「天中殺」であることは、運勢の波動がお互いに連動してきます。


例えば、夫が運勢的に上がると、妻もそれにつられて上がるのですが

夫が下がると、妻も下がるという具合です。
(この反対もあてはまります。)


特に、夫婦間で同じ「天中殺」であることは

お互いがお互いの助けにはならないと考えます。



一度下がり始めた運勢というのは、途中で止めることがむつかしいです。


更に「天中殺」という、或る意味コントロールが効かない運気の作用が働くことも

運勢の下降を強めることに加担します。


今の立場を維持出来ているからといって、運勢が保たれているとは捉えません。


 







今回の安倍首相の「天中殺」からは


「仕事の星」や「名誉にあたる星」が「天中殺」となっています。


仕事や名誉に関することでこれまでに問題があったとすると

そのことが更にクローズアップされるのが今回の「天中殺」の特徴でもあります。


特に今年の「天中殺」は「名誉にあたる星」が回っていますから

名誉に対する理解や自身の振る舞いに問題があると、そのことが表沙汰になるのです。


更には、過去においても仕事への取り組み方や名誉に関する問題があると

途端に「天中殺」の作用が現れる→問題が表沙汰となります。



森友・加計問題などに対して、どう対処するかが大きなポイントになる運気ですが

これまでの状況から考えますと、どうやらスルーしたまま行くと思われます。



※ コメント欄から占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを 


算命学・結婚における重要な事柄

 

生年月日や宿命が分からなくても自分で判断出来る事柄


個人鑑定はこちら