優木まおみさん「出産後は心の闇が一番深かった」

 

優木まおみさん 1980年3月20日生まれ「申酉天中殺」

 

算命学では

子どもを生み育てる結婚と

子どもを持たない結婚とを

完全にセパレートして考えます。

 

 

優木さんの宿命からは

子どもを持たない結婚が、宿命からの姿と占います。

 

 

今回のテーマを取り上げたのは

優木まおみさんの

「出産後は、心の闇が一番深かった」

という記事が目に留まったから。

 

 

結論から言うと

自分の宿命からの姿と、掛け離れた生き方や選択は

心に負担をかけることがあります。

 

 

子どもを持たない結婚が、宿命からの姿であっても

本人は子どもを望み、子育てをします。

 

 

「出産後は、心の闇が一番深かった」

こういった思いが

母親として子どもと向き合っていく中で

自然と消化されていくのか。

それとも、自身の根底に残り続けて…

 

 

 

性格的には

良くも悪くも、自分なりのペースが強い人。

子育てでも、融通の効かないところが現れるのでは?

 

様々な意味で、子育てにかなり苦労すると占います。

更に、結婚生活を続けていくことにも…

 

 

 

子どもがいない結婚が合う宿命。

でも、結婚して子どもが生まれる。

宿命からの姿と、実際の姿との違いが生じる。

 

算命学では、どう捉えるのか?

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

 

子どもと縁がある宿命か・縁がない宿命かを鑑定します

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

 

今から暑さ対策
陰性体質から陽性体質へ
20年間続けています

私はその時の体調によって、酸っぱさの感じ方が違います。。。

 

 

 

 

スーパーマーケットで泣き叫ぶ子ども

 

今日、スーパーで泣いている子がいました。

2歳くらいの女の子。

 

 

カートに乗るのがイヤなのか

ずっと泣いたままその場から動かない様子。

 

母親が戻って話しかけても、聞き入れることなく

周囲、響き渡るくらいに泣いていました。

 

 

 

~算命学の予想~

子ども自身が「星の持つエネルギー」が強い場合

いつまでも泣き止まない可能性大と占います。

 

 

特に、「天将星」を持つ子どもは

声が枯れるまで泣き続けることも…

 

そう、既に子どもの頃から

大量のエネルギーを使っているのです。

 

 

次に、母親が「星の持つエネルギー」が弱い場合

大変でしょうね。。。

母親は、子育てに非常に苦労すると占います。

 

 

子ども自身の持つ「星のエネルギー」の強弱に関係なく

過保護は

よろしくないと算命学では考えます。

 

 

過保護に育てることは

子ども自身が抱えるかもしれない問題の先送りであり

更には…

 

 

 

過去の鑑定でも

親の過保護が原因と思われる依頼があります。

 

この場合

ほぼ、取り返しがつかないと思ってもらった方が…

 

 

いくら子どもが泣いていても

ダメなモノはダメと、言い聞かせる。

子育ては、戦いでもあります。

戦いに有利なのは、気力・体力がある年代。

 

 

スーパーやショッピングモールで、泣き叫ぶ子どもがいたら

「親は、いつまで子どもを泣かせているの?」ではなく

【戦っている親】を、温かい目で見守ってほしいと思います。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

 

夫婦間の年齢差・親子間の年齢差で起こりやすいこととは

 

豊かな土に新しいタネ・枯れた土に古いタネ

 

算命学は

人間を自然界にたとえます。

 

豊かな土に新しいタネで育った作物と

枯れた土に古いタネで育った作物。

 

 

タイトルの

土は母親・タネは男性を示しています。

 

豊かな土壌とは、栄養がある土。

ここからどういったことを想像しますか?

どういう母体が想像できますか?

母親自身の年齢的には、どうでしょうか?

 

若いタネと、古いタネ。

どちらがより作物(子ども)の成長にとって、望ましいでしょうか?

 

 

算命学は

私たちが普段、目にしているモノをそのままに捉えます。

 

 

これから親になろうとしている人へのメッセージです。

今回のテーマは、親が子どもにしてあげられる最初のこと。

この内容からタイムリミットを感じる人、そうでない人…

 

 

多様化が叫ばれる時代ですが

算命学は、普遍的な考え方を持っています。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

夫婦間の年齢差・親子間の年齢差で起こりやすいこととは

 

 

私のウイルス対策

そのままの服用が難しい人は市販のカプセルに入れて

 

 

守備本能の発揮は 既に子どもの頃から

 

街中を歩いている時に、私のすぐ目の前を

4歳くらいの女の子が、補助付きの自転車に乗って

長い坂道を下り始めていました。

母親は少し先を歩いていて、その間隔は徐々に開き

10mくらいになっていました。

 

女の子は、下り坂に慣れていないせいか、ほどなく自転車を降りてしまい

片手はハンドルを持ち、もう片手はカゴを押さえていて

かなり慎重な感じに見えました。

何となく気になって「大丈夫?手伝おうか?」と、声を掛けましたが

「自分でやるからいい」と、即答されました。

 

そのハッキリとした口調を耳にして

『この子は、守備本能を発揮しているな』

『もしかしたら、守備本能が強い子なのかな?』

と思いつつ、その場を後にしました。

 

人は、生まれながらに五つの本能を備えていると算命学では考えます。

その中の一つが「守備本能」で、自分のことは自分で守る・行うという本能で、誰しもこの本能を持っています。

 

自分を守ることは、何かが起きたそのことに対する防御です。

ですから、守られている環境にいれば当然、守る必要もなくなります。

安心安全が望ましいのは、当たり前のことですが

宿命から「守備本能」が表れている者で、特に

・「守備本能」が中心星となっている

・「守備本能」が重要な星となっている者が

常に、ほぼ守られている状況であることは、宿命の消化の妨げとなります。

 

自転車を慣れない格好で押していた女の子の姿は、十分に守備本能を発揮している姿です。

子どもは自我が芽生える頃になると、何でも自分でしたがるようになります。

この気持ちを親が摘み取り過ぎないこと。

その子どもの宿命によっては、大いに自分でさせた方が良い場合があります。

 

但し、付け加えたいことがあります。

それは私が子どもを生んだ時に、亡くなった祖母からの

「子どものヤケドは、親の責任だよ」という言葉です。

子どもに自分でさせることと、それを親がキチンと見ていないことは違うと思います。

 

個々の宿命に関係なく、子どもの頃に「守備本能」の発揮が足りないと

大人になってからも、他力本願な人になると占います。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

note 子どもの習い事について

note 夫が主夫・女が年上について

note お子さんがいる場合の離婚・再婚について

 

鑑定の御案内

宿命鑑定 ベイス

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

ブログが、あなたにとって何かのきっかけとなればと綴っています。

保護猫活動にも使わせて頂きます。ご支援をお願いいたします。

OFUSE

 

個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

     

    過保護な父と母・厳しすぎる父と母 それぞれが子どもに与える影響とは

     

    ~有料記事のお知らせ~

    1・過保護に育てられることが、子どもにとってどういう影響を与えるのか。

    2・厳しすぎる両親に育てられることが、子どもにとってどういう影響を与えるのか。

    1と2 それぞれが子ども自身がどういう状態となるのかを、或るモノに喩えて記述。

    更に、1の父と母である場合、どういう親であると捉えるのか。

     

    算命学は、知ることに重きを置く占い鑑定です。

    算命学の持つ普遍的な考え方に興味がある方、通学での習得がむつかしい方に提供したいと思っています。

     

    『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

     

    過保護な父と母・厳しすぎる父と母 それぞれが子どもに与える影響とは