女命から表れる子どもの育ち

 

子どもの生育面に

問題の出る可能性が高い命式があります。

 

 

非常にザックリした言い方になりますが

「子どもを示す星」が

或る星の作用からのダメージを受けている場合。

 

宿命からの姿は、変えることが出来ませんが

或る星の作用を弱めることは可能、とされるケースもあります。

ただ、この選択はかなり大きな決断を強いられるかと存じます。

 

 

今回、当てはまる命式は

「宿命中殺」ではありません。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

ブログにすべてのことを記述しません。

これは、算命学の或る考え方からきており

私自身の〇〇を守るためでもあります。

 

今回の命式の解説は

今月のメンバーシップに掲載中。

女命から表れている子どもの生育面に関する見方(昨日の例題から)

 

お隣さんのお孫さんは「天将星」

 

昨夏、お隣さんご夫婦のお嬢さんに

男の子が生まれました。

 

割と、話好きな感じの奥さんなので

表でお孫ちゃんを抱っこしていた時に

生年月日を尋ねました。(去年の話ですが)

 

 

2023年8月4日生まれ 男の子

娘さんご夫婦にとって、初めての子ども。

同時に、お隣さんにとっても初孫。

 

「天将星」のお子さん。

 

娘さんは、しょっちゅう実家に帰っており

実家は、とても居心地が良さそうです。

 

生まれてすぐの頃から

赤ちゃんの泣き声は、ほとんど聞こえてきません。

 

おじいちゃん・おばあちゃん

母親と母親の妹さん

多くの大人の手が掛かっていることが伺えます。

 

 

占術な話になりますが

男の子の十二親干法からは

母親の両親は、表れてきません。

 

 

つまり、お隣さんご夫婦(おじいちゃん・おばあちゃん)は、表れてこないけれど

男の子は、おじいちゃんとおばあちゃんとの接点が多い中で、過ごしている。

これって、どういうことなのでしょうか?

どういう捉え方をするのでしょうか?

ー場合によっては、このことが【本人の〇〇に影響を及ぼすおそれあり】

と占います。

 

 

ワンオペ・イクメンなどという言葉が聞かれる昨今ですが

算命学的には、「う~ん」といったところがあります。

 

 

母親としては、自分の親に

子育てを手伝ってもらえて有難いかもしれませんが

子ども自身の宿命からの姿から見て、どうなのか?

 

十二親干法の解説は、メンバーシップに掲載中。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

子育てに失敗・今の時代背景から

 

結論から言うと

子どもへの過保護。

 

今の時代に増えてきているのは

・きょうだいが少ない

・一人っ子

・親が年齢をいってからの子ども

・不妊治療の後に生まれた

これらから何をイメージしますか?

 

 

例えば

親が若い頃の子どもと

親が歳をいってからの子どもの違いは

若くない親は、体力的により厳しいところが多々出てくるため

子どもの言うことを、ほぼほぼ聞き入れてしまう(その方が親はラク)

 

祖父母も、年齢がいってからの孫であるため

可愛がり方が異常になるおそれアリ。(孫が欲しかったなら尚更)

親自身の体力がもたないから、祖父母にも手伝ってもらうことで

より過保護に育てられることに。

 

 

不妊治療の後に生まれたことで

親となる嬉しさは、ひとしお。

更には、もし親が高齢であった場合

子育てはどうなりやすいのか。

超 過保護になったら?

 

 

話は逸れますが

以前、もし出産となれば高齢出産となる女性を鑑定。

私が「体力的に厳しくなるのでは?」と問うと

その女性は、躊躇なく

「アウトソーシングに任せます」

中には、普通にそういう感覚を持つ人もいるのです。

 

育てられた子どもにしてみたなら

正に、〇親としか言えないと…

 

 

SNSで発信されている

いい感じに見えるところだけを

そのまま受け取らないでほしい。

そういう思いもあって、ここに綴っています。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

今回のテーマとは反対に

【厳しい環境で育てられた子ども】

こちらについても後日掲載予定。

子どもの持つ宿命は 母親の成功を望んでいない

 

今日のNHK朝の連続テレビ小説 ブギウギを観て。

 

主人公 福来スズ子が

仕事でアメリカへと旅立つ時のシーン。

(スズ子は歌手としての力を高めるため、3ヶ月アメリカへ行く)

 

娘の愛子が、必死になって母親に行かないでと訴える。

そこにお手伝いさんの大野さんが

娘の手を離さないスズ子に向かって

「もう、キリがないから」と、愛子の手を放すよう促す。

 

愛子ちゃんくらいの年齢では

母親から離れて生活することは、たとえ3か月であっても

大人には想像出来ない寂しさがあると思います。

 

 

ここで子ども自身が持つ宿命の例を挙げます。

1・母親と縁が深い宿命

2・自分=母親と感じる宿命

3・全体的な運気から、子どもの頃に強烈な印象を持ったことが、大人になってからトラウマとなる宿命

このうちのどれが当てはまるか(1つなのか全てなのか)は

その子どもの宿命によるところです。

 

例えば、2について。

自分が子どもの頃

母親は仕事で忙しくて、構ってもらえないことが多かった。

このような場合、自分が母親になった時

母親になりきれないと占います。

もっと言うと、それ以前に

自分が母親になりたい、という思いすら持たないことも。

 

 

宿命からの姿は、母親の星が表れているが

本人の実際の生き方

本人が求める姿とは、乖離している。

これって、どういうことだと思いますか?

 

今回のテーマ、別の言い方をすれば

子どもにとって、母親の成功は

子ども自身の宿命の消化の妨げになる。

 

 

また、今回のテーマは

以前から取り上げたいと思っていました。

それは、或るブログがきっかけで

その内容は、妻である自分が大成功を目指しているといったモノ。

実際に多くの読者をひきつけていて

いかに今の世の女性たちが

社会的成功や、社会で大活躍することに憧れを求めているのかと思うと

薄ら怖い感じを覚えたからです。

(ブログなのでここまでにします)

 

 

算命学を基礎から学ぶと

今回のテーマの元となっている考え方が解ると思います。

 

今回のテーマの後押しをしてくれたイラストの記事はこちら

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

今回のブログ解説(占術的な見方)は

noteメンバーシップ に掲載中

 

子どもに振り回される親

 

散歩をしていて

小学生低学年に見える男の子と、すれ違いました。

男の子は自転車に乗って

かなりのスピードで畑の周りを走っていました。

その近くには、母親と思われる女性がおり

一緒に自転車で走っていて

男の子の後を追っている感じに見えました。

 

すると、男の子は自転車を降りて

畑の周りを走り出しました。

母親は、座り込んで男の子を眺めていました。

 

こういう場面を眺めると

算命学のスイッチが入ることがあります。

 

 

もしも、男の子は「星の持つ」エネルギーが強くて

母親は「星の持つ」エネルギーが弱い、となると

「あの母親は、大変だなぁ」と。

 

 

このパターンの子育ては

母親が、子どもが小さい頃から

しっかりコントロール出来ていないと

後々、物凄く苦労すると占います。

 

 

子ども自身、「星の持つエネルギー」が強いのであれば

子どもが幼い頃から

見合う形でエネルギーを発散させることです。

 

そうでないと

親自身が、子どものエネルギー発散に

どこまでも付き合わなくてはなりません。

 

ー体力には、相当自信があるから大丈夫?

親の方が先に年を取りますよ。

 

 

今回、猛烈に走る男の子の話でしたが

カラダを動かすこと以外で

強いエネルギーを燃焼させる子どももいます。

 

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

身体に備わった機能を使わないこととは

 

女性には、子どもを産み育てる機能があります。

 

 

特に、【子どもを多く産み育てることを良しとする宿命】の者がいます。

言い換えると、多くの子どもを産み育てることによって

自分の運勢がしっかりしてきます。

 

 

こういった宿命を持つ者が

子どもがいない・子どもの数が少ない場合

宿命からの姿と異なる→運勢が下降すると占います。

 

 

豊かな土に新しいタネ・枯れた土に古いタネ

占術編「SEXの相性の見方」

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

子どもとの関わりが苦手な宿命

 

今回は、子どもと縁が無い宿命として記述します。

 

子どもと縁が無い宿命とは

1・「宿命中殺」を持ち、子どもの星に作用している場合

 

2・仕事に就いた時の運気が、子どもとの縁を薄くしている場合

 

3・結婚・入籍した時の運気が、子どもの星に作用している場合

 

4・「宿命中殺」でなくても、宿命から表れている「子どもの星」が切れてしまっている場合

 

これらの宿命を持つことで、子どもとの縁が無くなる。

・子どもとの関わりが苦手

・自分の子どもに対する距離感や違和感

これ以外にありますが、そういった思いになりやすいと占います。

 

 

こういう宿命の者が子育てにおいて、最も望ましくないことは

自分の子どもへの思い入れの強さ。

 

鑑定では、実際に受け留めきれない感の御依頼者が目立ちます。

 

ままならない相手だからこそ

そのことへの執着が

より、思い入れを強くさせているのでしょうか・・・

マイナススパイラルの「深み」を感じます。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

子どもと縁が薄い宿命について

 

 

LiSAさん「天中殺」で母親になる「天将星」の子育て・カリスマ発揮の運気は明けて

 

LiSAさん  1987年6月24日生まれ「寅卯天中殺」

 

「天中殺」で生まれた子どもは

自分とは、縁が無い子どもです。

 

縁が無い子どもとして

生涯、接していくことが求められると占います。

 

自分と縁が無い子どもであっても

これは本人の宿命から見たことであって

子ども自身の宿命から見たことは、別です。

 

去年と今年が「天中殺」で

特に、今年の「天中殺」からは

「母親を示す星」が回っていることからは

自身が母親となった時に、母親になりきれないと占います。

このような星回りの「天中殺」で

実際に、母親になることはどういうことなのか?

どういうスタンスが求められるのか?

 

過去の「天中殺」からは

2010年 庚寅年 LiSAとしてメジャーデビューを果たす。

今回の出産からは、「天中殺」のクセが付いているかもしれませんね。

 

 

以前のブログでも取り上げましたが

LiSAさんは「天将星」が存在します。

「天将星」を持つことで、性格的にかなり強くなること

子育てにおいては、強いエネルギーを注ぐと占います。

注がれた子どもは、どうなるでしょうか?

(子ども自身の宿命にもよるところがありますが…)

 

 

こちらも以前のブログで

当時33歳の時、全体的な運気の流れからは

「カリスマ性を発揮出来る運気」でした。

この運気は、2022年6月の誕生日で明けています。

 

カリスマ性を発揮出来る運気に、実際にカリスマ性を発揮した場合

自身としては、アフターフォローが大変です。

この大変さの後押しをしているのが、〇〇星の存在でもあります。

 

カリスマという

本来の自分ではないレベルに達していたことに、本人が気付くか

更には、今の通常モードになっている自分自身とどう向き合うか。

 

自分に差している運気を知ることで、客観的な捉え方が出来ます。

これは相手に関することも同じ。

 

 

LiSAさんの「宿命中殺」については

noteマガジン「宿命中殺に生まれ、宿命中殺を生きる」

こちらに掲載しています。

 

中川翔子さん「天中殺」で結婚となった要因のひとつに…

メンバーシップ掲載記事は、当月のみ。後日マガジンにて販売。

(価格は、メンバー様を優遇)

 

あなたの知りたいことの価値は?

 

LiSAさん 「宿命中殺」「 天将星」 今はカリスマ性を発揮出来る運気

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

「新しい家族の形」と 子どもについて

 

「新しい家族の形」

という言葉を見て、書こうと思いました。

 

子どもには

親の持つ「気」が流れていきます。

 

父親は男性。

算命学では、そう考えます。

 

仮に、ですが

「自分は男ではない」という認識を持つ

父親からの「気」が、子どもに流れたとして

その子どもが大人になっていく。

このことを算命学では、或る捉え方をします。

 

 

多様性を受け入れて生きている人には

算命学の考え方は

今の時代にミスマッチで

ナンセンスと思われるかもしれません。

 

 

物事には、表と裏があり

陰陽のバランスと言いますが

多様性が、表とするならば

この裏側に存在するモノについて

もっと光を当てるべきと思い、取り上げました。

 

 

いつか、何年先か知れませんが

今回のテーマに関するデータが

世の中に上がることを望んでいますが

一度、うごめき出した風潮は

黙々と、その流れを強めていくのでしょう。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

占術編【子どもの持つ「気」が不安定になる親の相性】の見方

 

夫婦間の年齢差・親子間の年齢差で起こりやすいこと

 

ココナラ電話占い

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

 

鑑定の御案内

吉岡聖恵さん 子どもが生まれた時の運気を占う

 

吉岡聖恵さん 1984年2月29日生まれ「午未天中殺」

 

~吉岡聖恵さんの宿命から 子どもが生まれた時の運気を鑑定~

宿命から表れる全体的な運気があり

この運気は、10年間ごとに回ってきます。

これを「大運」といいます。

 

 

吉岡さんの今の「大運」からは

子育てにおける苦労

それは、普通一般的な苦労を超える

『相当な苦労』が強いられると占います。

(現在の大運は、29歳から始まって10年間続く・2022年10月現在38歳)

 

 

この苦労とは

これまで自身が持っていた、子育てに対するイメージや

子どもに対する感覚などが

根底から覆されたような思いになる。

 

 

子育てについて宿命からは

これまでに、自分の見聞きしてきたことが活かせる

そういった思いで子育てに望む人

といったことが表れています。

 

しかし、実際にそういった子育てに対するイメージは

この運気では、全く通用しなくなると占います。

 

 

この運気で起こることは

子どもが生まれたことで

自分の人生観が大きく変わる。

 

ここでの人生観の変化とは

吉岡さんの現状から見た時

「この子のために、もっと仕事を頑張ろう」

といったような、前向きな感じではなく

「私自身、今までの生き方でよかったのだろうか?」と

これまでの人生を考えさせられるような感覚になる

と占います。

 

 

子どもと向き合いながら、前に進むというより

むしろ、立ち止まることの方が多くなると占います。

これが、先に記述した『相当な苦労』です。

 

 

この運気に子どもが生まれたということは

親子関係が続いている間は

上記のことが、ずっと当てはまります。

 

 

 

これから結婚する人

子育ての年代に向けて発信しています。

知ることで、避けられる苦労があります。

 

 

この運気に子どもが生まれた人(親)は

子育てにおいて、求められるスタンスがあります。

上記した子育てへの苦労については

ブログなので、これでもマイルドな表記にしています。

 

 

~おまけ~

吉岡聖恵さんは、結婚も上記の「大運」でした。

結婚における苦労も

より多くなると占います。

 

39歳、年齢的に算命学としては

超高齢出産と見ます。

 

お子さん自身の生年月日が分からなくても

占える事柄があります。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い 算命学』 龍メイ

 

※占術に関する質問は、御依頼として承ります。

 

 

 

算命学相性占い鑑定・プレミアム版となります お二人の相性鑑定 結婚相性を占います