吉岡聖恵さんから見た 子どもが生まれた時の運気

 

吉岡聖恵さん 1984年2月29日生まれ「午未天中殺」

 

~吉岡聖恵さんの宿命から 子どもが生まれた時の運気を鑑定~

宿命から表れる全体的な運気があり

この運気は、10年間ごとに回ってきます。

これを「大運」といいます。

 

 

吉岡さんの今の「大運」からは

子育てにおける苦労

それは、普通一般的な苦労を超える

『相当な苦労』が強いられると占います。

(現在の大運は、29歳から始まって10年間続く・2022年10月現在38歳)

 

 

この苦労とは

これまで自身が持っていた

子育てに対するイメージや

子どもに対する感覚などが

根底から覆されたような思いになる。

 

 

子育てについては

これまで自分の見聞きしてきたことが活かせる

そういった思いで子育てに望む人

といったことが表れています。

 

しかし、実際にそういった子育てに対するイメージは

この運気では、全く通用しなくなると占います。

 

 

この運気で起こることは

子どもが生まれたことで

自分の人生観が大きく変わる。

 

ここでの人生観の変化とは、吉岡さんの現状から見た時

「この子のために、もっと仕事を頑張ろう」

といったような、前向きな感じではなく

「私自身、今までの生き方でよかったのだろうか?」と

これまでの人生を考えさせられるような感覚になる

と占います。

 

 

子どもと向き合いながら、前に進むというより

むしろ、立ち止まることの方が多くなると占います。

これが、先に記述した『相当な苦労』です。

 

 

この運気に子どもが生まれたということは

親子関係が続いている間は

上記のことが、ずっと当てはまります。

 

 

算命学は、予防占です。

29歳になる前の出産であれば

今回のテーマは、当てはまりません。

 

 

これから結婚する人

子育ての年代に向けて発信しています。

知ることで、避けられることがあります。

 

 

この運気に子どもが生まれた人(親)は

子育てにおいて、求められるスタンスがあります。

上記した子育てへの苦労については

ブログなので、これでもマイルドな表記にしています。

 

 

~おまけ~

結婚も上記の「大運」でした。

結婚における苦労も

より多くなると占います。

 

39歳、年齢的に算命学としては

超高齢出産と見ます。

 

お子さん自身の生年月日が分からなくても

占えることがあります。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※占術に関する質問は、御依頼として承ります。

 

 

今回のテーマに当てはまる「大運」の見方を教示します。

気になる方は、下記のフォーマットからどうぞ。

 

お問い合わせ・鑑定依頼はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

     

    算命学相性占い鑑定・プレミアム版となります お二人の相性鑑定 結婚相性を占います

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です