運勢がブレている人の特徴

 

運勢がブレているほど

意識を向けない方がいいことばかりに

意識を向ける。

 

これが余分な苦労を背負うことになる。

運勢のマイナススパイラル。

 

 

運勢が大きくブレてしまったら

自分の力だけでは修正出来ません。

他者の力が必要になると占います。

 

 

 

運勢アップ・開運・運気上昇

といった言葉を見聞きすると

「そんな簡単に上がらないのに…」

とつぶやいたりしています。。。

 

そのことを実行して運勢が上がったら

みんなが成功者です。

 

 

 

運勢がブレている人というのは

・客観的に見れない

・依存心が強い

・自分が求めすぎていることに気づかない

(他にもあります)

 

 

特に、ほぼ人生が決まりかけている年代は

客観的に見れないと、より修正がむつかしいと占います。

 

理由は、後から回ってくる運気の残りが少ない。

つまり、「守護神」といって有難い星や

変えることに適している運気が回ってくるまで

自分の人生が待ってくれるかどうか…

 

 

 

長く生きているほど

自分が生きてきた人生を否定したくない思いが

強くなるかもしれません。

 

 

或る程度、先が見えている人生だから

自分の好きなようにしたい

といった思いが強くなるのかもしれません。

 

 

話しが逸れました。

運勢は、ブレたとしても

「自覚症状」が出ないことがあります。

この方が或る意味、怖いです。。。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。