優木まおみさん「出産後は心の闇が一番深かった」

 

優木まおみさん 1980年3月20日生まれ「申酉天中殺」

 

算命学では

子どもを生み育てる結婚と

子どもを持たない結婚とを

完全にセパレートして考えます。

 

 

優木さんの宿命からは

子どもを持たない結婚が、宿命からの姿と占います。

 

 

今回のテーマを取り上げたのは

優木まおみさんの

「出産後は、心の闇が一番深かった」

という記事が目に留まったから。

 

 

結論から言うと

自分の宿命からの姿と、掛け離れた生き方や選択は

心に負担をかけることがあります。

 

 

子どもを持たない結婚が、宿命からの姿であっても

本人は子どもを望み、子育てをします。

 

 

「出産後は、心の闇が一番深かった」

こういった思いが

母親として子どもと向き合っていく中で

自然と消化されていくのか。

それとも、自身の根底に残り続けて…

 

 

 

性格的には

良くも悪くも、自分なりのペースが強い人。

子育てでも、融通の効かないところが現れるのでは?

 

様々な意味で、子育てにかなり苦労すると占います。

更に、結婚生活を続けていくことにも…

 

 

 

子どもがいない結婚が合う宿命。

でも、結婚して子どもが生まれる。

宿命からの姿と、実際の姿との違いが生じる。

 

算命学では、どう捉えるのか?

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

 

子どもと縁がある宿命か・縁がない宿命かを鑑定します

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

 

今から暑さ対策
陰性体質から陽性体質へ
20年間続けています

私はその時の体調によって、酸っぱさの感じ方が違います。。。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。