占術編「過去型の宿命」「未来型の宿命」「どちらでもない宿命」の見方

 

宿命は

「過去型の宿命」「未来型の宿命」「どちらでもない宿命」

このいづれかに分類されます。

 

 

「過去型の宿命」とは

・様々な意味において、過去との縁が深い

・自分を導くモノは、自分自身の過去から得られることが多い

(他にもありますが、こちらも記述しています)

 

 

 

「未来型の宿命」とは

・様々な意味において、未来との縁が深い

・自分を導くモノは、未来から得られることが多い

(他にもありますが、こちらも記述しています)

 

 

 

「どちらでもない宿命」とは

・上記した二つに当てはまらない宿命
こちらの活かし方を記述しています。

 

算命学の基本的な見方が分かる方に勧めます。

(見方の詳細な説明あり)

例題として、命式を5つ挙げています。

 

「算命学」を独学で習得している方、特に他者を鑑定している方は、しっかりと学習されることがよろしいかと思います。

 

【重要】他者の鑑定においては、正しい知識を踏まえた上での鑑定か否かが
ご自身の運勢に作用を及ぼすと、算命学では考えるからです。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

占術編「過去型の宿命」「未来型の宿命」「どちらでもない宿命」の見方

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。