「守護神」が回っているのに壊れる なぜ?

 

「守護神」とは、自分の宿命にとって有り難いモノ。

『守護神が回っていたのに、車が壊れた。』

 

 

「守護神」と聞くと

それだけで何かいいことありそうな気がする人は

エッ?と思われるかもしれません。

 

 

「守護神」が回っている時に、車が壊れるのは

『車に乗ることに注意した方がいい』

というお知らせサインでもあるから。

 

 

・その車のコンディション自体がNG。

・最初からローンの支払いに無理がある。

・車の運転を卒業した方がいい。など…

 

 

「守護神」については

車以外にも、色々と当てはめることが可能。

 

 

自分に起こる出来事を、客観的に見れるのが算命学です。

 

別の言い方をすると

「自分の思いあるのみ」という人には

向かない占い鑑定です。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

 

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

 


個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。