子どもが「守護神」となっている宿命

 

子どもが「守護神」となっている宿命の者がいます。

しかし、実際に子どもがいない者もいます。

 

このような場合、「守護神」の持つ作用は受けられないのですが

「守護神」の代わりとなる行い

生き方があります。

(あくまでも代わりであること)

 

 

 

自分に差す「気」というのは、不思議なもので

子どもが「守護神」の場合

その年に「守護神」の星が回ることで

子どもに対する思いがとても強くなる、といったことが…

これは、むしろ自然なことです。

 

 

「守護神」を活かせるか、否かは

自分の宿命が、どれくらい息をしているか。

 

 

子どもを持つには、まずは結婚。

更には、リミットがある。

 

 

子どもが「守護神」である宿命の者は

或る意味で、大変な宿命です。

 

 

子どもが「守護神」である宿命の者が

子どもへの思いや

子どもに代わるモノへの思い

そういった思いが薄いとか、無いに等しい場合

大袈裟な言い方ですが

宿命は、息をしていないかもしれません…

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

 

note有料記事にて掲載中

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

鑑定の御案内

大運天中殺鑑定

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

 

 


個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。