大迫傑さん 初旬大運天中殺 宿命中殺アリ

 

大迫傑さん 1991年5月23日生まれ「午未天中殺」

 

「大運天中殺」が子どもの頃に回っている宿命

「大運天中殺」とは、不安定かつ読めない運気を意味します。

「大運天中殺」が、子どもの頃から回っていました。

読めない部分が大きい運気だからこそ、伸びしろも大きくなる。

中学生から既に頭角を現していたことと、無関係でないと占います。

 

「初旬」が「大運天中殺」だった

全体的な運気の流れを「大運」といいます。

ひとつの「大運」は、10年間続きます。

一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といって

「初旬」が「大運天中殺」である宿命です。

 

「初旬」とは、誰しも人生の中で最も影響を受ける大運です。

「初旬」は、子どもの頃に回ってくることから

「初旬」においては、人生の基礎や土台が形成されます。

 

大迫さんは、「初旬」と次の大運も「大運天中殺」であり

この運気の時に、陸上競技を始めて結果を出していることが

更に、退けなくなる可能性を高くすると占います。

 

初旬が「大運天中殺」を持つ宿命(ごく一部・敬称略)

横澤夏子・紗栄子・あいみょん・岡村隆史・堀ちえみ・ヒカキン・浅野忠信・澁野日向子・宮里藍・高見沢俊彦・高良健吾・前田敦子・神木隆之介・渡辺謙・瑛太・仲邑菫

 

「大運天中殺」では、健康運が回っていました。

健康面において、読めないところが出てくると占います。

その一つとして、体力的に無理がきいてしまうことです。

ここは非常に重要です。

 

更に、「大運天中殺」では「子どもの星」も回っていました。

このことが意味するのは、子どもと縁が薄くなること。

実際に、二人のお子さんがいます。

このことが本人の運勢にとって、どういうことを意味するのか。

 

特に、「初旬」に「大運天中殺」が回る宿命の者は

人生全般において、求められる生き方や心の持ち方があります。

 

 

「宿命中殺」が存在

大迫さんの「宿命中殺」は、スポーツ選手である場合に

高い身体能力を発揮する可能性を持つと占います。

ただ、選手として見た場合

指導者やコーチ泣かせだったのでは?と占います。

しかし、実際にその方が本人の運勢には有難いのですが…

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

保護犬・猫の活動をされている方のリンクをシェアします。

サイトはこちら

 

龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

鑑定の御案内

大運天中殺鑑定

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。