子丑天中殺が明ける直前に

 

「子丑天中殺」は、2022年2月3日まで。

 

月ごとの「天中殺」は、1月と12月ですから

2021年12月と2022年1月が「天中殺月」。

年ごとの「天中殺」と重なります。

 

特に、「子丑天中殺」の場合

「天中殺」が明ける時と、月ごとの「天中殺」とが重なる。

ここが非常にポイントで

これまで2年間続いてきた「天中殺」の答えが、最も出やすいと占います。

もっと細かくいうと

2022年1月は、23日と24日が「天中殺日」でした。

例えば、23日・24日に大きな問題が起こった場合

看過しない方がいいことと、運勢がダメージを受けていると占います。

 

ここ2,3日 天中殺が明けた後に

こちらの記事が多く読まれています。

「子丑天中殺」の方からのアクセスでしょうか。

2月4日から始まる「寅卯天中殺」の方も含まれている?

 

「天中殺」だったことがダメなのではなく

「天中殺」に、そぐわない生き方をしていたことが問題。

 

知ることが強味になる。

あらかじめ回避できることがある。

算命学は予防する占いです。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

保護犬・猫の活動をされている方のリンクをシェアします。

サイトはこちら

 

自分の大運天中殺が 相手の大運天中殺を呼ぶ

龍メイnote 運勢を下げない生き方とは

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

 

個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。