子どもにとってのクリスマス☆再投稿

 

子どもの頃に、子どもらしく過ごせたがどうか。

このことがとても重要であると「算命学」では考えます。

 

クリスマスの思い出も、その一つ。

子どもは夢見るモノであり

サンタクロースを待って、いい子にしています。

 

プレゼントを開ける瞬間や

みんなでケーキやチキンを食べたり…

そういった楽しい記憶の残ることが、子どもの成長にはとても大切。

 

もしも、子どもらしく過せなかった場合

・家の事情で親の手伝いが多かった。

・子役として小さい頃から芸能活動をしていた等。

 

これらのことは、大人になってからリバウンドのおそれがあります。

子どもの頃に出来なかったことを、大人になってから取り戻す。

大人になってからも、子どもが欲しがるようなモノに強い執着心を見せるなど。

 

子どもの頃の基礎部分がしっかり構築されていないと

どこか、大人になりきれない大人のままに。

更に、自分自身が親に成り切れないといったことも…

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です