親の運勢・子どもの運勢

 

親の運勢と子どもの運勢とが、激しくぶつかり合う。

こういった親子関係が存在します。

 

或る種類の「宿命中殺」を持つ者です。

親子であっても、互いの運勢の矢印が同じ向きとは限らない。

このことを受け留められるか否かで、結末は大きく変わります。

 

子どもの運勢が、親の運勢の支えになる。

このことが意味するのは

親の運勢を保つためには

どうしても子どもの運勢が必要だった、ということ。

 

私の祖母は、この「宿命中殺」を持っていました。

祖母の長男、私にとっては叔父ですが

52歳で自宅で、朝目覚めることなく突然死。

当時は、「どうして?」という思いしかありませんでしたが

好きだったおじちゃんの死から12年が過ぎた後

算命学を習得していく中で、その理由を知りました。

 

祖母は、生前に生死をさまようほどの大病をしながらも、87歳で他界。

子どもの運勢をもらうとは、そういうことです。

それは、もらうというよりも

奪うといった方が、算命学の考え方としては近いです。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

鑑定の御案内

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE

 

個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

     

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。