小池都知事と木下都議

 

小池都知事が復帰早々、木下都議を切り捨てたとの報道もありますが

小池さんの宿命からは、このことがとても分かりやすく表れていると思います。

 

小池さんの「自分を示す星」と「相手を示す星」は、正反対の星。

正反対の星とは、互いが最も遠い位置関係にいる星であることから

小池さんとしては、木下さんを自分とは正反対の位置に追いやった

報道の通り、完全に切り捨てたと見ます。

 

もっと言うと、木下さんを自分の視界に入らないところまで追放した。

政界には、少しの接点も持てない場所まで追放。

自分と「正反対の星」を持つ宿命の者とは、そういうやり方をする人です。

このことを否定しているのではありません。

 

人事でも、そういったことはありませんか?

単なる左遷ではなく、「地の果てまで行ってこい」といったような。

 

宿命に「正反対の星」が表れていなくても、誰しも後から回ってくる運気で

「正反対の星」が回ります。

(いつ回るかは、宿命によって異なりますが)

 

「正反対の星」を持つ宿命の者は

ともすると、「そこまでやるか」という行動に出ることも…

但し、このことが良い結果を導く可能性も持っています。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』龍メイ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です