松田聖子さん 来年から天中殺 若さの秘訣は宿命中殺に

 

松田聖子さん 1962年3月10日生まれ「寅卯天中殺」

 

二つの「宿命中殺」が存在します。

両親との縁が薄いことを意味する「宿命中殺」→親中殺。

子どもと縁が薄いことを意味する「宿命中殺」→子ども中殺。

更に、「宿命中殺」の作用は、夫との縁も薄くなることが表れています。

(この他にも縁が薄い人物がいます)

 

神田沙也加さんは、芸能界で特に際立つ存在ではないと思うのですが

このことと聖子さんの持つ「宿命中殺」は、無関係ではないと捉えます。

 

 

「初旬」が「大運天中殺」であること

全体的な運気の流れを「大運」といいます。

ひとつの「大運」は、10年間続きます。

一番最初に回ってくる「大運」を「初旬」といい

「初旬」が「大運天中殺」である宿命です。

この「初旬」においては「夫を示す星」と「名誉やプライドを示す星」が回っています。

(「初旬」に関する説明は、前田亘輝さんの★から★までを参照ください)

初旬が「大運天中殺」を持つ宿命(ごく一部・敬称略)

横澤夏子・紗栄子・あいみょん・岡村隆史・堀ちえみ・ヒカキン・浅野忠信・澁野日向子・宮里藍・高見沢俊彦・高良健吾・前田敦子・神木隆之介・渡辺謙・瑛太・仲邑菫

 

聖子さんの宿命は、夫や名誉にこだわらない生き方が求められます。

この『こだわらない生き方』が、重要かつ大変むつかしいところです。

(こだわらない生き方の詳細は鑑定にて…)

 

~余談~

実際の鑑定で、夫に対してこだわらない方がいいことを伝えた際に

理解しようとする人、不満気な言葉を発する人に分かれます。

この違いは、生き方の違いとなり、ひいては運勢の違いにもなります。

 

 

来年と再来年の運気について

来年は、上記の「初旬」に「大運天中殺」で回っていた星が再び回ってきます。

「夫を示す星」と「名誉やプライドを示す星」です。

更に、来年と再来年は「天中殺」でもあることから

とても気になる「天中殺」です。

「寅卯天中殺」→2022年2月節分から2年間

 

 

若さの秘密と「宿命中殺」について

美への意識は、相当なモノと占います。

芸能人だから当たり前、と思う方もいるかもしれませんが

こだわりや執着を越えるレベル、と言った方が適しているかと…

(美への意識が強すぎる余り、繰り返し整形をした有名人を思い出します)

 

自身が老いていくことと、世間からの注目が薄れることに、物凄い抵抗を感じる人と占います。

私は、この抵抗を案じています。

抵抗の先にあるモノとは・・・

こちらの占術を希望の方は、個人鑑定にて教示します。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

ブログですべてのことを記述しないのは

算命学は独学での理解には難しい面があると思うことと

算命学の持つ「或る考え方」があるためです。

 

note 結婚における重要事項→相手を見極める際に

算命学が考える子どもがいないことを良しとする相性

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です