陣内貴美子さん 子どもの星が示すモノとは

 

陣内貴美子さん 1964年3月12日生まれ「子丑天中殺」

 

「人生の目的を示す星」が

「子どもの星」となっています。

 

こういった宿命を持つ者は

子どもがいることが望ましいです。

理由は、実際に子どもがいることで

運勢がしっかりしてくると占うからです。

 

 

37歳で結婚。

39歳から不妊治療を始めたとのこと。

治療中も仕事は継続。

治療と仕事の両立に悩む日々を送っていた、とありました。

 

 

算命学としての見解では

39歳からの不妊治療は遅すぎます。

 

今の時代、みな女性は仕事を持っているから仕方ないのでは?と思う方は

これより先はスルーしてください。

 

 

これから妊娠出産を考えている、高齢出産でない年代の方

今は、未だ妊娠出産は考えていない20代の女性に向けて発信しています。

 

 

今、20代や30代前半の女性で、妊娠や出産のことにイメージが湧かない方でも

「人生の目的を示す星」が「子どもの星」となっている宿命を持つ者は

後になってからとか、結婚してから急に

【自分の子ども】という意識を強く持つといったことがあります。

 

もし、そうなった時に

30歳を過ぎてからの不妊治療は遅いです。

 

算命学は、運勢の下降を防ぐための占いです。

 

 

陣内さんのケース以外にも

・「子どもの星」が重要な守護神となっている宿命

 

・子どもを生むことで、健康運が上がる宿命

以前のブログ・小松菜奈さん 菅田将暉さんとの共通点とは

 

・「子どもの星」「子どもの星」がキチンと「子どもの場所」に表れている宿命

以前のブログ・竹内智香さん 卵子凍結 子どもへの思いと天将星

 

 

自分が見聞きしたモノで、自分の中にスッと入ってきたモノは

もしかしたら、自分にとって

何か大きな意味を持つモノかもしれません。

 

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

 

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 


龍メイnote

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

 

妊娠前のケアにも 梅エキス 


天中殺の鑑定をします 「天中殺」を知ることで運勢アップを

子どもと縁がある宿命か・縁が薄い宿命かを鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

 

個人鑑定はこちら


    ()に該当するひらがなを入力してください。(迷惑メール防止のため)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。