竹内智香さん 卵子凍結 子どもへの思いと天将星

 

竹内智香さん 1983年12月21日生まれ「申酉天中殺」

 

「人生の目的を示す星」が「子どもの星」となっています。

更に、「子どもの星」が、キチンと「子どもの場所」に表れています。

(星には、それぞれの場所→座するべき場所がある)

こういう宿命を持つ女性が、子どもを望まないことは考えにくいと占います。

もしも、子どもを望まないのであれば、宿命の未消化ととらえます。

 

 

「天将星」といって、最大のエネルギーを持つ星が存在するため

自分が、こうすると思ったことに対しても、強いエネルギーを注ぎます。

つまり、カンタンには諦めない、相当に粘るということです。

(但し、この強い思いが結果として、本人が望まない事態を招くこともある)

 

 

算命学では、30歳を過ぎたら高齢出産とみなします。

今は、医学が進んでいるから大丈夫。と思われる方もいるかもしれませんが

若い母親の持つ「気」と、若くない母親の持つ「気」は、同じではないこと。

この違いを、算命学では重要にとらえます。

(父親にも当てはまることです)

 

 

肝心なことは、卵子凍結に成功をした後のこと。

卵子が老化(劣化)することは、母体も老化(劣化)します。

若い母体と、老化した母体とでは、母体そのもののコンディションが違います。

更には、子どもがまだ成長段階で、自分が更年期を迎える場合のことも考えてもらいたいです。

 

こういう時代であっても、あれもこれも全てを手にすることは、出来ないかと…

「あの人は、仕事も子育ても出来ている」と、今は見えるかもしれませんが

子育ては、長い道のりです。

見えている部分だけで判断することは、或る意味でキケンです。

見えない影の部分を見てもらいたいと思い、投稿しました。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、鑑定依頼として承ります。

 

天中殺の運気とコロナ禍について

「天中殺」の運気でコロナに罹った場合に言えることを記載しております。

この記事を有料としたのは、算命学に対してご理解頂ける方に提供したいと思ったからです。

noteにて販売しております。

コロナウイルスと「同一天中殺」について 家族間での予防対策とは 

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

主夫・妻が年上であること

自分の運勢を下げない生き方とは

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

算命学お悩み相談

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

OFUSE

 

個人鑑定はこちら