青木さやかさん デビューは天中殺 現在天中殺 宿命中殺

 

青木さやかさん 1973年3月27日生まれ「子丑天中殺」

 

「天中殺」デビュー

デビューは「天中殺」といって、不安定な運気でした。

(お笑いに転身した年から鑑定)

 

「天中殺」で始めたことの継続は、かなり大変です。

当時の「天中殺」からは、

「パートナーを示す星」と、財=お金の星が回っていました。

今回は「パートナーを示す星」に関することを取り上げます。

 

「天中殺」で「パートナーを示す星」が回ることで

夫と縁が薄くなること→縁が薄いなりの結婚生活であれば続くこと。

離婚していることから、夫に対して色々と求めるモノが多かったのではないかと占います。

 

2007年10月22日、3歳年下のダンサーと出会ってから、半年で結婚することを発表。24日に婚姻届を提出。

2007年の年運から鑑定

「パートナーを示す星」が回っていることと、他の星の状態からは

出会ってすぐに結婚してもおかしくないと占います。

 

青木さんは、短期間で相手男性に強く惹かれ

更には、相手を好きでいる自分にも陶酔していったと占います。

キーワードは、短期間だったことと自分に陶酔したこと。

理由は、「天中殺」で「パートナーを示す星」が回っている運気に、今の仕事に就いたからです。

 

「天中殺」の作用が、「パートナーを示す星」に与えることの一つとして

【しっかり相手のことを見ないで、勢いのままに結婚を決めてしまう】

もしも、今の仕事を辞めた後に出会っていたら、最初からその男性とは結婚しなかったと占います。

(これから結婚をする方の参考になればと挙げています)

 

結婚を発表した 2007年10月22日

10月22日 己丑日で「日運天中殺」でした。

算命学では、「この日が、たまたまこういった日だった」とは考えません。

過去の「天中殺」の影を多少なりとも背負っているから

「天中殺日」である必要があったと考えます。

 

今が「天中殺」であることについて

2020年と2021年は「天中殺」です。

「天中殺」では、過去の出来事が浮上しやすいです。

(自分でもカミングアウトする→今だから言える、「私のあの時の〇〇について」など)

 

「宿命中殺」であることについて

友人との縁が薄いことが表れています。

(他にも縁が薄い人物がいます)

友人とは、縁が薄いなりの関係でいることによって

この「宿命中殺」は消化されます。

 

星同士のぶつかり合いが多い

星が互いにぶつかり合っている姿が目立ちます。

このことが意味するのは、心の葛藤です。

感情が露になって、表に出る人と占います。

更に、エネルギーの強い星が存在することから

悔しい思いを、そのまま態度に出してくる人と占います。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 占星術へ
にほんブログ村 よろしかったらクリックお願いいたします。

 

コロナウイルスと「同一天中殺」について

スタンドエフエム始めました 音声配信

note 結婚相手を選ぶ際に重要なこと

鑑定の御案内

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

 

アフェリエイトバリューコマース

 

この記事が参考になった方へ

龍メイOFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です