西川忠志さん 天中殺でブレイク?父 西川きよしさんとの関係

 

西川忠志さん 1968年4月20日生まれ「子丑天中殺」

 

NHK連ドラ おちょやんで存在を知りました。

去年と今年は「天中殺」といって、不安定な運気。

「天中殺」を喩えると、夢の中にいるような状態ですから

様々意味で、予想外の展開となる可能性が高いと占います。

 

「天中殺」に入った途端に、ドラマで注目されるとか

SNSに乗ってくる人が多いと感じます。

また、「天中殺」が過ぎると、途端に姿を見なくなる人も…

 

特に、「天中殺」に入ってから急に注目度がアップした場合

その後も、いい役を得られるかどうかは微妙と占います。

 

宿命として見た場合、俳優に向いているとは言えません。

向いていない宿命でも俳優になれますし、いい芝居も出来ます。

しかしそれは、自分の運勢を削っていくか

もしくは、身内の誰かの運勢の犠牲が必要です。

 

有り難くない星が、目立ちます。

有り難くない星ほど、消化することが求められること。

肝心なのは、どう消化していくか。

(どういうことで消化されるのかは、ブログでは控えます)

 

忠志さんは、西川きよしさんの「大運天中殺」で生まれました。

このことが意味するのは

きよしさんからすると、忠志さんは縁の薄い子どもとなるため

忠志さんに対し、縁の薄い子どもとして接していくことが求められます。

忠志さんが大人になってからも、です。

 

ココナラ出品 子どもと縁があるかどうかを鑑定

 

親が子どもと縁が薄いことを挙げますと

1・親の「大運天中殺」及び「天中殺」で生まれたこと

2・親がもともと子ども縁が薄い「宿命中殺」を持っていること

これらは、親が子どものためを思ってすることについては、留意が必要です。

 

忠志さんが、父親と同じ芸能人であることから鑑みた場合

きよしさんは、縁の薄い子どもであることを消化してきていないと思われます。

 

親としてみれば、子どものためを思って敷いてきたレール。

しかし、肝心の行き先はというと

子ども自身の宿命が目指すべき場所ではなかったとしたら…

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

ココナラ出品 子どもと縁があるかどうかを鑑定

宿命鑑定 ベイス

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です