宮崎美子さん 宿命中殺 天将星

 

宮崎美子さん 1958年12月11日生まれ「子丑天中殺」

 

「宿命中殺」が存在する宿命

「宿命中殺」とは、表れている星がもともと不自然な状態を意味します。

宮崎さんの持つ「宿命中殺」が、子どもの星に作用していることから

子どもとの薄くなると占います。

子ども運が犠牲になることで、自分の運勢が救われることに…

(他にも縁が薄い人物がいます)

 

子どもとの縁が薄い宿命だからといって

必ずしも子どもが生まれないということではありません。

ただ、子どもとの縁が薄い宿命は、子ども運が犠牲になることが宿命からの姿。

宿命に沿っていることになると捉えます。

 

生まれ育った場所から離れて生きていくべき宿命

「宿命中殺」が、「社会の場所」に表れています。

こういった宿命は、生まれた場所から離れて生きていくことで宿命が消化されます。

熊本から上京してきたことは、宮崎さんの「宿命中殺」を活かすことに。

 

「天将星」に加えてエネルギーの強い星が存在

「天将星」といって、最大のエネルギーを持つ星が存在することと

他にもエネルギーの強い星が存在します。

こういった宿命を「最身強の宿命」といいます。

 

自分が納得できなければ、全く前に進めない人となること。

頭の回転が非常に良いため、かなり強い調子で理詰めでくる人と占います。

 

普段から解らないことに対しても、相当なエネルギーを使って調べたり

理解が深まるまで、とことん学習しているのではないかと思われます。

むしろ、そういった形でエネルギーを使うことが望ましい宿命です。

 

離婚歴あり

結婚生活は1年余りだったとのこと。

このことと「天将星」があり、最身強であること。

これは、全く無関係でないとは言えません。

 

 

~寿命を示す星~

自分自身が或る状況に置かれた場合に

自分の寿命に対して、リアルに向き合うことが表れています。

このことも「天将星」が存在することも、加味して占う必要があります。

(ブログではここまでの表記とします)

こちらの占術に関する教示をご希望の方は、下記のフォーマットからお問い合わせください。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

女が天将星を持つということ 

天将星を持つ女性が妻になると


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

このブログが、あなたにとって何かのきっかけとなればと思います

有料ではありますが、感想などを寄せていただければ幸いです

OFUSE

 


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です