IMALUさん 宿命中殺 大竹しのぶさんとの関係性

 

IMALUさん 1989年9月19日生まれ「申酉天中殺」

大竹しのぶさん 1957年7月17日生まれ「午未天中殺」

 

「宿命中殺」が存在する宿命

「宿命中殺」とは、表れている星がもともと不自然な状態となること。

このため、IMALUさんから見た場合に

母親と縁が薄くなり、父親ともやや縁が薄くなります。

IMALUさんとしては、これらのことを消化していく生き方が求められます。

(他にも縁が薄い人物が存在します)

 

母親は大竹しのぶさん、父親は明石家さんまさん。

両親と縁が薄い宿命であることは

両親とは異なる世界で生きていくことが宿命からの姿。

それでも、芸能界に身を置くことは可能です。

しかし、長い目で見た場合、IMALUさんの運勢のためにはなりません。

むしろ、芸能人として生きていくことは

自分の運勢を削っていくことになると占います。

 

IMALUさんの「宿命中殺」から鑑みた場合

運勢の助けになるのは、大竹さんの持つ運勢です。

この反対も言えます。

大竹さんの運勢の助けになっているのは

IMALUさんの存在であること。

この関係性を断つ方法は

IMALUさんが芸能界とは、縁もゆかりもない生き方をすることです。

 

 

大竹しのぶさんも「宿命中殺」が存在

「宿命中殺」には、いくつかの種類があり

IMALUさんと大竹さんは、同じタイプの「宿命中殺」。

このことが意味するのは

親である大竹さんの「宿命中殺」が未消化であったために

子どものIMALUさんにスライドしていったと捉え

IMALUさんの「宿命中殺」は、より重い枷となること。

消化には、多くの苦労を伴うと占います。

このようなケースは、特に稀ではありません。

 

親子で、このタイプの「宿命中殺」を持つ場合

子どもが、親と同じ道を生きていっても良いとされる場合があります。

それには、或る条件が必要となります。

 

大竹しのぶさん 天将星を持つ宿命→女が天将星を持つということ

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。


龍メイnote 自分の運勢を下げない生き方とは

龍メイnote 算命学が考える子どもがいない結婚について

スタンドエフエム始めました #算命学を学ぶきっかけ

 

鑑定の御案内

ココナラ宿命鑑定

宿命鑑定 ベイス

天中殺鑑定

大運天中殺鑑定

 

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

このブログが何かのきっかけとなれば幸いです。 OFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です