栗原はるみさんの宿命の作用が家族をひとつにさせるが…

 

栗原はるみさん 1947年3月5日生まれ「申酉天中殺」

栗原友さん 1975年6月27日生まれ「寅卯天中殺」

 

栗原はるみさんは

家族が皆、一つにまとまっていることが宿命からの姿。

このことが意味することの一つとして

家族が同じ仕事や、似たような業種に就くことです。

亡くなった夫の玲児さんは、株式会社ゆとりの空間を主宰し、取締役となる。

代表者は、妻の栗原はるみさんと息子の心平さん。

娘の友さんは、「衣食住コンシェルジュ」と称して執筆活動をしているとのこと。

 

これらのことは、はるみさんの宿命にとっては有り難いことになります。

言うなれば、はるみさんの持つ宿命の持つ力が働いたことで

心平さんは同じ料理家に、友さんも料理に関連する仕事に就いたと占います。

つまり、はるみさんの宿命を活かす生き方に、二人の子どもが協力したと捉えます。

 

しかしながら、心平さんの宿命にとっては望ましくありません。

理由は、心平さんは親と縁が薄い宿命だからです。

はるみさんとは違う生き方が求められる宿命。

親が成功していれば、なおの事です。

(友さんも、心平さんと同じ親との縁が薄い宿命)

 

 

本人の宿命にとって有り難いことが

家族の誰かの宿命にも有り難いとは限りません。

このことが家族間でにおいて

互いの運勢の引っ張り合いを生じさせることに…

勝つのは、運勢の力が強い者です。

 

『あなたの宿命からの姿を見る占い・算命学』 龍メイ

※ 占術に関する質問は、個人鑑定依頼として承ります。

 

算命学が考える子どもがいないことを良しとする相性

スタンドエフエム始めました 音声配信

note 結婚相手を選ぶ際に重要なこと

鑑定の御案内

NPO法人 犬と猫のためのライフボート

NPO法人 動物愛護を考える茨城県民ネットワークCAPIN

ツイッター

 

この記事が参考になった方へ

龍メイOFUSE


個人鑑定はこちら

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です